1,800億ドル規模のグリーン債ブームの死角

【ブルームバーグ】グリーンファイナンスと実際のグリーンビジネスとの差を示す公式な推定値は存在しないが、監査役、研究者、気候変動活動家の間では、銀行が提供する数字は気候変動対策における役割を誇張していると警告する声が高まっている。

1,800億ドル規模のグリーン債ブームの死角
Photographer: Amir Hamja/Bloomberg

【ブルームバーグ】グリーン債市場は、いくつかの金融工学のおかげで、支援するために作られた実際のプロジェクトよりも速いペースで成長している。

グリーンファイナンスと実際のグリーンビジネスとの差を示す公式な推定値は存在しないが、監査役、研究者、気候変動活動家の間では、銀行が提供する数字は気候変動対策における役割を誇張していると警告する声が高まっている。

ワルシャワのシンクタンクInstratの持続可能な金融研究者であるStanisław Stefaniakは、「金融機関は、気候変動への貢献を実際よりも意味のあるものとして描くことができる」と述べている。

この問題の中心となるのは、グリーンローンの転売だ。これにより、元の債務が借り換えられるたびに、金融業界のプロジェクトへの貢献度がカウントされることになる。つまり、銀行はグリーンローンを発行した後、それをグリーンボンドとしてまとめ、他の金融機関に売却することができるのだ。そして、他の金融機関に売却することで、両者は気候変動対策のための資金を提供していると主張することができる。

この会計上の問題は、銀行や資産運用会社のバランスシート上のグリーン金融資産の額が、現実のグリーン資本支出を上回っていることを意味している。今年、金融機関が発行したグリーンボンドは過去最高の1,800億ドルに達し、他の民間セクターよりも多くなっている。

2021年の金融機関によるグリーン債の販売は前年の二倍となった
2021年の金融機関によるグリーン債の販売は前年の二倍となった

BloombergNEFのサステイナブル・ファイナンス・アナリストであるMaia Godemerは、「ローン市場はプライベートな性質を持っているため、二重計上のレベルを数値化することは困難だ」と述べている。しかし、「注意点」として、「信用機関が可能にしている実際の脱炭素化について、明るいイメージで終わってしまう危険性がある」と述べている。

債務のリパッケージやリストラクチャリングは、金融工学の一形態として確立されており、完全に合法だ。サブプライムローンの破綻など、こうしたモデルが無制限に適用されると逆効果になる例もあるが、債務の再構成は流動性を高め、市場に多くの関係者を呼び込んで市場の成長を促すことができる。

特に欧州では、銀行は規制当局から環境に配慮した融資を行うよう圧力を受けているため、このような借り換えは銀行にとって好都合だ。しかし、実際のグリーンビジネスとの乖離は、気候大変動を回避するために必要な緊急の脱炭素化への銀行の貢献度を把握する努力を困難にする可能性がある。

Allen & OveryのパートナーであるTim Conduitは「銀行が報告可能な正当な貢献をしているにもかかわらず、そのローンを売却したり再パッケージ化したりした場合、クレジットを得ている購入者は、持続可能な資金が実体経済に投入されているのではなく、金融工学の恩恵を受けているとみなされる危険性がある」と述べている。「異なるグリーンの貢献をどのように報告するかが問題になる」。

政策立案者は、債券市場におけるグリーンウォッシング(環境配慮をしているように装いごまかす)の可能性に対抗し始めている。欧州議会で法案の審議を担当しているポール・タン議員によると、欧州連合のグリーンボンド基準の改正案には、継続的な借り換えによって「何もないところからグリーンボンドが生まれる」ことを防ぐ条項が含まれているとのことだ。

2021年のグリーン債の販売元として金融機関が支配的。
2021年のグリーン債の販売元として金融機関が支配的。

PwC LLPの信託ソリューションプラクティスを共同リードするウェス・ブリッカーは、EUが銀行から報告されるグリーン資産比率を「グリーンプロジェクトへの投資額を特定し、政策立案者や社会が十分に速いペースで移行しているかどうかを理解できるようにする」ことを目的としている場合、インフレにすることで不正確な信号を得ることができると述べている。「その数字から何を求めるか、誰が何の目的でそれを使うかによるだろう」。

グリーンボンドのような確立された資産クラスでさえ、気候変動への影響は疑問視されている。グリーンボンドは、完成したグリーンプロジェクトの借り換え資金として提供されることが多く、そのラベルには、解放された資金を別のグリーンプロジェクトに使うことを発行者に義務付けるものではない。また、今年はグリーンデリバティブやレポ取引が登場したが、規制当局はこのような商品のルールブックの作成を急いでおり、グリーンウォッシングの可能性があると警告している。

EUの規制パッケージは世界規模で行われており、EU域内の顧客を対象とする場合にはEU域外の企業にも影響を与える。その目的は、地球を傷つける活動から、環境と社会的正義を守るプロジェクトへと資本を誘導することだ。

ブリュッセルに拠点を置くGreen Finance Observatoryを率いるFrédéric Hacheは、欧州の政策立案者は、先月スコットランドで開催された気候サミットで表明されたビジョンに導かれるべきだと述べている。彼は、銀行がグリーンローンをグリーン証券で借り換えた場合、そのローンをグリーン資産比率にカウントしないことを提案している。

「先日のCOP26では、環境保全や信頼性の観点から、カーボンクレジットの二重計上を避けることが非常に重要であることが強調された。同じことがグリーン資産にも当てはまる」とHacheは述べている。

A $180 Billion Green-Debt Boom Grows Faster Than Its Impact

By Greg Ritchie and Priscila Azevedo Rocha

© 2022 Bloomberg L.P.

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)