インドネシアでSteam、Epic Games、PayPalなどへのアクセスが禁止に
Photo by Bisma Mahendra on Unsplash

インドネシアでSteam、Epic Games、PayPalなどへのアクセスが禁止に

インドネシア政府は、Steam、Epic Games、PayPal、Yahooなど、さまざまなオンラインサービスへのアクセスをブロックした。

編集部

インドネシア政府は、Steam、Epic Games、PayPal、Yahooなど、さまざまなオンラインサービスへのアクセスをブロックした。

ロイターによると、この要件は、2020年に初めて導入された「MR5」と呼ばれる包括的な法律の一部。同法に基づき、「民間電子システム・プロバイダー」とみなされる企業は、同国で活動するために政府のデータベースに登録しなければならず、そうでなければ全国的に禁止されることになる。インドネシアは7月27日までにこの規則を遵守するよう企業に要求し、遵守しない企業には禁止令を出した。

ロイターによると、通信情報省の総局長であるスムエル・アブリジャニ・パングラパンは、禁止期間中にわずかな時間、ユーザーにPayPalへのアクセスを提供する可能性があると述べています。また、パングラパンは、各社が同国のデータベースに登録されれば、禁止は解除されると指摘した。これらのサービスがいつオンラインに戻るのか、また、インドネシアのデータベースに登録されるのかどうかは不明だ。

この禁止令により、インドネシアのユーザーは支払い手続きや特定のゲームをプレイすることさえできずに立ち往生している。Niko Partnersのシニアアナリストであるダニエル・アフマドが指摘するように、この禁止令の影響を受ける他の人気ゲームやサービスには、Origin、DOTA 2、Counter-Strikeなどがある。一方、Apple、Microsoft、Google、Amazon、TikTok、Twitter、Netflix、Spotifyは先週ライセンス登録を行い、いずれも引き続き利用可能だ。