京東 (JD.com) 中国2位のB2C電子商取引企業

京東(JD.com)は中国第二位のeコマース事業者。同グループは中国の企業から消費者へのオンライン市場の約30%を持っている。JD.comはブランドのサプライヤーから在庫を購入し、独自の物流チェーンを所有・運営し、プラットフォーム上で購入した商品を配送する。

京東 (JD.com)  中国2位のB2C電子商取引企業

京東(JD.com)は中国第二位のeコマース事業者。杭州に拠点を置くシンクタンク、中国電子商取引研究センターによると、同グループは中国のB2C電子商取引市場の約30%を占める。

創業者の劉強東(リウ・チャンドン)により1998年に設立され、2004年にオンラインコマースに参入した。2014年にナスダックに上場。アリババとは異なり、アマゾン型ビジネスモデルとして、自社モール内に京東名義で商品を販売するオンライン直営店モデルを採用する。

JD.comは3億8,700万人以上のアクティブな顧客に、高品質な製品への直接的なアクセスを提供する。JD.comはブランドのサプライヤーから在庫を購入し、独自の物流チェーンを所有・運営し、プラットフォーム上で購入した商品を配送する。配送員として制服を着た労働者を直接雇用している。JD.com は、配送プロセスをコントロールすることで、高品質な商品と信頼性の高いプラットフォームであることをアピールし、アリババのようなライバル企業との差別化を図っている。

JDは家電が売上収益の50%を占めており、総合eコマースというよりも家電専門モールの位置付けで中国国内では認知されている。

JD.comは、ドローンや自律技術、ロボットを通じたAI配送に投資。 最近では、ロボット配送サービスのテストやドローン配送空港の建設を開始したほか、初の自律型トラックを発表してドライバーレス配送を運用している。

自律型ロボットによる配送 Image: JD.com

京東物流  JD Logistics

JD.comは、世界のEコマース企業の中でも最大級のフルフィルメントインフラを持つ。現在、JD.comは25の「アジアNo.1」物流パークを運営しており、アジアで最大規模かつ最も自動化されたスマートフルフィルメントセンターの一つ。また、JD.comは、JD Logistics Open Warehouse Platformの下で管理されている倉庫スペースを含め、合計約1700万平方メートルの730以上の倉庫ネットワークを活用している。

京東物流(JD Logistics)は、中小規模倉庫、特大倉庫、クロスボーダー、コールドチェーン配送、冷凍・冷蔵倉庫施設、B2B、クラウドソーシング物流を提供する世界で唯一のeコマースプラットフォーム。パートナー企業に物流プラットフォームを開放し、JD.comの他に類を見ない全国規模の物流ネットワークを活用して、業界をリードするレベルの配送サービスを提供できるようにした。

JD.comは、注文の約90%が同日または翌日に配達されるという、JD.comの規模の他のeコマース企業にはない配送率を世界的に達成している、と説明している。

JD.comは、ビッグデータリソース、情報システム、中国市場での経験を活かし、最もスマートで効率的な物流システムの開発に注力。JDは上海に世界初の全自動倉庫を建設し、現在は独自のドローン配送や自動配送ロボットを開発している。

Jingtengプラン

2015年、JD.comとテンセントは、JD.comの消費データとテンセントのソーシャルデータを連携させることで、加盟店がブランドを確立し、マーケティング効果を促進するための完全なソリューションを提供する「Jingtengプラン」を開始することを発表した。

Jingtengプランは、ブランドオーナーに正確なターゲット消費者グループと多様なマーケティングチャネルを提供し、ブランド加盟店がより効果的で正確なマーケティングを実現できるよう支援するものだった。

同プランは消費者行動データとソーシャルデータを統合している。景東プラン」は、ショッピングとソーシャルデータのマーケティングソリューションを統合している。「正確な方向性、クローズドループ体験、ユーザーの肖像、パーソナライズされた創造性、商品と効果の統一性、効果の科学的な測定」が 「Jingtengプラン」の6つの主要な側面と言われている。

テンセントとの連合

同社の筆頭株主として、オンラインゲームやソーシャルメッセージングのテンセント(Tencent)が約20%の株式を保有している。他にもプライベートエクイティ企業のヒルハウス・キャピタルも含まれている。

