public

高頻度取引で欺かれない証券取引所を設立した日系カナダ人ブラッド・カツヤマ

日系カナダ人のカツヤマはHFT業者が通常の投資家の取引を先回りしてお金を稼いでいる実態を知り、会社をやめ、”完全に透明な取引所”である「IEX」を設立し「不正」が常態化したマーケットに挑戦しました。

3 months ago

Latest Post 無視できなくなったTikTokの政治的影響力 by Takushi Yoshida public

ブラッド・カツヤマは、かつてフリースのベストでマンハッタンの高層ビルの間を行き来している、控えめなウォール街のトレーダーでした。しかし、6年前、彼は一般投資家をウォール街のテクノロジー武装した狂犬から守ったヒーローとして脚光を浴びました。

2014年のマイケル・ルイスのベストセラーである『フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち』は、HFT(高頻度取引)業者が高速ケーブル配線と特別なコンピューターを展開し、高頻度取引で人々を欺いていることを描きました。書籍による広報活動は、カツヤマの取引所IEXをプライベートシェアプラットフォームから13の本格的な取引所の1つに押し上げる助けとなりました。

2008年に米国の金融システムが崩壊する前、ブラッド・カツヤマは、そのシステムの腐敗に関与しなかったことを自覚できました。彼は当時、カナダロイヤル銀行(RBC)で働いていました。RBCは、測り方によっては、北米で5番目に大きい銀行だったかもしれませんが、ウォール街の誰の記憶にも留まっていませんでした。RBCは安定しており、比較的好意的であり、無知なアメリカ人のために悪いサブプライムローンを提供し、無知な投資家にローンから組成された金融商品を売る誘惑に抵抗したことで知名度を上げました。

カツヤマの上司は、RBCがウォール街のプレーヤーになるひと押しのため、2002年に、カツヤマが23歳のときにトロントからニューヨークに彼を赴任させました。それまでカツヤマはウォール街やニューヨーク市を訪れたことはありませんでした。彼はウォール街がカナダの金融業界とどのように異なっているかに即座に衝撃を受けました。 「すべてが過剰だった」と彼は言います。 「私は一年で、一生の中でよりも攻撃的な人々に会いました。人々は自分たちの能力を超えて生きており、その典型的な借金をすることでした。それが私に最も衝撃を与えたものです。借金はカナダでは悪でした」

ウォール街での最初の数年間、カツヤマは米国のエネルギー株を取引し、その後ハイテク株を取引しました。最終的に、彼は20人ほどのトレーダーで構成されるRBCの株式取引グループの1つを運営するように昇進しました。RBCのトレーディングフロアには文化を表現する表現「RBC nice」もありました。彼の同僚によると、カツヤマもRBC niceでした。

問題は、RBCがカーリンファイナンシャルと呼ばれる米国の電子取引会社に1億ドルを支払った2006年末に始まりました。カツヤマはすぐさま、RBCの文化にあまり適していないアメリカのトレーダーのグループと並んで仕事をしていることに気づきました。合併後の初日、カツヤマは心配している女性従業員から電話を受けました。「ここには野球のバットを持って歩き回っているサスペンダーの男がいます」。それがカーリンの最高経営責任者であるジェレミー・フロマーでした。

カーリンのオフィスに設置されたRBCのニューヨークの人々は、フロマーから最新の金融市場の状況を聞くためにすぐに集まりました。フロマーは、壁に掛けられたフラットパネルのコンピューターモニターの前に立っていました。 彼は立ち上がって「市場は今やすべてがスピードだ」と語り始めました…。

こうして、カツヤマは初めてHFT業者が通常の投資家の取引を先回りしてお金を稼いでいる実態について知ったのです。コロケーションサービスで取引所のサーバーの隣に配置された超高速コンピューターとシカゴとニュージャージーの間を一瞬でつなぐ光ファイバーケーブルで形成されたプライベートネットワークを使用して、HFT業者は一般投資家の注文を傍受して購入し、より高い価格で株式を売り戻し、マージンを確保していました。他にも様々なテクニックがあり、HFT業者は全くリスクを負うことなくリターンを得ることができるのです。

シカゴからニュージャージーまでの山と川の下を走る827マイルのケーブルで、データの移動を17ミリ秒から13ミリ秒に短縮できます。大西洋横断ケーブルは、ニューヨークとロンドン間のスプレッド取引から利益を得たいと考えている人々に5.2ミリ秒の優位性を与えます。光ファイバーは近年マイクロ波に取って代わられており、取引所のサーバーの近くにはマイクロ波を飛ばすためのアンテナで溢れているのです。

カツヤマは”完全に透明な取引所”である「IEX」で「不正」が常態化したマーケットに挑みました。カツヤマは2012年にRBCを退社し、より公正な株式取引の場であるインベスターズエクスチェンジ(IEX)を設立した。IEXは、ダークプールとも呼ばれる代替取引システムとして組織された新興の証券取引所です。会社の代表者は、十分な取引量に達した時点で公開取引所に転換する意向を表明しています。それは2013年10月25日に取引の初日にオープンしました。ウィリアム・オブライエン(当時の競合事業BATSグローバル・マーケッツの社長)は、CNBCで多くの注目を集め、議論された議論の中で、2014年4月にIEXは「恐怖」、「不信」、「告発」を生成することによって、そのビジネスを構築しようとしていた、と非難しました。

フラッシュ・ボーイズの出版とIEXの開設以来、いくつかの米国当局が高頻度取引業者が使用している特定の慣行を調査していることを確認し、いくつかの取引所に「スピードバンプ」を設けました。スピードバンプとは、駐車場内を走行中の自動車のスピードを減速させるための工作物。証券取引においては、売買の注文に数百マイクロ秒の遅れを意図的に設け、取引のスピードを制限する仕組みのことを指す。IEXは、スピードバンプではなく、DPO(Discretionary  Pegged Order)という執行価格に関して取引所が一定の裁量を有する注文タイプの採用により対応しています。

2016年6月17日、SECはIEXを正式な取引所とすることを承認。カツヤマは引き続きIEXのCEOを務めた。2017年10月24日、株式会社IEXグループはSECから企業の上場に向けた規制当局の承認を受けました。IEXは2018年初頭に上場を開始するとしており、ライバルの上場費用を割り引いて他の証券取引所から企業を乗り換えさせることに重点を置いている。 勝山は引き続きIEXの取締役会長を務めています。

Takushi Yoshida

Published 3 months ago