フロリダ州の地元当局者は、地元の個体数を減らすために遺伝子組み換えされた7億5000万匹の蚊の放出を承認した。目的は、デング熱やジカウイルスのような病気を媒介する蚊の数を減らすことである。BBCが報じた。

2021年にフロリダ半島南端部の沖にある列島フロリダキーズでネッタイシマカを放出する計画。5月に米国環境庁は、英国に拠点を置くバイオテクノロジー企業オキシテック(Oxitec)社に、遺伝子組み換えされた雄のネッタイシマカ(OX5034として知られている)を生産する許可を与えていた。

米疾病予防管理センター(CDC)によると、ネッタイシマカは熱帯、亜熱帯、一部の温帯気候に生息している。これらの蚊は、ジカ、デング熱、チクングニヤ、その他のウイルスを媒介する。感染した人の血液中にあるウイルスを、他の人を刺すことで感染拡大を引き起こし、このサイクルを複数回繰り返して流行が始まる。ネッタイシマカは人の近くに住み、人を食べることを好むため、他のタイプの蚊よりもこれらのウイルスを広げる可能性が高い。

遺伝子組み換え蚊を生産するために最も注目されているのは、1)オスの蚊を改良して子孫を作れないようにする方法と、2)オスとメスの蚊を改良して特定の病気に抵抗したり、病気を感染させないようにする方法の2つだ。バイオテクノロジー企業Oxitecの科学者たちは、前者の方法を、何千匹もの蚊を野生に放流する実地試験でテストしてきたが、後者の方法は実験室でしかテストされていない。Oxitecの遺伝子組み換えネッタイシマカのオスの蚊には、抗生物質テトラサイクリンにさらさないと幼虫が死んでしまうという突然変異がある。遺伝子組み換えのオスは野生のメスと交尾するが、生存可能な子孫を作らない。遺伝子組み換え蚊は生存能力がないため、研究者は個体数を維持するために遺伝子組み換えオスを定期的に再導入しなければならない。

Oxitecは、ブラジル、ケイマン諸島、マレーシアの一部でこの方法をテストしてきた。食品医薬品局とフロリダ州モンロー郡蚊取り管理地区は、Oxitecの蚊の実地試験を承認しているが、この解説を書いている時点ではまだ実施されていない。Oxitecの蚊の実地試験により、ネッタイシマカの個体数は80~95%減少し、デング熱の患者数は91%も減少した(Carvalho et al 2015, Oxitec 2016)。

遺伝子組み換えのオスを放流するアプローチの利点は、事実上の「殺虫剤」を環境に導入して蚊の個体数をコントロールすることで、蚊が媒介する病気の蔓延を減らすことができるということである。オスの蚊は刺さないので、このアプローチでは遺伝子組み換え蚊に刺されても感染のリスクはない。このアプローチの潜在的な環境リスクとしては、両生類、コウモリ、鳥類、魚類、昆虫、爬虫類の重要な食料源であるネッタイシマカの地域的な個体数を大幅に減少させたり、排除したりすることで、食物網を混乱させる可能性があることだ。

Oxitecの科学者であるケビン・ゴーマン氏は8月のAP通信お取材に対し、「私たちは何年にもわたって10億匹以上の蚊を放流してきました。環境や人間へのリスクの可能性はありません」と述べた。

同社hは、環境保護庁から米国疾病対策センターに至るまでの政府機関による数多くの研究が、このプロジェクトの安全性を裏付けていると説明している。

一部の環境保護団体は反発しているという。あるグループは、この計画を公共の「ジュラシックパークの実験」と非難した。活動家たちは、生態系にダメージを与える可能性や、殺虫剤に抵抗性のある雑種の蚊が生まれる可能性を警告している。

参考文献

Carvalho DO, McKemey AR, Garziera L, Lacroix R, Donnelly CA, Alphey L, Malavasi A, Capurro ML. Suppression of a field population of Aedes aegypti in Brazil by sustained release of transgenic male mosquitoes. PLoS Neglected Tropical Diseases. 2015;9(7):e0003864. [PMC free article] [PubMed] [Google Scholar]

Oxitec. Press release, 14 July 2016: Dengue fever cases drop 91% in neighbourhood of Piracicaba, Brazil, where Oxitec’s Friendly™ Aedes were released. 2016 Available at: http://www.oxitec.com/dengue-fever-cases-drop-91-percent-neighbourhood-piracicaba-brazil-oxitecs-friendly-aedes-released/. Accessed: April 28, 2017.

Image by Muhammad Mahdi Karim (Wikimedia Commons)