ガートナー、2020年の半導体トップ顧客としてAppleとサムスンがリードを広げたと発表

米ガートナー(Gartner)の速報結果によると、2020年の半導体チップ購入ではAppleが引き続き第1位で、世界市場全体の11.9%を占めた。

ガートナー、2020年の半導体トップ顧客としてAppleとサムスンがリードを広げたと発表

米ガートナー(Gartner)の速報結果によると、2020年の半導体チップ購入ではAppleが引き続き第1位で、世界市場全体の11.9%を占めた。

上位10社のOEMは、2020年の半導体支出が10%増加し、市場全体の42%を占め、2019年の40.9%から増加した。2020年の上位10社は2019年と変わらなかった。

「2020年のOEM上位企業の半導体支出に影響を与えた2つの大きな要因は、COVID-19パンデミックと米中の政争である」とガートナーのリサーチディレクター、山路正恒は述べている。「パンデミックは5Gスマートフォンの需要を弱め、自動車生産を混乱させたが、2020年までのモバイルPCやビデオゲームの需要やクラウドデータセンターへの投資を牽引した。さらに、2020年のメモリ価格の上昇により、年間を通じてOEMチップ支出が増加した」

Huaweiは2020年の半導体支出を2019年比23.5%減と大幅に減少させた(表1参照)。「米国政府は2020年にHuaweiに対する貿易制限を強化し、半導体の購入を制限したため、スマートフォンの供給が制限され、市場シェアが低下した。しかし、2020年後半にHuaweiが作った空白を埋めるために他の中国のスマートフォンOEMが踏み込んできたため、半導体ベンダーにとって中国市場は依然として重要だ」と山路氏は述べている。

表1. 世界の半導体設計TAM別上位10社の暫定ランキング(単位:百万ドル)Source: Gartner (February 2021)

Appleは2020年も世界の半導体顧客No.1の地位を維持しているが、これは主にAirPodsの継続的な成功、MacパソコンやiPadの特需、NANDフラッシュの消費量の増加によるものだという。「在宅勤務によるモバイルPCやタブレットの需要の増加が、2020年までのMacとiPadの生産を大きく牽引した」と山路氏は述べている。「また、同社は2020年後半にMac製品ラインのAppleシリコンへの移行を開始した」。

サムスン電子は2位を維持し、Huaweiとの競争が弱まったことや、データセンター向けのエンタープライズ向けソリッドステートドライブ(SSD)の需要が旺盛だったことから、2020年の支出を20.4%増加させた。同社は、在宅勤務やeラーニングなどのトレンドがPCやクラウドサーバーの需要を牽引し、サムスンのSSDが多く使われていることが恩恵を受けているという。

上位10社の中で、2020年の支出を最も増やしたのはXiaomi(シャオミ)だった(26%)。"Xiaomiのスマートフォン事業は、パンデミック期間中、オンラインチャネルを中心とした販売モデルであったため、影響は最小限にとどまった。Huaweiへの制裁により、Xiaomiはスマートフォン市場でより多くのシェアを獲得することができた。また、Xiaomiはスマートテレビ、ウェアラブル、スマート家電など幅広いコンシューマー向けIoTデバイスで好調に推移したことで、2020年の半導体支出も増加した」と山路は述べている。

Image via Apple.

月額制サポーター

Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。

投げ銭

投げ銭はこちらから。金額を入力してお好きな額をサポートしてください。

https://paypal.me/axionyoshi?locale.x=ja_JP