しかし、それはまた、いくつかの主要な外国人投資家を持っている, 中国での規模だけでなく、その成長している海外の野望の両方を示唆している。Googleは会社の1%未満の株式のために$550mを支払ったこともある。ウォルマートは中国のeコマース部門と引き換えに11パーセント弱を得た。

創業者の劉強東

45歳の劉氏は、中国を代表するテック企業家の一人となり、2014年にJD.comがニューヨークでの新規株式公開で18億ドルを調達してビリオネアとなった。

劉氏は北京から南へ約700kmの地域で、年に1~2回しか肉を食べることができないほど貧しい農民の息子として育った。大学卒業後、1998年に「360buy」と呼ばれる電子機器店を設立しました。ビジネスは順調で、彼は他にも十数店舗をオープンした。

しかし2003年、重症急性呼吸器症候群(SARS: severe acute respiratory syndrome)がこの地域を襲ったとき、劉氏は会社をオンライン化せざるを得なくなった。彼はすぐにオンラインコマースの大きな可能性に気付き、後に会社名を変更した。

劉強東の議決権

劉氏は15.5%の株式を保有していますが、取締役会の議決権の79%以上を持っている。同社は「変動持分事業体」(VIE)と呼ばれる構造を通じてニューヨークに上場しており、これは外国からの投資が制限されている分野の中国企業が海外の取引所に上場することを可能にするものです。JD.com の VIE 構造を通じて、劉氏は自分自身も高いレベルのコントロールを確保しています。

目論見書には、劉氏の「無力化」には「本人の意思に反した監禁」は含まれないと明記されており、創業者が刑務所に入っても支配権を保持することを意味している。この文書はまた、取締役会が劉氏の意向に反した決定を下すことを効果的に防ぐものでもある。

歴史

1998年6月18日、劉は貯金の12,000元を投じて、北京のテクノロジーの中心地である中関村にある4平方メートルの小売店を借りた。ここで彼は、後にJD.comとなるJD Multimediaを設立した。

2003年からのSARSの感染拡大を契機に、劉は店舗での販売が難しくなったため、eコマースの採用を検討。2004年にブリックアンドモルタルの店舗を閉鎖し、「www.jdlaser.com」というJD.comの前身が開始された。

JDは、同社独自の物流ネットワークの構築を開始しました。サプライチェーンのすべてのステップを管理することで、顧客への「ラストマイル」配送まで、JDは優れた顧客体験を保証することを目標とした。

2008年10月にはJDモールが雑貨の販売を開始し、家電量販店から本格的な電子商取引会社へと変化。JDは2010年12月にオンラインマーケットプレイスのプラットフォームを立ち上げた。

2013年にJDのGMVは1,255億元(207億ドル)を記録。10月にはJDファイナンスが独立した事業グループとして設立された。

2014年3月、JDはテンセントと戦略的パートナーシップを結び、テンセントのWeChatとMobile QQプラットフォームへの独占的なアクセスを提供した。5月22日、JDは中国の大手Eコマース企業として初めてニューヨークのナスダック証券取引所に上場し、ティッカー名を「JD」とした。7月には、JDファイナンスが中国最大のクラウドファンディングプラットフォームを立ち上げた。10月には上海に自動化された最先端の物流センター「アジア第一倉庫」を稼働させた。

6月、JD.comとWalmartは戦略的提携を発表した。この契約の一部として、JDはウォルマート傘下のYihaodianのマーケットプレイスを管理し、ウォルマートはJD.comの5%の株式を取得し、両社は中国における両社のビジネスのオンラインおよびO2O分野をカバーするさまざまな分野で協力することに合意した。

参考文献

  1. JD.com. 2019 Annual Report.
  2. "JD.COM SUPPLY CHAIN TECHNOLOGYIS MODERNIZING COMMERCE THROUGHOUT CHINA". JD.com corporate blog.
  3. Yuan Tang, Sherry Fei Liu. "JD.com: five things to know about the Chinese ecommerce group" Financial Times. Sep 4, 2018.
  4. iResearch. "The changing face of China online retailing - 2017".
  5. "京东是怎么玩数字营销的?". 网易财经. 黎冲森. Aug 17, 2016.

Photo by JD.com

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)