グーグルはAIを使ってAIチップを設計している

新しい強化学習アルゴリズムは、コンピュータチップ上の部品の配置を最適化することで、より効率的で消費電力の少ないコンピュータチップにすることを学習した。

グーグルはAIを使ってAIチップを設計している

新しい強化学習アルゴリズムは、コンピュータチップ上の部品の配置を最適化することで、より効率的で消費電力の少ないコンピュータチップにすることを学習した。

「チップフロアプランニング」とも呼ばれるチップ配置は、複雑な3次元設計だ。制約のある領域内の複数のレイヤーにまたがる数百、時には数千のコンポーネントを慎重に構成する必要がある。従来、エンジニアは、効率性の代理としてコンポーネント間で使用されるワイヤの量を最小限に抑える構成を手動で設計していた。その後、電子設計自動化ソフトウェアを使用して、その性能をシミュレーションして検証する。

各チップの設計には時間がかかるため、チップの寿命は従来、2年から5年とされてきた。しかし、機械学習アルゴリズムが急速に進歩するにつれ、新しいチップアーキテクチャの必要性も加速している。近年、チップフロアプランニングを最適化するためのいくつかのアルゴリズムは、設計プロセスの高速化を目指しているが、チップの消費電力、計算性能、面積など、複数の目標にまたがって最適化する能力には限界がある。

これらの課題に対応するため、Google の研究者 Anna Goldie と Azalia Mirhoseini は、強化学習という新しいアプローチを採用した。強化学習アルゴリズムは、正のフィードバックと負のフィードバックを使用して複雑なタスクを学習する。そこで研究者たちは、アルゴリズムの設計のパフォーマンスに応じて罰を与えたり、報酬を与えたりする「報酬関数」と呼ばれるものを設計した。アルゴリズムはその後、数万から数十万の新しいデザインを、それぞれ数秒のうちに生成し、報酬関数を使って評価しました。時間をかけて、チップコンポーネントを最適な方法で配置するための最終的な戦略に収束した。

電子設計自動化ソフトウェアで設計をチェックした後、研究者たちは、アルゴリズムのフロアプランの多くが人間のエンジニアによって設計されたものよりも優れた性能を発揮することを発見した。また、このアルゴリズムは、人間の対応者にも新しい技を教えてくれたと研究者は述べている。

この分野の歴史を通じて、AIの進歩はチップ設計の進歩と密接に結びついてきた。このアルゴリズムがチップ設計プロセスをスピードアップし、新世代の改良されたアーキテクチャにつながり、AIの進歩を加速させることが期待されている。

参考文献

  1. Anna Goldie, Azalia Mirhoseini et al. Placement Optimization with Deep Reinforcement Learning. arXiv:2003.08445. [Submitted on 18 Mar 2020]

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)