GAFAMの明暗分かれる

前回の四半期決算ではGAFAMは隆盛を極めた。しかし最新の決算では明暗が別れている。AppleとAmazonが発表した7−9月期の四半期決算は、残念な結果となった。AlphabetとFacebook(Meta)の決算はほぼウォール街の予測の範疇。笑ったのはMicrosoftだった。

吉田拓史

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン