KaiOSは、米国のKai OS Technologiesが開発したLinuxベースのモバイルOSである。2016年にMozillaによって廃止されたFirefox OSのオープンソース・コミュニティ主導のフォークであるB2G OS(Boot to Gecko OS)からのフォークである。4G通信を受け入れる従来型携帯電話である「スマートフィーチャーフォン」向けに作られたモバイルOSだ。

KaiOSの主な機能は、HTML5ベースのアプリで4G LTE E、VoLTE、GPS、Wi-Fiのサポートをもたらし、最適化されたユーザーインターフェース、より少ないメモリとエネルギー消費で非タッチデバイスに長いバッテリー寿命をもたらす。 また、無線ネットワークでのアップデートも特徴となっている。 専用のアプリ・マーケットプレイス「KaiStore」により、ユーザーはアプリケーションをダウンロードすることができる。Twitter、Facebook、YouTubeなど、一部のサービスはHTML5アプリケーションとしてプリロードされている。オペレーティング・システムはハードウェア・リソースの使用量が比較的軽く、わずか256MBのメモリを持つデバイスで実行することができる。

2018年5月に発表された市場シェア調査結果では、インドではKaiOSがAppleのiOSを抜いて2位となり、一方でAndroidは9%減とはいえ71%で圧倒的なシェアを誇っている。KaiOSの成長は、競争力のある価格帯のJio Phoneの人気によるところが大きい。 2018年第1四半期には、2,300万台のKaiOSデバイスが出荷された。

市場調査会社のカウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ によると、今後3年に渡って、3億7000万台のスマートフィーチャーフォンが全世界で出荷される見通し。今後3年間で280億米ドルの収益を生み出す市場規模となる見込みという。

2020年3月にMozillaとKaiOS Technologiesは、KaiOSを最新バージョンのGeckoブラウザエンジンでアップデートし、テストインフラをより緊密に連携させるためのパートナーシップを発表した。両社はこの変更により、KaiOS は 4 年分のパフォーマンスとセキュリティの改善と、TLS 1.3、WebAssembly、WebGL 2.0、プログレッシブウェブアプリ、WebP、AV1、最新の JavaScript と CSS 機能のような新しいビデオコーデックを含む新機能を提供することになる、と説明している。

スマートフィーチャーフォン

KaiOSを使用する携帯電話は「スマートフィーチャーフォン」(あるいは4Gフィーチャーフォン)と呼ばれる。スマートフィーチャーフォンは、従来のフィーチャーフォンの形状とデザインに、高速インターネットアクセス等の洗練されたスマートフォンのような機能をサポート可能なチップセットとオペレーティングシステムを備えたデバイスを指す。スマートフィーチャーフォンは、フィーチャーフォンとスマートフォンの間の中間地点として完璧に機能することで、デジタル世界にアクセスする際の様々な障壁を軽減する。

スマートフォンへ移行する傾向は未だに強いが、技術に精通していないユーザーや初めてのユーザーは、機能的な携帯電話としての形状及びユーザーインターフェイスを好む傾向がある。多くのアフリカ諸国やインドでは、識字率は70%を大きく下回っており、そのような国々のユーザーにとって、スマートフォンへの移行は急激な習熟曲線を描く。世界中にフィーチャーフォンのアクティブユーザーがまだ20億人いるのはこのためであり、また、スマートフィーチャーフォンが入り込む空き市場であると言える。

スマートフィーチャーフォンのこの成長を牽引してきた主要企業の1つがKaiOS Technologiesだ。同社が提供するKaiOSは、携帯電話のこの新しいセグメントを強化し、3G / 4Gネットワーク、および精巧なアプリとサービスのエコシステムをネイティブでサポートしているソフトウェアプラットフォームです。このプラットフォームを用いて、フィーチャーフォンユーザーのデジタル世界への接続を支援している。過去1年半の間に、8機種のKaiOS搭載デバイスが複数のモデルと共に発表され、北米、ヨーロッパ、アフリカ、東南アジア、インドで発売された。

インドの通信事業者Reliance Jioは、KaiOS搭載の4Gスマートフィーチャーフォンを使用して、何千万もの2Gフィーチャーフォンユーザーを4Gネットワークに接続する機会を見出した。同社のJio Phoneは、世界をリードするVoLTE対応のKaiOSベースのスマートフィーチャーフォン。これは20米ドルの価格で発売され、スマートフィーチャーフォンの価値提案と実行の世界的なスタンダート機種となっている。2017年後半にJio Phoneが発売されて以来、Reliance Jioによってもたらされた1億人を超える加入者のうち、KaiOS搭載4Gスマートフィーチャーフォンは、これらの純増の半分近くを占めている。

図1: 全世界におけるスマートフィーチャーフォンの収益機会 (単位:USドル・百億). 出典:Counterpoint Technology Market Research

アーキテクチャ

KaiOSのアーキテクチャーは以下の通り。Kai OSの開発者向けページを参照した。

KaiOS Architechture. Source: KaiOS, Architechture https://developer.kaiostech.com/introduction/architecture
Gaia (Front-End)

GaiaはKaiOSプラットフォームのユーザーインターフェースです。KaiOSが起動してから画面に表示されるものはすべてGaiaレイヤーの製品です。Gaiaはロック画面、ホーム画面、そしてスマートフィーチャーフォンに期待される標準的なアプリケーションを実装しています。KaiOS上のGaiaはHTML、CSS、JavaScriptを使って実装されています。基盤となるオペレーティングシステムへの唯一のインターフェースは、オープンな Web API を介しており、Gecko レイヤーによって実装されている。サードパーティのアプリケーションは Gaia レイヤーと一緒にインストールすることができる。

Gaia は、デバイスとユーザーインターフェース層のコアウェブアプリであり、すべて HTML5、CSS、JavaScript で書かれており、UI コードが電話のハードウェアと Gecko の機能と相互作用することを可能にするための多くの公開 API を備えている。

Gonk

Gonk は KaiOS プラットフォームの下位レベルのオペレーティングシステムで、Linux カーネル(Android Open Source Project [AOSP] をベースにしています)とユーザ空間ハードウェア抽象化レイヤー (HAL) で構成されている。カーネルとユーザ空間ライブラリのいくつかは、一般的なオープンソースプロジェクトであるLinux、libusb、bluez などです。GPS、カメラなどHALの他のいくつかの部分はAOSPと共有されている。

Gonk は非常にシンプルな Linux ディストリビューションと言える。GonkはGeckoの移植対象であり、GeckoをOS X、Windows、Androidに移植するのと同じように、GeckoをGonkに移植することができる。KaiOS プロジェクトは Gonk を完全に制御しているので、他のオペレーティングシステムでは公開できないインタフェースを Gecko に公開することができる。例えば、Gecko は Gonk 上の完全なテレフォニースタックとディスプレイフレームバッファに直接アクセスすることができるが、他のオペレーティングシステム上ではこのアクセスはできない。

Gonk は、KaiOS スタックのカーネルレベルのコンポーネントで、Gecko と基盤となるハードウェア間のインターフェースとして機能します。Gonk は基盤となるハードウェアを制御し、Gecko で実装された Web API にハードウェアの機能を公開する。Gonk は、ハードウェアレベルでリクエストを実行することでモバイルデバイスを制御するための複雑で詳細な作業を裏ですべて行う「ブラックボックス」と見ることができる。

B2G OS architecture by Mozilla Contributors is licensed under CC-BY-SA 2.5.

参考文献