JD Logistics(京東物流)は2月16日、香港証券取引所に香港上場を目指して目論見書提出したが、この目論見書は京東健康(JD Health Care)に次いで香港資本市場に上場しているもう1つの京東グループの子会社でもある。

京東物流のIPOの共同スポンサーには、バンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン・サックス、海東国際などが名を連ねている。報道によると、予想企業価値は約400億ドル。2020年の最初の9ヶ月間で、京東物流の外部顧客からの収益は43.4%に達した。

京東物流の収益はここ3年で急成長している。目論見書によると、2020年の最初の9ヶ月間の京東物流の収益は前年同期比43.2%増の495億元で、2019年と2018年の収益はそれぞれ498億元と379億元で、同期間に22億元と28億元の損失を出している。

売上高の増加に伴い、京東物流の収益性も徐々に改善してきている。 目論見書によると、2020年の第1四半期から9ヶ月間、京東物流は1,170万元の損失を出したが、2019年の同時期は9億9,600万元の損失を出した。国際会計基準外ベースで計算した場合、2020年1~9月期の京東物流の収益は前年同期比843%増の22.8億人民元に達した。

粗利益率の指標を見ると、神通物流の粗利益率は2018年の2.9%から2020年の9ヶ月間には10.9%へと大幅に改善している。研究開発費は京東物流が投資した最大の経費項目の一つであり、2020年の最初の9ヶ月間には14億元が研究開発に費やされたが、2019年と2018年にはそれぞれ16.8億元と15.2億元に達した。

京東物流は総合的なサプライチェーン物流サービスプロバイダーと位置づけており、顧客に提供するサービス製品には主に倉庫・物流サービス、速達サービス、大型商品サービス、コールドチェーンサービス、クロスボーダーサービスなどがある。 2020年12月31日時点で220以上の国と地域にネットワークを広げた。

目論見書によれば、2020年9月30日時点で、中国のほぼ全ての区と県をカバーする京東物流の倉庫ネットワークは約2,000万平方メートル(自営倉庫と”クラウド倉庫”を含む)に達しており、その中には直営倉庫が800棟、第三者倉庫の所有者と運営者が運営する1,400棟以上のクラウド倉庫が含まれている。

公募増資に先立ち、京東科技集団は京東物流の79.12%を保有している。京東グループは、香港証券取引所にスピンオフ(京東物流サブグループの上場)案を提出し、香港証券取引所で確認されたと発表した。

京東物流の株主。京東科技集団は京東物流の79.12%を保有している。出典:京東物流