テキサス州司法長官「Googleは広告オークションを操作」と主張

Googleは広告オークションのプロセスについて、何年にもわたってメディアや広告主を欺き、双方に異なる入札額を伝え、差額を獲得する秘密のプログラムを作成していたと、各州の司法長官は新たに開示された訴状で主張しています。

テキサス州司法長官「Googleは広告オークションを操作」と主張
Photo by Greg Bulla on Unsplash

Googleは広告オークションのプロセスについて、何年にもわたってメディアや広告主を欺き、双方に異なる入札額を伝え、差額を獲得する秘密のプログラムを作成していたと、各州の司法長官は新たに開示された訴状で主張しています。

訴状では、Googleが「プロジェクト・バーナンキ」と呼ばれる秘密のプログラムで広告価格を操作し、広告オークションで2位の入札を排除していたことも主張しています。これにより、Googleは1位と3位の入札額の差の一部をポケットに入れることができる一方で、広告収入に依存し、より高い入札額でより多くの利益を得ることができたはずのメディア運営者に損害を与えた可能性に触れています。

訴状は、Googleは自ら運営する広告取引所におけるオークションへの絶対的な優位性を行使していたと訴えています。Googleは、同社の広告プラットフォームでは、胴元、需要側と供給側のすべての立場をとっており、すべての入札の内容を見ることができます。

逆に他の取引参加者には断片的な情報しか与えられません。需要サイドのプラットフォームは、自分が最高額の入札をしたかどうかを知ることができず、供給側のメディアも入札額の範囲はわかりません。Google Ads(旧名:DoubleClick)は、「最低入札額」に基づいてパブリッシャーに支払い、「最高入札額」に基づいて広告主に請求していると司法長官らは主張しています。

Googleは、その差額を利益とするか、あるいはその差額を次のオークションで落札するための入札価格の引き上げに充当していたと訴状は主張しています。Googleはこのプログラム(「グローバル・バーナンキ」と呼ばれる)を、買い手がGoogleの広告取引所「AdX」を通じて購入した場合にのみ使用していたとされています(これは、すべての入札を完全に把握することができ、その情報を利用して自分たちに有利な状況を作り出すことができる状況だ)。

Googleは反論しています。 同社の広報担当者は、WSJに対し、この訴訟は「不正確な記述が多く、法的根拠に欠ける」と述べています。「当社の広告技術は、ウェブサイトやアプリがコンテンツに資金を供給するのに役立ち、中小企業が世界中の顧客にアプローチすることを可能にしています」

また、訴状は、Googleを証券取引所に例えて、ライバルの取引所との競争を抑制し、ウェブサイトの広告配信の選択肢を制限していると主張しています。 修正された訴状では、Googleがオンラインディスプレイオークションを操作してメディアを罰したり、オークションの運営方法についてメディアにあからさまな嘘をついたりしている様子が詳細に述べられています。

訴状には、Googleのプログラムの詳細に加えて、AlphabetとGoogleのCEOであるスンダル・ピチャイとメタCEOのマーク・ザッカーバーグが、メタの子会社であるフェイスブックが広告オークションに一定の割合で入札し、落札することを保証したとされる2018年のビジネス合意書に署名したとしています。

他にも、Googleの広告取引所の取引手数料(直近の競合他社の2倍から4倍)、非AMP広告のロード時間を意図的に遅くするGoogleの傾向、ヘッダー入札を廃止するための取り組みの一環としてFacebookと提携する秘密のプログラムであるJedi Blueの詳細などの情報が明らかになりました。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)