ブラックロック、各CEOにネットゼロ炭素経済への移行計画の開示を要求

世界最大の資産運用会社ブラックロックは、最高経営責任者のラリー・フィンクが企業リーダーに宛てた年次書簡の中で、企業に対し、ネットゼロ炭素経済への移行計画の開示を求めた。

ブラックロック、各CEOにネットゼロ炭素経済への移行計画の開示を要求

世界最大の資産運用会社ブラックロックは、最高経営責任者のラリー・フィンクが企業リーダーに宛てた年次書簡の中で、企業に対し、ネットゼロ炭素経済への移行計画の開示を求めた。

フィンクの最高経営責任者への年次書簡では、グローバル・ファンド・マネージャーが投資している企業との年間の取り組み課題を設定している。今年の書簡は、ネット・ゼロ経済への世界的な移行と、それが企業や投資家にとって何を意味するかに焦点を当てている。

フィンクは書簡の中で、COVID-19パンデミックによって露呈した断層を気候変動の世界的な脅威と結びつけた。「私は、パンデミックがこれほどまでに実存的な危機をもたらしたこと、つまり私たちのもろさを思い知らされたことが、気候変動という世界的な脅威にもっと強く立ち向かい、パンデミックと同様に、それが私たちの生活をどのように変えていくのかを考えるように私たちを駆り立てたと信じている」とフィンクは書いている。

「このことは、医療であれ環境であれ、最大の危機がいかにグローバルで野心的な対応を必要としているかを思い出させてくれた」とフィンクは書いている。

フィンクの書簡では特に、ネット・ゼロ移行計画のデータと開示は、持続可能性リスクをより深く評価できるために不可欠であると主張している。そのため、ブラックロックは、投資家が長期的なリターンの可能性をよりよく評価できるよう、単一の開示基準への移行を支持している。

「昨年、気候関連財務開示に関するタスクフォース (TCFD) およびサステナビリティ会計基準審議会 (SASB) の勧告に沿って報告するよう、すべての企業に要請した」「SASBの開示が363%増加し、1700 以上の組織が TCFD への支持を表明した」。

BlackRockはSASBとTCFDの両方のレポートを発表した。フィンクは、これを受けて、BlackRock は気候変動リスクが大きい証券を管理するための枠組みとして、アクティブ・ポートフォリオに「精査の強化」を実施していると書いている。「顧客に代わって投資する発行体が、ネット・ゼロ経済への世界的な移行を適切に管理していることを期待している」

「多くの企業がこの進化に向けて精力的に準備を進めている一方で、十分な準備をしていない企業は、顧客のポートフォリオにリスクをもたらす。持続可能性リスクを積極的な投資プロセスに組み込むための精査の枠組みを強化する一環として、当社のリスク管理ツールをフルに活用して、気候関連のリスクが特に大きい銘柄を『フォーカス・ユニバース』として設定する予定だ」。

「これらのリスクには、現在の炭素集約度が高いこと、ネット・ゼロへの移行準備が不十分であること、ブラックロックの投資スチュワードシップへの取り組みが受け入れられていないことなどが含まれる。企業がこれらのリスクに対応していない場合、BlackRockはインデックス・ポートフォリオの保有株式の運用に反対票を投じ、また、顧客のリターンに影響を及ぼすリスクがあるため、一任型アクティブ・ポートフォリオの売却を検討する」

フィンクは、持続可能な投資への「地殻変動」が加速しており、この移行は歴史的な投資機会を提供していると指摘している。フィンクはまた、ステークホルダーとのつながりがリターンを牽引すること、つまり、企業の目的と戦略を、顧客、従業員、地域社会といったステークホルダーに価値を提供することに結びつけることができればできるほど、株主にとって長期的かつ持続的な利益を生み出すことができると記述している。このことは、気候変動の変化のシナリオと、ステークホルダー・モデルを採用することで株価が上昇するというブラックロックの信念に合致している。

「2020年の間に、環境、社会、ガバナンス(ESG)のプロファイルを向上させた目的意識の高い企業が、同業他社を上回る業績を上げていることがわかった」。

「2020年には、世界的に代表的な持続可能なインデックスのうち81%が親ベンチマークをアウトパフォームした。このアウトパフォーマン スは第1四半期の低迷期にはさらに顕著であり、これもまた、過去の低迷期に見られた持続可能なファンドの回復力の一例となっている。また、2020年には、持続可能な投資の選択肢の幅が広がっていることから、これらのファンドに対する投資家の関心が今後も高まることが予想される」。

Photo: "MFE NYC Trip 3/14"by UCLA Anderson is licensed under CC BY-NC-SA 2.0

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS.

コーヒー代支援 / サポーター加入

Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。