書評『Founders at Work 33のスタートアップストーリー』:テック起業で勝負したいなら必読の冒険譚

このブログは『Founders at Work 33のスタートアップストーリー』の書評です。本書は、Yコンビネーターの創業パートナーであるLivingstonが、テクノロジー企業の創業者33人にインタビューをする内容です。

書評『Founders at Work 33のスタートアップストーリー』:テック起業で勝負したいなら必読の冒険譚

このブログは『Founders at Work 33のスタートアップストーリー』(Jessica Livingston)の書評です。

本書は、Yコンビネーターの創業パートナーであるLivingstonが、テクノロジー企業の創業者33人にインタビューをする内容です。内容は基本的にテクニカルではなく、テック企業の創業とそこから企業を成長させるまでの努力についてのものです。スタートアップ業界はドッグイヤーと言われ、本書は2011年の出版ではありますが、さまざまな人が本書から学び取れることがあると、僕は思いました。

PayPalの共同創業者であるMax Levchinは、大学卒業後すぐに、最終的にPayPalになった会社を(Peter Thielと)共同設立しました。 Levchinは、PayPalの不正防止に特に貢献し、コンピュータを人間が操作しているか確認するテスト「CAPTCHA」の最初の商用実装の1つである「Gausebeck-Levchinテスト」の共同作成者でもあります。

Levchinはペイパルの最初期について、最初は、オンライン決済を行おうとはしていなかった、と語っています。1998年に、LevchinとPeter Thielは、ユーザーがPDA端末を「デジタルウォレット」として機能させるために、ユーザーがPalmPilotやその他のPDAデバイスに暗号化されたデータを保存できるセキュリティ会社Fieldlinkを設立しました。彼らは試行錯誤の末、端末をデジタルウォレットにするのではなく、サーバ側にデジタルウォレットを保持できる仕組みを採用することにビジネス上の可能性を見出します。

FieldlinkからConfiinityに名前を変更したチームは1999年に、Elon Muskのオンライン銀行 X.com と合併します。合併後、Muskはサービスの基盤システムのOSをMicrosoftのWindowsに移行しようとしますが、Linuxを採用していたLevchinと激しく対立します。Levchinは、本書では、この時の状況を控えめな言葉で説明していますが、実際には、Levchinは、Elon Muskが新婚旅行で豪州に行っている間に、取締役会で彼を追放する決議をとり、Linuxを死守したのです。(ここらへんはGoogleに聞いてみると面白いかも知れません)。

会社は、eBayにパワーユーザーが存在することを知り、彼らを顧客開拓先として最優先しました。成長を遂げた会社は「友人であり敵である」eBayから買収されました。この事業売却で資金を得たPayPal創業者は次の創業でも大きな成功を収め、PayPalマフィアとして知られています。

Evan Williamsは大学中退後、オライリーメディアに入社。のちにプログラマーになり、Bloggerを開発し、2003年にGoogleに売却します。06年に、ジャック・ドーシーやビズ・ストーンとTwitterを立ち上げ、08年からはCEOを務めました。12年にMediumを立ち上げています。

本書ではBloggerの運営会社Pyraの創業と売却について語っています。「Pyra」とも呼ばれる同社の最初の製品は、プロジェクトマネージャー、事業マネージャー、および予定リストを結合するWebアプリケーションでした。 1999年、まだベータ版でしたが、Pyraの基本は社内ツールに再利用され、その後、ブロギングツールのBloggerになりました。 このサービスは1999年8月に一般公開されました。バブルの崩壊のせいで資金繰りに窮し、従業員は無給で会社のために働きましたが、状況は改善しませんでした。様々な噂が存在しますが、共同設立者であるWilliamsは、本書では、ビジネスや製品の方針で共同創業者らとの一致が見られず、自分以外の会社の全従業員を解雇した、と説明しています。Williamsは、Trellixによる投資を確保できるようになるまで、実質的に単独で会社を経営しました。最終的には、広告をサポートするBlogspotと有料型のBlogger Proが登場しました。

Hotmailの創業者Sabeer Bhatiaは、ベンチャーキャピタリストに真のアイデアを伝えるかどうかをどのように決定したかについて説明しています。「ベンチャーキャピタリストが間違った理由で私たちを拒否しないというリトマス試験に合格し、『OK、あなたが若いことを気にしない、あなたが管理経験を持たないことを気にしません』」となったときに初めてアイデアを共有することに決めていたといいます。Bhatiaは、とある投資家から受けた痛烈な打撃を数度に渡り受けたことを説明しています。それが誰か、どんな状況か、どうしてそのようなことがおきるのか、は本書を読んで確認してみてください。

『Founders at Work 33のスタートアップストーリー』(Jessica Livingston)アスキー

Image via TechCrunch(CC BY 2.0)

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)