Tagged

Sustainability

持続可能性とは、常に存在し続ける能力のことである。21世紀においては、一般的に生物圏と人間の文明が共存できる能力を指す。

自律ロボットがもたらす都市自然環境の変化
Autonomous Systems

自律ロボットがもたらす都市自然環境の変化

ドローン、ロボット、自律型システムは、人や野生生物のために、都市やその周辺の自然界を一変させる可能性がある、とする研究結果を英リーズ大学地球環境学部のマーティン・ダリマー博士らのグループが発表した。Nature Ecology & Evolution誌に発表されたこの研究は、77人の学者と実務家からなるチームが執筆した。

クリーンテック投資は既にPEやVCに匹敵するリターンを出している
Sustainability

クリーンテック投資は既にPEやVCに匹敵するリターンを出している

「持続可能な投資 」(Sustainable Investing)が急速に成長している。2017年10月に発表されたマッキンゼーのレポートによると、アジア、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ヨーロッパ、米国のプロフェショナルな運用資産88兆ドルのうち、1の持続可能な投資は26%を占めている。さらに、ESG(環境、社会、ガバナンス)を組み込んだ運用資産は年率17%で成長している。

低コスト長寿命のレドックスフロー電池、USCが実証
Chemistry

低コスト長寿命のレドックスフロー電池、USCが実証

南カリフォルニア大学(USC)の科学者たちは、再生可能エネルギーの普及を制限する電力貯蔵の問題を解決する可能性のある新しい電池を開発した。いわゆる、電極や電解液の劣化がほとんどなく長寿命な「レドックスフロー電池」はすでにあったが、研究者たちは、低コストで容易に入手できる材料をベースに、より良いバージョンを構築。

バイデン移行チーム、気候変動対策の優先事項を発表
Climate Change

バイデン移行チーム、気候変動対策の優先事項を発表

6日、バイデン/ハリス移行チームは次期政権の初期の優先事項を記した文書を発出した。そこには気候危機への対応も含まれている。詳細のほとんどは、バイデンの大規模な選挙運動の気候計画から直接引用されたもので、エネルギー、交通、農業、その他の分野の改革に1.7兆ドルを投じるとしている。

Romeo Systems (RMG) のSPAC上場分析
Sustainability

Romeo Systems (RMG) のSPAC上場分析

Romeoは、トラックやバス用のリチウムイオン電池モジュールやパックの設計・製造を専門としている。このために、同社はロサンゼルスに7GWh対応の製造施設の建設を完了した。Romeoの主力製品は、電気自動車の中型短距離トラックと大型長距離トラックの市場に加え、特殊トラックやバスのセクターにも提供している。

NextEra、エクソン凌ぐ時価総額の再生可能エネルギー企業
Sustainability

NextEra、エクソン凌ぐ時価総額の再生可能エネルギー企業

アメリカの石油産業が低迷する中、最も価値のある公益事業であるネクストエラ(NextEra)は急成長を遂げている。ネクストエラはすでに風力発電と太陽光発電で世界トップの発電量を誇っている。10月21日に発表された最新の四半期決算では、NextEraは現在、約15ギガワットの再生可能エネルギープロジェクトを保有しており、これは既存の再生可能エネルギーのポートフォリオ全体を上回る規模だと述べた。

クリーンテックのための長期投資スキームの設計
Sustainability

クリーンテックのための長期投資スキームの設計

クリーンテック新興企業は十分な資金と技術開発のための時間に恵まれない「死の谷」に直面することが極めて多かったが、スタンフォード・グローバル・プロジェクト・センター(GPC)のサステナブル・ファイナンス研究ディレクターのソ・ヨンインらは、新しい投資形態の開発により、クリーンテックのような長期的な投資の持続可能性を担保できると提案している。

2000年代後半のクリーンテックVCブームが崩壊した理由
Finance

2000年代後半のクリーンテックVCブームが崩壊した理由

ベンチャーキャピタル(VC)企業は、2006年から2011年までにクリーンエネルギー技術(クリーンテック)の新興企業に250億ドル以上の資金を提供したが、その半分以上を失った。クリーンテックは、新素材、化学物質、プロセスを開発しても製造規模には至らない企業に引きずられ、VCに提供されたリスクとリターンのプロファイルは悲惨なものであった。

太陽電池の変換効率、現状の2倍以上の66%を達成可能か
Sustainability

太陽電池の変換効率、現状の2倍以上の66%を達成可能か

米エネルギー省のオークリッジ国立研究所とテネシー大学ノックスビル校が主導し、将来性のある太陽エネルギー材料の研究により、熱を運ぶ波であるフォノンを遅らせる方法が明らかになりました。この発見は、熱にエネルギーを失う前に光生成された電荷キャリアを利用することで、従来の太陽電池よりも効率的に太陽光を電気に変換する、新しいホットキャリア太陽電池の改良につながる可能性がある。

豪グレートバリアリーフのサンゴの半分が消失、気候変動が影響か
Sustainability

豪グレートバリアリーフのサンゴの半分が消失、気候変動が影響か

オーストラリアの研究者は、地球上で最も貴重な生息地の一つであるグレートバリアリーフは、過去四半世紀の間にサンゴの個体数の半分を失った、と主張している。気候変動の影響を緩和するために抜本的な行動を取らない限り、その減少は続くだろうと述べた。

衛星写真で南極の氷に新たな亀裂、海面上昇、気候変動に影響も
Sustainability

衛星写真で南極の氷に新たな亀裂、海面上昇、気候変動に影響も

パイン島とスウェイツ氷河は、西南極のアムンゼン海に位置し、この地域で最も急速に変化している氷河の一つである。デンマークのデルフト工科大学によって14日に発表された新しい研究によると、両氷河で観察された大きな裂け目は、どちらも両氷河が過去10年間で構造的に弱くなったことを示している。