ゴールドマン・サックス、5億ドルのデータセンターへの投資を決定

ゴールドマン・サックス(GS)は21日、5億ドルを投資して新しいデータセンター開発プラットフォームであるGlobal Computeを設立した、と発表した。GSはプライベート・キャピタルを扱うマーチャント・バンキング部門(MBD)を通じ、Global Computeに投資を行う。

ゴールドマン・サックス、5億ドルのデータセンターへの投資を決定

ゴールドマン・サックス(GS)は21日、5億ドルを投資して新しいデータセンター開発プラットフォームであるGlobal Computeを設立した、と発表した。

GSはプライベート・キャピタルを扱うマーチャント・バンキング部門(MBD)を通じ、Global Computeに投資を行う。MBDは当初、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカに展開する約15億ドルの短期投資を可能にするため、最大5億ドルの株式資本を提供することを約束した。

この新ベンチャーは、ホールセールデータセンターの最大手であるDigital Realtyの共同設立者兼最高投資責任者を務めた業界のベテラン、スコット・ピーターソンが率いることになる。ピーターソンは、データセンター業界で18年以上、不動産投資で30年以上の経験を持っている。2004年から2018年までDLRに在籍していた間、ピーターソンはすべての投資活動を指揮し、「M&Aと開発の両方で170億ドルの取引を担当していた」と紹介されている。

他にも数名の元Digital Realty幹部がGlobal ComputeチームのPetersonに参加している。COOのクリストファー・ケニーはDigital Realtyの共同創業者でもあり、スティーブン・テイラーはDigital Realtyで同様のポストを務めた後、ヨーロッパの責任者に就任する。

先週、Global Computeは最初の買収を行い、MCI CapitalとMezzanine Managementが管理するファンドのコンソーシアムから、ポーランドの大手データセンタープロバイダーATMを買収した。ATMはワルシャワに本社を置き、急速に成長する中・東欧のデータセンター市場へのアクセスをGlobal Computeに提供している。

GSの参入は、世界的な投資家によるデータセンター分野への巨額投資の最新のもの。この傾向は、データセンター業界が成熟してきたことを物語っています。データセンター業界は、特にホールセール・データセンター事業において、優れたテナントの信用力と高いリターンを提供する不動産資産クラスへと発展してきた。

安定した不動産投資として捉えられたデータセンターには、世界的に有名な投資会社が投資する例が増えている。

  • KKRはGlobal Technical Realty (GTR)を設立し、ヨーロッパ全域で25億ドル以上を投資しデータセンターを開発。
  • ベインキャピタルは、ナスダックで5億4,000万ドルのIPOを行い、チンダタ・グループ・ホールディングスを株式公開した。
  • グローバルインフラファンドのEQT Infrastructureは、エッジコンピューティングとハイパースケールデータセンター市場の両方で主導的な役割を果たしてきたEdgeConneXを買収した。
  • シンガポールの政府系ファンドGICは、米国のEdgeCore Internet Real Estateや欧州のエクイニクスのxScale hyperscaleイニシアチブなど、3大陸にわたるデータセンター事業を支援してきた。
  • アブダビ首長国の政府系ファンドであるムバダラ・インベストメント・カンパニーは、Cologix5億ドルを投資した。

ゴールドマン・サックスのマネージング・ディレクターであるレナード・シーバースは、声明の中で、次のように述べている。「私たちは、コンピューティングとストレージの需要の増加に牽引されるデータセンター分野に大きなチャンスがあると考えており、ゴールドマン・サックスのグローバルなリソースに支えられたGlobal Computeチームは、その需要を満たすためのワールドクラスのソリューションを提供できる独自の立場にあると信じています」。

Photo: "Unleashing the Potential Of Women Entrepreneurs Through Finance and Markets" by World Bank Photo Collection is licensed under CC BY-NC-ND 2.0

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)