FoxconnがFisker向けに新型電気自動車を製作へ

Foxconn(鴻海)は、EVスタートアップであるFiskerのために電気自動車を製造することに合意した。24日に発表された声明の中で、両社はFoxconnがFiskerの2号車の車両を製造すると述べているが、この車両はまだ発表されておらず、2023年後半に発売予定となっている。

FoxconnがFisker向けに新型電気自動車を製作へ

Foxconn(鴻海)は、EVスタートアップであるFiskerのために電気自動車を製造することに合意した。24日に発表された声明の中で、両社はFoxconnがFiskerの2号車の車両を製造すると述べているが、この車両はまだ発表されておらず、2023年後半に発売予定となっている。

Fiskerはウォール・ストリート・ジャーナル紙に、両社はこの車を米国で製造することを検討しており、それがウィスコンシン州にあるFoxconnの工場で行われる可能性が「非常に良い可能性」があると語った。

工場はもともとは液晶パネルの製造に使われる予定で、Foxconnは100億ドルの投資で2,000万平方フィートの施設と1万3,000人の雇用を約束していた。しかし、同社はこれまでにそのうちのわずか3%を投資しており、敷地内に建設した最大の構造物は100万平方フィートの建物で、最近の公式文書では保管施設として再分類されていた。

両社は、最終的には年間25万台以上の自動車を製造できると主張しており、これはテスラの現在の生産台数の半分に相当する。より正式な提携は今年後半に締結される予定だ。

Fiskerは、最初のSUVであるOceanの生産を2022年末まで開始する予定はない。これまでのところ、Oceanの予約は12,000台に達している。この車は、独自の電気自動車プログラムを持ち、ジャガー・ランドローバーの電気SUV「I-Pace」を組み立てている自動車サプライヤーのマグナが製造する予定だ。Fiskerは当初、Volkswagenと提携してOceanのSUVとそれに続く車を製造する計画を立てていたが、Oceanのプロトタイプはドイツの自動車メーカーの設計子会社がVWの電気自動車プラットフォーム上で製造していたが、最終的には交渉は行き詰まっていた。

Image via Fisker.