持続可能性

持続可能性とは、常に存在し続ける能力のことである。21世紀においては、一般的に生物圏と人間の文明が共存できる能力を指す。

ブルームバーグ
無料会員 公開

米金融界、石油ガス業界からの”投資撤退”に否定的

【ブルームバーグ】ブラックロックとブルックフィールドは石油・ガス事業からのダイベストメント(投資撤退)には否定的だ。彼らは内部の株主が企業のに低炭素の未来への移行を促すのに最適な立場にあると主張している。

吉田拓史
無料会員 公開

日本企業はESG情報開示から逃れられない

ESGに関する事項が投資家や規制当局の注目を集めるにつれ、政府機関や非政府機関、そして業界関係者が作成した開示基準が市場で注目を集めている。日本企業は早急な対応を求められている。

吉田拓史
無料会員 公開

日本企業は国際的なサステナビリティの動きへの対応を迫られる

サステナビリティ(持続可能性)への国際的な関心が高まるにつけ、日本企業もその対応を迫られることになる。欧州で進む炭素税、国境炭素税のような税務課題から、ESG投資家による要求への対応など多岐に渡るだろう。

吉田拓史
無料会員 公開

洋上風力に目覚めた東アジア

日本周辺の洋上風力エネルギーは、沿岸域に広く好適(海面上 80m 高・年平均風速 7.0m/s 以上)海域が分布しており、ポテンシャルが大きい。一方で、洋上風力発電の導入実績が少ないため建設・維持管理等のコスト面や環境アセスメント手法の一部が未確立等の課題がある。

吉田拓史
無料会員 公開

イーロン・マスク、バイデン政権が炭素税の提案を却下したと発言

イーロン・マスクによると、彼はバイデン政権に再生可能エネルギーへのシフトを促進するための方法として炭素税を設定することを提案したが、彼はそのアイデアが「政治的に難しすぎる」と言われたという。

吉田拓史
無料会員 公開

ブラックロック、各CEOにネットゼロ炭素経済への移行計画の開示を要求

世界最大の資産運用会社ブラックロックは、最高経営責任者のラリー・フィンクが企業リーダーに宛てた年次書簡の中で、企業に対し、ネットゼロ炭素経済への移行計画の開示を求めた。

吉田拓史
無料会員 公開

アジアが石炭発電からの脱却を模索し始めた

この地域最大の新興経済国であるバングラデシュ、インドネシア、フィリピン、ベトナムの4カ国は、2020年には石炭発電所建設計画からドイツの総設置容量に相当する最大62.0ギガワット(GW)分を削減すると発表した。

吉田拓史
無料会員 公開

急成長する中国の洋上風力発電

中国の洋上風力の物理的なポテンシャルが大きい。ハーバード大の研究は、沿岸9地域の総エネルギー需要の36%を、コスト競争力のある価格で供給することが可能だと説明している。

吉田拓史
無料会員 公開

自律ロボットがもたらす都市自然環境の変化

ドローン、ロボット、自律型システムは、人や野生生物のために、都市やその周辺の自然界を一変させる可能性がある、とする研究結果を英リーズ大学地球環境学部のマーティン・ダリマー博士らのグループが発表した。Nature Ecology & Evolution誌に発表されたこの研究は、77人の学者と実務家からなるチームが執筆した。

吉田拓史
無料会員 公開

洋上風力発電は切り札になりうるか

洋上風速は通常、風速の3乗に依存するため、海岸からの距離が離れるほど増加し、発電電力が増加する。洋上風力発電所は陸上風力発電所よりも約50%高いが、2025年までにそのコストは35%まで低下すると予想されている。

吉田拓史
無料会員 公開

2050年の炭素排出ゼロは過去と同水準のコストで達成可能

プリンストン大学の研究者が主導した研究は、米国は既存の技術を用いて、過去のエネルギー費用と同程度のコストで、2050年までにカーボンニュートラル(炭素排出量が純ゼロの状態)に達することができると主張している。

吉田拓史
無料会員 公開

Aurora Solar、予測アルゴリズムで太陽光パネルの設置を効率化する新興企業

サンフランシスコを拠点とするAurora Solarは、LiDAR(ライダー)センサーデータ、コンピュータ支援設計、コンピュータビジョンを組み合わせてソーラーパネル設置を効率化する会社で、11月30日、5,000万ドルの資金調達を発表した。