6 articles

野生の算数: 動物たちの生存戦略

数を処理することが生存に大きな利益をもたらすことが判明しており、この行動特性が多くの動物個体群に存在する理由となっている。生態系環境の中で動物を調査したいくつかの研究では、数を表現することで、動物が食料源を利用したり、獲物を狩ったり、捕食を避けたり、生息地内を移動したり、社会的相互作用を持続させたりする能力が高まることが示唆されている。 [...]

Takushi Yoshida

ウイルスは種の進化と生存に重要な役割を果たす

世界が拡大するCOVID-19コロナウイルスのパンデミックの制御に奔走する中、Nature Structural & Molecular Biology誌に掲載された新しい研究によると、ウイルスは哺乳類の繁殖能力と生存能力においても進化的に重要な役割を果たしていることが明らかになった。 [...]

Takushi Yoshida

光学式レーダーが蚊の朝と夕方の「ラッシュアワー」を発見

2016年の日食の際、スウェーデンのルンド大学の研究者が率いるチームは、暗くなったタンザニアの空に赤外線レーザー光のビームを投影し、昆虫が異常な黄昏にどのように反応したかを測定した。その後、グループはさらに4泊5日の監視を続けた。ライダー(Lidar)として知られている使用されるレーザーベースのシステムは、この時間の間に30万以上の昆虫を検出した。 [...]

Takushi Yoshida

コロナウイルスが心臓にダメージを与える可能性

SARS-CoV-2ウイルスを実験室の皿で培養した人間の心臓細胞に添加すると、心臓の鼓動を維持する長い筋繊維が短く切断された。サンフランシスコに拠点を置くグラッドストーン研究所の科学者たちは、特にCovid-19病患者の剖検で心臓組織に同様の現象が見られたことから、警戒している。 [...]

Takushi Yoshida

ミツバチの毒が乳がん細胞を死滅させる、ハリー・パーキンス医学研究所と西オーストラリア大学の研究

「ミツバチの毒は、治療困難なトリプルネガティブ乳がんのがん細胞死を誘導するが、健康な細胞への影響はほとんどない」。ハリー・パーキンス医学研究所と西オーストラリア大学のシアラ・ダフィー博士は、西オーストラリア州パース西オーストラリア州、アイルランド、イギリスに生息する312匹のミツバチとマルハナバチの毒を用いて、乳がんの臨床サブタイプに対する毒の効果を検証した。 [...]

Takushi Yoshida

世界2位のスパコンが新型コロナ患者の遺伝子を解析、興味深い新理論が浮上

テネシー州オークリッジのオークリッジ国立研究所の研究チームは、スーパーコンピューターを用いた新型コロナ患者の遺伝子研究により、新型コロナウイルスがどのようにして病気を引き起こすのか、またその最悪の症状を治療するための新たな治療法の可能性を示唆する画期的な発見をした。 [...]

Takushi Yoshida
Newsletter
You've successfully subscribed to Axion デジタル経済メディア