中国のLiDARメーカーHesaiとは

2014年に上海で設立されたHesaiは、機械的回転方式LiDARとソリッドステート(固体)LiDARの完成されたシリーズを開発してきた。Hesaiの顧客は現在、中国の自律走行車メーカーだけでなく、Lyft、Cruise、Nuro、Zooxのようなシリコンバレーの大手も含まれている。

中国のLiDARメーカーHesaiとは

中国のLiDARメーカーのリーダーであるHesai(禾赛科技)は、国際的な大手Velodyneとシェアを争う新興勢力だ。

2014年に上海で設立されたHesaiは、機械的回転方式LiDARとソリッドステート(固体)LiDARの完成されたシリーズを開発してきた。スタートアップとして、Hesaiは商業化に向けて速いステップを踏んでいる。Hesaiの顧客は現在、中国の自律走行車メーカーだけでなく、Lyft、Cruise、Nuro、Zooxのようなシリコンバレーの大手も含まれている。

LiDARは、自律走行車(AV)の鍵となるセンサーであり、レベル3以上の自律走行技術では重要性が増している。レベル2以下は「カメラ+レーダー」で十分です。より高いレベルのAVでは、精度の向上と周辺環境の詳細化が求められるが、ここではLiDARがレーダーを凌駕する。LiDARは、3次元ジオメトリクスを重視する次世代AVの標準装備になる。

現在のLiDARの痛みは、AVメーカーにとって手頃な価格ではない高価格である。従来の機械式のLiDARは数万ドルで販売されており、量産はほぼ不可能だ。Hesaiは中国のメーカーであるため、安い労働力を利用している。同社のLiDAR製品は、シリコンバレーの同業他社と比較して一般的に30~50%程度安く、品質も近い。2017年以降、HesaiはソリッドステートLiDARにも転向した。機械式のLiDARと比較すると、サイズが小さく、価格も低い--そのため、性能は弱い。

LiDAR市場の変化

中国のトップLiDARプロバイダーとして、Hesaiは国際的な市場リーダーであるVelodyneに挑戦している。LiDARの先駆者として、VelodyneはソリッドステートLiDARが注目され始めた2017年まで市場を席巻していた。それ以降、競合他社に対するVelodyneの技術的優位性は劇的に狭まっている。

HesaiのLiDARも同様の技術水準を達成しているが、反干渉、同期、安定性の点ではVelodyneの製品が市場で最も優れている。Hesaiともう一つの中国のLiDARプロバイダーであるRoboSenseは、Velodyneから市場シェアを奪い取った注目すべき競合企業だ。Hesaiはロボタクシー用のLiDARに特化しており、RoboSenseは主に低速自律走行車用のLiDARを開発している。中国の2社は、明確に焦点を絞ったサブセクターを持ち、近年急速に発展している。

低価格戦略により、Hesaiは世界中の多くの大手自律走行企業を獲得している。カリフォルニア州に登記されているAV企業の半数以上が、HesaiのLiDARを自社のAVフリートに適用している。自律走行システムを開発している企業は、テストプラットフォームのためにLiDARを購入している。彼らは反干渉のようなVelodyneの利点のための支払いを節約することができる。同様の技術的特徴を持つHesaiのLiDARの費用対効果は、ほとんどの顧客にとって魅力的だ。

Hesaiが多くの自律運転技術開発者を引き付ける一方、Velodyneは自動車メーカーやOEMとの協力で先んじている。これらの企業は通常、レベル3 / レベル4 AV部品または製品の開発のための明確な計画を持っている。商業化の要件を持つ企業にとっては、精度と安定性の向上が求められており、これこそがVelodyneの同業他社に対する優位性だ。また、Velodyneには、IDRIVERPLUS(低速自律走行車プロバイダー)やEQ(自律走行型マインカート)のように、追加の安定性を必要とする特殊車両に特化したAVスタートアップの顧客もいる。

Hesaiは、自動車部品市場へのさらなる参入を目指して、Velodyneとのギャップを埋めることに今も力を入れている。AV技術のスタートアップと比較して、自動車メーカーはLiDARプロバイダーにはるかに大規模で安定した販売を提供することができる。Velodyneは、Hyundai MobisやVeoneerなどの国際的な自動車部品プロバイダーと協力関係を構築し、彼らの長期的なプロバイダーとなるために努力している。また、Hesaiは国際的な販売チャネルを拡大しようとしているが、これは最近のBOSCHとの業務上および財務上のつながりからもわかる。

LiDAR分野の新たな変化

HesaiもVelodyneも、やはり同じ問題に直面している。彼らのLiDAR製品の価格は、自動車メーカーの一括購入には十分に低くない。自動車メーカーは一般的に、適用可能なLiDARは数百米ドルという比較的小さなサイズと価格を要求している。ソリッドステートLiDARは、機械式LiDARと比較して、この基準にはるかに近いため、新たな市場の焦点となるだろう。

LiDAR市場の台頭により、Tier1やテック業界のより多くのプレイヤーから注目を集めている。最近ではBOSCHやHuaweiがLiDAR業界に参入している。世界をリードするカメラドローンメーカーのDJIは、インキュベーションされた子会社Livoxが開発したLiDAR製品をすでに公開している。巨人は製品化に大きな懸念を示している。彼らはいずれもLiDARの価格を1000ドル前後に設定しており、これは市場の目標価格に非常に近い。LiDARプロバイダーの競争は熾烈になるだろう。しかし、製品化されたL3/L4 AVの要件を満たすためのLiDARの開発が加速するだろう。

中国のAV市場は長期的に安定した成長が期待される。そのキーコンポーネントとしてのLiDARのローカライズは、業界からも望まれている。このように、このような競争の激しい業界において、Hesaiの将来はまだ非常にポジティブである。国内の LiDAR 技術のリーダーである Hesai の開発は、資本によって継続的に支援される可能性が高い。結論として、応用可能なコア技術を持つ企業は、中国の資本市場から常に支持されている。

Velodyneによる提訴

Velodyne Lidarは2019年8月、Hesai Photonics TechnologyとRoboSenseとしても知られるSuteng Innovation Technologyを相手に、米国国際貿易委員会(ITC)に特許侵害の申し立てを行ったと発表した。Velodyne Lidarは、HesaiとRoboSenseが、不公正な競争方法と特定の製品の米国への輸入を違法とする1930年関税法第337条に違反していると提起した。

Velodyneは、Velodyneの特許取得済みのLiDAR技術(米国特許7,969,558)を侵害するLiDARセンサーを不法に輸入・販売したとして、これらのLiDARメーカーをITCに調査するよう求めている。Velodyneは、ITCに対し、HesaiとRoboSenseに対して、Velodyneの特許を侵害する回転式3D LiDARデバイスと製品の米国内での輸入と販売を停止するための永久的な制限排除命令と排除措置命令を出すよう要請している。

Velodyne Lidarの創業者兼CEOのDavid Hallは「Velodyne LidarはサラウンドビューLiDARの発明者だ。当社は発明を基本とする企業であり、当社の技術への投資と革新を継続できるように、知的財産を積極的に保護している」と述べた。

上場観測

米テクノロジーメディアThe Informationが2020年11月に報じたところによると、Hesaiは米国また中国での株式公開を検討しているという。Hesaiは、2021年初めに上海証券取引所のSTAR市場に上場し、10億ドル以上の評価額を見込んでいると報じられた。

Image via Hesai.

*参考文献はリンクで示した

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 太郎.

月額制サポーター

Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。

投げ銭

投げ銭はこちらから。金額を入力してお好きな額をサポートしてください。

https://paypal.me/axionyoshi?locale.x=ja_JP