ゴールドマン、年内にFRBが利上げを7回行うと予測
ゴールドマン・サックス本社ビル(米国・ニューヨーク) Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

ゴールドマン、年内にFRBが利上げを7回行うと予測

【ブルームバーグ】ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストは、FRBが急増する米国のインフレを抑制するために今年7回の利上げを行うと予想。それまでの5回から引き上げ回数を増やした。

ブルームバーグ

【ブルームバーグ】ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストは現在、米連邦準備制度理事会(FRB)が急増する米国のインフレを抑制するために今年7回の利上げを行うと予想しており、それまでの5回から引き上げ回数を増やした。

この見解の変更は、1月に発表された米国の消費者物価指数が年率換算7.5%の上昇となり、1982年以来最大の上昇率となったことを受けたものだ。その上昇幅は、食品やエネルギーにとどまらず、家庭用家具や健康保険など幅広い分野に及んでいる。

ゴールドマン・エコノミストのジャン・ハツィウスは7回連続して開催される連邦公開市場委員会で、FRBが25ベーシスポイントの変動を行うと予想している。

ゴールドマンのアナリストは、非常に高いインフレ率、高い賃金上昇率、高い短期インフレ期待の組み合わせを考慮すると、3月に50ベーシスポイントの引き上げを行うケースもあるが、これまでの政策担当者からの示唆は、より段階的な動きを示唆しているとしている。

「ゴールドマン・アナリストはノートの中で、「コメントしたほとんどのFRB当局者は、3月の50bp引き上げに反対している。「我々は、より可能性の高い経路は、代わりに25ベーシスポイントの長い連続した引き上げであると考えている」。

1982年以来の高インフレーション
1982年以来の高インフレーション

セントルイス連邦準備銀行のジェームス・ブラード総裁は、40年間で最も高いインフレ率に対応して、7月初めまでに1%ポイントの利上げを行うことを支持すると述べた(2000年以来初めての半額利上げを含む)。

ゴールドマン・アナリストは、「他の参加者がブラードに加われば、特に市場が3月に50ベーシスポイントの利上げを行う可能性が高いと判断した場合には、予想の変更を検討する」と述べている。

ゴールドマンのこの発言は、ローレンス・サマーズ元米財務長官が先週ブルームバーグ・テレビに対し、FRBが今年残り7回の政策会議すべてで利上げを行う可能性があること、さらには1回で4分の1ポイント以上の利上げを行う可能性があることに投資家は備えるべきであると語ったことを反映したものだ。

世界の銀行は、FRBの積極的な利上げサイクルへの期待を高めている。

ベースケース

ドイツ銀行のエコノミストは、今回のインフレデータを受けて、3月に50bpの利上げを行うことが現在のベースケースであると述べている。

ドイツ銀行のエコノミストは、「下半期のインフレ圧力が弱まっていることを示す限定的な証拠は、FRBがより積極的な対応を長く続けることを示唆している」と述べている。ドイツの銀行のエコノミストは、今年の11月を除くすべての会合で25ベーシスポイントの追加利上げを行い、2022年のFRBファンドレートの合計は175ベーシスポイントになるだろうと述べている。

野村ホールディングスは、3月に半ポイントの引き上げを行うとの呼び掛けを倍にしているとし、スタンダード・チャータードは、インフレ・データは、政策当局が引き締めサイクルを前倒しするリスクを伴うFRBの思惑の火種を解き放ったとしている。

また、ドイツ証券のエコノミストは、この引き締めサイクルは世界の景気回復を脅かす可能性があると指摘している。「このようなより積極的な政策対応は、成長のダウンサイドリスクを高める」と書いている。「経済のソフトランディングを図ることは決して容易ではない」

Enda Curran. Goldman Sachs Now Predicts Fed to Hike Seven Times in 2022. © 2022 Bloomberg L.P.