GeForce NOWのゲームストリーミングサービスは、月額4.99ドルで、既存のPCゲームストアとは異なる経路でPC、Mac、Androidにクラウドゲーミングを提供している。

制限付きの無料プランに加え、グラフィックボードGeForce RTXベースのグラフィックスにフルアクセスできる月額5ドルのプレミアムサービスの2つのサービスを提供する。Nvidiaは「ほぼすべてのデバイスで、低レイテンシとレイトレースされた美しいグラフィックを楽しめる」と述べている。

この動きは、MicrosoftのxCloudやGoogle Stadiaとの競合でもある。Nvidiaはしばらくの間、サービスの微調整を行い、30万人のゲーマーへのリーチに飲み絞ってきたが、2月に無料と有料の両方のメンバーシップを誰でも利用できるよう、プラットフォームを開放した。

GeForce Nowのゼネラルマネージャーであるフィル・アイスラーはGames Beatに対し「PCゲーマーがクラウドに移行する際のデスティネーションになりたい」とEislerは述べている。「Xboxのエコシステムに大きな投資をしているのであれば、xCloudを利用したほうがいいかもしれません。PlayStationに大きな投資をしているのであれば、PlayStation Nowを利用したほうがいいかもしれません。PCゲームに大きな投資をしているなら、GeForce Nowを手に入れたほうがいいかもしれない。それが私たちにとって意味のあることなのです」。

20ミリ秒の応答時間を達成するデータセンター

12億人以上の人々がPCでゲームをプレイしているが、ハイエンドゲームをプレイするためのパワーを備えた最新のPCを持っているユーザーはごく一部に過ぎない。クラウドゲーミングなら、古いノートパソコンを持っていても、ハイエンドのゲームをプレイすることは可能だ。インターネットの速度が遅くなったり、多くのゲーマーが同時にプレイしようとすると、システムが停滞してしまうことがある。

北米には9カ所、西ヨーロッパには6カ所のデータセンターがある。Nvidiaによると、これらの地域のブロードバンド家庭の90%に20ミリ秒の応答時間を提供するのに十分なコンピューティング能力がある。韓国、日本、ロシアなどの他の地域では、Nvidiaは、低レイテンシーのゲーム・パフォーマンスを提供できるコロケーション企業と提携している。ゲームは毎秒60フレーム、時には毎秒120フレームで動作する。GeForce Nowクライアントは、クライアントデバイスに約100MBの空き容量しか必要としない。

Eislerによると、Nvidia社は現在、データセンターをGeForce RTXベースのグラフィックスカードでアップグレードしており、シャドウやライティングを改善するためのリアルタイムのレイトレーシングなどの機能を提供しているという。

オープンプラットフォームということは、すでに購入したゲームをプレイできるということだ。Nvidiaは、欲しいゲームをすでに所有している場合、GeForce Nowでのプレイを許容している。例えば、PCで『レッド・デッド・リデンプション2』を所有していれば、GeForce Now経由でAndroidスマートフォンでもプレイできる。

無料プレイヤーはシングルセッションのインストールでゲームをプレイすることができ、1つのセッションを1時間プレイすることができる。その後、その進行状況を保存して新しいセッションを開始する。これにより、Nvidiaはゲームプレイに一時停止があることを確認し、すべての無料プレイヤーがサーバーにアクセスして自分のセッション時間を確保できるようにしている。

ゲームは、メンバーのリクエスト、ゲームの人気度、パブリッシャーの意見に基づいて、毎週サービスに追加される。Nvidiaは、今年後半にはGeForce Nowを実行できるスクリーンの組み合わせにChromebookを追加する予定だと述べた。

NvidiaのGeForce Nowサービスは、もともとPascalのグラフィックプロセッシングユニット(GPU)をベースにした第一世代のサーバーを使用していたが、現在はRTXカードなどのトリノベースのGPUに切り替えている。状況に応じて、1台のGPUで1~2人のユーザーを処理することができるという。

GeForce Nowが提供するデフォルトの300タイトル。出典:Nvidia

Ubisoft等の開発会社がGeForce NOWをサポート

開発会社から見ると、開発作業を追加することなく、新しいPCゲーマーのこの成長基盤へのアクセスを得ることが魅力的だ。Nvidiaによると、Ubisoft、Epic、Bungie、Bungie、バンダイナムコのようなトップパブリッシャーや開発者が、GeForce NOWでゲームをストリーミングすることを約束している。

GeForce NOWの延長された試用期間をライブラリを洗練させる機会として利用し、開発者やパブリッシャーがGeForce NOWへのコミットメントを確認している。中にはまだクラウド戦略を評価している企業もあるが、ほとんどの企業は信じられないほどの支持を得ている。Steamで最もプレイされたゲームのトップ40のうち30が、すでにGeForce NOWでストリーミングされている。さらに1,500本以上のゲームをサービスに加えるべく努力している。

UbisoftのAAAフランチャイズのカタログの多くは、Uplayと他のサポートされているゲームストアの両方で利用可能であり、すでにGeForce NOWでストリーミングされている。彼らのサポートを受けて、今日からアサシン クリードとファークライシリーズの全作品を追加することを発表できることに興奮している。その他のUbisoftのゲームは、今後数週間のうちに到着する予定。

このサービスで最も人気のあるゲームの1つは、Ubisoftのテクノスリラー小説家トム・クランシーの原作を基にした『レインボーシックス シージ』です。このゲームは、Ubisoftの多くのトップフランチャイズの様々なゲームと並んで表示される。『アサシン クリード』、『ファークライ』、『フォーオナー』、『ウォッチドッグス』など、Ubisoftのトップフランチャイズのゲームの数々と並んでいる。

GeForce Nowでプレイできる『ウォッチドッグス』(2014年)。出典:Ubisoft

ただ、プラットフォームへのゲームの提供に関してはゲームパブリッシャーとうまくいかないこともあった。ゲームディレクターであり、彼の会社Hinterland StudioからインディーズヒットのThe Long Darkの脚本家でもあるRaphael van Lieropを含む、一部のゲームパブリッシャーや開発者とはうまくいっていかなかった。

Activision BlizzardとBethesdaは、おそらく同じような理由でGeForce Nowから自分たちのゲームを撤退させた。これらの巨大なパブリッシャーのどちらも、なぜそうしたのかを明確に明言していない。Activision Blizzardの場合、我々が認識しているライセンス論争があったし、Nvidiaが先月初めにGeForce Nowのパブリックトライアルに月 5 ドルの課金を開始してから、タイトルの使用許可を再取得しなかったという問題がある。

参考文献

  1. "Nvidia’s GeForce Now is becoming an important test for the future of cloud gaming". Nick Statt.  Mar 2, 2020.
  2. Phil Eisler. "2,000 Games and Counting: GeForce NOW Library Taking Shape ". May 27, 2020.

Image: Nvidia