ガートナー、世界のスマートフォン販売は2021年に11%成長すると発表

米ガートナー(Gartner)によると、2021年のエンドユーザー向けスマートフォンの世界販売台数は15億台となり、前年比11.4%増となる見込み。

ガートナー、世界のスマートフォン販売は2021年に11%成長すると発表

米ガートナー(Gartner)の分析によると、2021年のエンドユーザー向けスマートフォンの世界販売台数は15億台となり、前年比11.4%増となる見込みだ。

ガートナーのシニアリサーチディレクターであるアンシュル・グプタは、「2020年には消費者のスマートフォンへの支出が減少したが、新製品の登場により、2021年にはユーザーの需要が大幅に増加するだろう」と述べている。「スマートフォンの買い替えが遅れていることと、低価格帯の5Gスマートフォンの利用可能性の組み合わせは、2021年にスマートフォンの売上を増加させる準備ができている」。

ガートナーのアナリストは、2021年のスマートフォン販売台数は2019年の水準に近いと予想している。COVID-19パンデミックの影響で2020年に10.5%の落ち込みを記録した後、2021年にはスマートフォンの販売はリバウンドすると予測している。成熟したアジア太平洋地域、西ヨーロッパ、ラテンアメリカは、2020年から2021年にかけて最も強い成長を示すと予想されている(表1参照)。

表1. 世界のスマートフォンの地域別販売台数、2019-2021年(千台)

5Gはスマートフォンの次なる成長のフロンティア

5Gネットワークの利用可能性の高まりは、200ドルからの5Gスマートフォンの種類の増加と相まって、成熟した市場と中国での需要を牽引することになります。新興国での需要は、より優れた仕様のスマートフォンとオプション機能としての5G接続を求めるバイヤーによって牽引されるでしょう。ガートナーは、2021年には5Gスマートフォンの販売台数は全世界で5億3,900万台となり、その年のスマートフォン販売台数の35%を占めると予測している。

「5Gは現在、特に米国、中国、日本、韓国ではプレミアムスマートフォンの標準機能となっています。低価格モデルに牽引され、特に中国では採用が積極的で、2021年には5Gスマートフォンのシェアが59.5%に達するペースです。また、中国以外では普及が進んでいるローエンドの5Gスマートフォンは、2021年にはすべての地域で5Gスマートフォンの勢いをさらに強める準備ができている」。

Photo by Bagus Hernawan on Unsplash

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 太郎.

月額制サポーター

Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。

投げ銭

投げ銭はこちらから。金額を入力してお好きな額をサポートしてください。

https://paypal.me/axionyoshi?locale.x=ja_JP

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)