フォレンジック・アーキテクチャ(Forensic Architecture: FA)は、ロンドン大学ゴールドスミス校を拠点とする調査機関。政治的暴力の影響を受けたコミュニティ、人権団体、国際検察官、環境保護グループ、報道機関と共同で、人権侵害の事例について、高度な空間的・メディア的調査を行っている。

主に、FAは、主流メディアで見逃されたり、政府によって意図的に無視、歪曲されたりしている犯罪を、建築ツールを縦横に駆使した「科学捜査(フォレンジック)」を通じて、独自に調査する団体だ。

FAの仕事には、オープンソースの調査(OSINT)、デジタルおよび物理的なモデル、3Dアニメーション、バーチャルリアリティ環境、地図作成プラットフォームの構築が含まれる。

ロンドン北部トッテナムで発生した警察による黒人男性射殺事件の検証。ドゥーガン一家の弁護士と協力して、銃撃事件をこれまで以上に詳細に分析し、彼の死についての公式な説明に重大な欠点があることを明らかにした。

「フォレンジック・アーキテクチャ」とは、ロンドン大学ゴールドスミス校の空間・視覚文化教授であるEyal Weizmanが開発した新興の学問分野の名称だ。それは、法的・政治的プロセスの中で、建築物や都市環境に関連した建築物の証拠を生産し、提示することを指す。

現代の紛争や人権侵害は、都市部で、家庭や民間人の居住区の間で、 ますます行われるようになってきている。都市部での戦争の性質は、紛争の当事者が民間人と戦闘員の間の境界線を意図的に曖昧にしてしまうようなものである。

同時に、そのような環境はメディアが密集したものになっている。スマートフォンの普及により、紛争下での人権侵害がこれほど徹底的に記録されたことはなかった。

しかし、このようなケースは複雑であり、何が起こったのかを理解することは困難だ。建築分析とデジタルモデリング技術は、このような複雑さを解き明かし、説得力があり、正確で、アクセスしやすい方法で情報を提示することを可能にする。

ダイナミックな新しい証拠としてのデジタル建築模型

ワイズマンが2010年にFAを設立して以来、建築事務所と人権調査のユニークなハイブリッドとしての地位を確立してきた。

最近の注目を集めたプロジェクトの一つとして、FAはアムネスティ・インターナショナルの調査員とチームを組み、ダマスカス近郊にあるシリア軍の施設で、拷問と略式処刑で悪名高いサイドナヤ刑務所の建築模型を作成した。バシャール・アル・アサド政権が管理するこの刑務所への立ち入りは不可能であったため、FAは航空衛星画像と、刑務所内の様子についての生存者の証言を利用して、内部を再構築した。

2011〜15年にかけて毎週絞首刑が執行され、推計で5000〜1万3000人が拷問の上、処刑されたとアムネスティが報告するサイドナヤ刑務所のデジタルモデリングと調査。

ペンと紙を使って証拠を集めることに慣れているアムネスティ・インターナショナルにとって、この共同研究は、証拠を提示し分析する全く新しい方法へのアクセスとなった。アムネスティ・インターナショナルのサイドナヤ調査員の一人である研究者のニコレット・ウォルドマンは、「ダイナミズムと創造性の要素は、人権活動家として私たちにとって非常に有用です」と言う。

昨年の夏、オンラインで公開された刑務所のインタラクティブな地図は、技術的には、何十時間にも及ぶ目撃者の証言と事実調査に基づいた権威ある報告書の付録であった。しかし、悪名高い刑務所の中にバーチャルに入ることを可能にしたこのモデルは、アムネスティの通常の視聴者以外にも響いたとウォルドマン氏は言う。CNN、BBC、NPRに加え、WiredやFast Companyなどのメディアでも取り上げられました。"アムネスティ・インターナショナルのレポートを読まずに、刑務所の見学ツアーをクリックするような人々にも、全く新しい層にリーチすることができました」とウォルドマン氏は言う。

「architectural image complex」(画像とデータの複合体)は事件現場から投稿・拡散された写真や動画を利用し、事件現場の状況を把握する手法だ。現代の出来事を取り巻く膨大な数の画像やその他のデータソースが生み出され、メディア化が進む私たちの現実の中で、見るという行為そのものが徐々に変容してきている。事件を理解するということは、画像間の関係性を3次元的に構成し、この構成から重要な事実を抽出することを意味する。FAによれば、このような構成方法は建築的な行為であり、「建築的な画像とデータの複合体」を必要とするものである。

メキシコのゲレロ州イグアラの町で、アヨツィナパ農村師範学校の生徒と活動家のグループが襲撃された事件の調査内容の報告。

チームと創設者の建築家ワイズマン

FAのチームは、建築家、ソフトウェア開発者、映画製作者、調査ジャーナリスト、アーティスト、科学者、弁護士などで構成されており、ロンドン大学ゴールドスミス校の空間・視覚文化教授であるイスラエル出身の建築家エヤル・ワイツマンが率いている。

創設したワイツマンは、イスラエルのハイファ地区で生まれ、ロンドンの建築協会で教育を受けたワイツマンは、テルアビブで建築家としての道を歩み始めたばかりの頃、占領地における都市計画の遺産を研究し始めた。彼が目にしたものは、建築が人権侵害に加担していることを示唆していた。

2002年、彼は同僚のラフィ・セガールとともに、イスラエルの新しい建築の展覧会を企画するために雇われた。ワイツマンとシーガルは、占領地としてのイスラエル入植地を紹介した。これに驚いたイスラエル連合建築家協会は展覧会をキャンセルし、カタログを取り下げた。この事件をきっかけに、ワイツマンは注目されるようになった。

彼の最近の本「フォレンジックアーキテクチャ」の冒頭では、ほぼ20年前にロンドンで行われたホロコースト否定者で歴史家のデビッド・アーヴィングの名誉毀損裁判を回顧している。アーヴィングの恥ずべき裁判は、建築物の証拠のにほんの少しだけ頼っていた。生存者は、火葬場の屋根の穴から青酸カリの毒ガス容器が落とされたことを思い出したと言っていたが、アービングは衛星写真には穴はなかったと言った。「穴はない、ホロコーストもない」というのが、否定派のキャッチフレーズになった。

アーヴィングは裁判で敗訴した。だが ワイズマンは この事件を教訓として挙げている。法医学的分析の道具は簡単に曲解されてしまうことがあることだ。暴力や犯罪を守るために政府や他の権力者が法医学分析を行使しているが、同様に洗練された手段で対抗する必要がある。建築と法医学は異分野であるかもしれないが、一緒に持って来られたそれらは新しい、「練習の異なったモード」を作り出すことができる、とワイズマン氏は実現した。彼らは「通常はそれを独占している」国家機関に対し「法医学的な視線」を多様化させる可能性がある。

参考文献

  1. Michael Kimmelman. "Forensics Helps Widen Architecture’s Mission".  NewYork Times, April 6, 2018.
  2. ANDREW CURRY. "The Rise of Forensic Architecture". Architect. April 24, 2017.
  3. Stephen W. Buck. "Why hire forensic architects?". May 4, 2018.

Image via Forensic Architecture