持続可能性

持続可能性とは、常に存在し続ける能力のことである。21世紀においては、一般的に生物圏と人間の文明が共存できる能力を指す。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ESGファンド、社会的課題への議決権委任でSECの調査に直面

ESG投資ファンドが、特定の企業への長期投資を通じて社会悪と戦うという約束を果たせるかどうか、特に、貸し出した株が反対意見を持つ空売り筋の手に渡った場合、その約束の核心が試される。

編集部
無料会員 公開

気候変動が北米西海岸の生態系維持に重要な12種に大きな影響を及ぼす

マギル大学生物学部のジェニファー・サンデー教授らが率いる新しい研究では、今後80年の間に、気候の影響が北米西海岸に独自の海中道路である「カリフォルニア海流海洋生態系(CCME)」に生息する経済的・文化的に重要な12種に大きな影響を及ぼすと警告している。

編集部
無料会員 公開

全世界再エネ化のコストは62兆ドルも年間11兆ドルのコスト削減効果 - 新研究

再生可能エネルギーが145カ国で既存のエネルギーを代替するための初期費用は全体で約62兆ドルだが、年間11兆ドルのエネルギーコスト削減効果があるため、新システムの投資回収期間は6年未満となる、という研究が登場した。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ESGは「排出量」というシンプルな指標に集約されるべき

地球を汚染し、労働者を酷使し、役員を取り巻きで固めるような企業に投資するのは嫌だという人なら、金融業界で最もホットなトレンドの一つである環境・社会・ガバナンス(ESG)投資について、間違いなく知っていることだろう。これは、資本主義をより良く機能させ、気候変動がもたらす深刻な脅威に対処するための試みである。近年、このトレンドは急速に拡大しており、投資運用の巨人たちは、その資産の3分の1以上、総額35兆ドルを、何らかのESGレンズを通してモニターしていると主張している。そして、このことは、世界中の上司や関係者の口からも語られている。

編集部
無料会員 公開

大西洋のプランクトンが激減 - スコットランドの最新研究

英エディンバラに本拠を置く研究チームは、大西洋で2年間かけて海水のサンプルを採取した結果、海の生命を維持する小さな生物であるプランクトンがほぼ全滅していると警鐘を鳴らした。

ブルームバーグ
無料会員 公開

日本政府、5.5兆円のESG投融資でのグリーンウォッシュを警戒

日本政策投資銀行が5.5兆円のESG融資・投資を計画。貸し手は、一部の融資計画が「大ざっぱな」目的であることをリスクと見ている。グリーンウォッシュの懸念である。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ピーター・ティールら反ESG投資陣営の狡猾な政治活動 - リアム・デニング

億万長者のピーター・ティールが設立した新しい投資会社がESG批判の急先鋒に躍り出た。ティールは右派政治活動を加速させており、共和党トランプ派と歩調を合わせながら、ブラックロックらの投資方針への非難を繰り返している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

米金融界、石油ガス業界からの”投資撤退”に否定的

【ブルームバーグ】ブラックロックとブルックフィールドは石油・ガス事業からのダイベストメント(投資撤退)には否定的だ。彼らは内部の株主が企業のに低炭素の未来への移行を促すのに最適な立場にあると主張している。

吉田拓史
無料会員 公開

日本企業はESG情報開示から逃れられない

ESGに関する事項が投資家や規制当局の注目を集めるにつれ、政府機関や非政府機関、そして業界関係者が作成した開示基準が市場で注目を集めている。日本企業は早急な対応を求められている。

吉田拓史
無料会員 公開

日本企業は国際的なサステナビリティの動きへの対応を迫られる

サステナビリティ(持続可能性)への国際的な関心が高まるにつけ、日本企業もその対応を迫られることになる。欧州で進む炭素税、国境炭素税のような税務課題から、ESG投資家による要求への対応など多岐に渡るだろう。

吉田拓史
無料会員 公開

洋上風力に目覚めた東アジア

日本周辺の洋上風力エネルギーは、沿岸域に広く好適(海面上 80m 高・年平均風速 7.0m/s 以上)海域が分布しており、ポテンシャルが大きい。一方で、洋上風力発電の導入実績が少ないため建設・維持管理等のコスト面や環境アセスメント手法の一部が未確立等の課題がある。

吉田拓史
無料会員 公開

イーロン・マスク、バイデン政権が炭素税の提案を却下したと発言

イーロン・マスクによると、彼はバイデン政権に再生可能エネルギーへのシフトを促進するための方法として炭素税を設定することを提案したが、彼はそのアイデアが「政治的に難しすぎる」と言われたという。