ビル・ゲイツは離婚前から疑わしい行動で知られていた

離婚のずっと前から、ビル・ゲイツは疑わしい行動で評判になっていた。メリンダ・フレンチ・ゲイツは夫とジェフリー・エプスタインとの関係や、側近のセクハラへの対応に不満があったという。

ビル・ゲイツは離婚前から疑わしい行動で知られていた
2021年10月19日(火)、英国ロンドンの科学博物館で開催された「グローバル・インベストメント・サミット(GIS)2021」に登場したビル&メリンダ・ゲイツ財団の共同会長であるビル・ゲイツ。写真家:Hollie Adams/Bloomberg

【著者:Emily Flitter、Matthew Goldstein】メリンダ・フレンチ・ゲイツが27年間の結婚生活にピリオドを打ったとき、彼女の夫はソフトウェアのパイオニア、億万長者、そして一流の慈善家として世界的に知られていた。

しかし、一部の業界では、ビル・ゲイツは仕事関連で疑わしい行動をとるという評判も立っていた。それが、世界で最も裕福でパワフルな夫婦の別れの中で、新たな詮索を呼んでいる。

2018年、この問題に詳しい2人の関係者によると、フレンチ・ゲイツは、これまで公表されていなかった長年の資産管理アドバイザーによるセクハラ被害の訴えに対する夫の対応に納得がいかなかったという。ゲイツが内密に解決しようと動いた後、フレンチ・ゲイツは外部の調査を主張した。この資産管理アドバイザーのマイケル・ラーソンは、現在も職務を続けている。

ゲイツの口説き文句を直接知る人物によると、少なくとも数回、ゲイツはマイクロソフトとビル&メリンダ・ゲイツ財団で彼のために働いていた女性を追いかけたという。

マイクロソフトの広報担当者であるフランク・X・ショーは2021年3月、ゲイツが座っていたマイクロソフトの取締役会は2019年、彼が「2000年に会社の従業員と親密な関係を始めようとした」と通告を受け、そのうちの1件について調査を開始した、と述べた。取締役会は法律事務所を雇い、調査を依頼した。翌年、ゲイツはマイクロソフトの取締役を退任した。ウォールストリート・ジャーナル紙は、2000年の事件と取締役会の調査について報じた。

ゲイツの広報担当者であるブリジット・アーノルドは、「20年近く前に不倫関係があったが、友好的に終わった」と述べた。「ゲイツが取締役を降りることを決めたのは、この件とは全く関係がない」と。

そして、ゲイツが2011年から知り合ったジェフリー・エプスタインとは、少女の性売買の告発に直面したエプスタインが、未成年からの売春勧誘で有罪を認めた3年後に知り合った。フレンチ・ゲイツは夫が性犯罪者と過ごすことに不快感を示していたが、2人の集まりに居合わせた人や説明を受けた人によると、ゲイツはそうし続けたという。

そのため、2019年10月、ゲイツとエプスタインの関係が公になったとき、フレンチ・ゲイツは不満を抱いた。彼女は離婚弁護士を雇い、今月、2人の結婚が終わることを発表して最高潮に達するプロセスを開始した。

フレンチ・ゲイツが夫の行動をどの程度知っていたのか、またそれがどの程度二人の離婚に寄与したのかは不明である。

離婚の発表により、その解消が社会的、経済的に大きな意味を持つ結婚生活に注目が集まっている。複数の人が、結婚期間中にゲイツが、大手上場企業や世界で最も影響力のある慈善団体の舵取りをする人物としては不適切とされる仕事上の行動に及んだと述べている。

アーノルドは、彼の行為と夫妻の離婚についての特徴に異議を唱えた。

「ビル・ゲイツの離婚の原因、状況、時系列について、これほどまでに真実でないことが公表されていることは、極めて残念なことだ」とアーノルドは述べた。

「エプスタインらとの慈善事業に関する会合について、誰が参加したかを含め、あなたの表現は不正確だ」と続けた。「同様に、ゲイツが結婚やメリンダを中傷するような言い方をしたという主張も誤りだ。従業員を不当に扱ったという主張も虚偽だ。ゲイツの離婚をめぐる噂や憶測はますます不条理なものになっており、状況をほとんど知らない人たちが『情報源』として特徴づけられているのは残念なことである」と述べている。

ゲイツとフレンチ・ゲイツは職場で出会った。彼は、表向きは彼女の上司である。彼はマイクロソフトを経営しており、彼女は大学を卒業した翌年の1987年にプロダクト・マネージャーとして働き始めた。

二人の関係は、オフィス・ロマンスのキュートな面を演出してきた。2016年に公の場で2人の関係の始まりを語ったフレンチ・ゲイツによると、彼はカンファレンスで同席した際に彼女といちゃつき、会社の駐車場で偶然会った際に彼女をデートに誘ったという。

1994年に結婚した後も、ゲイツは時折、内の女性を追いかけることがあった。

例えば2006年、彼はマイクロソフトの女性社員のプレゼンに参加した。当時、同社の会長だったゲイツは、会議を終えるとすぐにその女性にメールを送り、夕食に誘ったと、このやりとりに詳しい2人の人物が語っている。

ニューヨーク・タイムズにそのメールを読んだ人によると、「もしこれがあなたを不愉快にさせるなら、何もなかったことにしてください」とゲイツはメールに書いたという。

この女性は確かに不愉快だった、と二人は言う。彼女は何もなかったことにすることにした。

1、2年後、ゲイツはゲイツ財団の代表としてニューヨークへ出張した。その時、ゲイツは財団に勤める女性と一緒に行動していた。カクテルパーティーで彼女と立ち話をしていると、ゲイツは声を低くして言った。「君に会いたいんだ。一緒に食事をしないか」と言ったという。

この女性は、望まない誘いを説明することで世間の注目を浴びたくなかったため、匿名を条件に話したが、不快に感じたものの、返事をしないように笑っていたという。

マイクロソフト社、財団、ゲイツ家の財産を管理する会社の現・元従業員6人は、これらの事件や、より最近の他の事件が、時に居心地の悪い職場環境を作り出していたと語った。ゲイツは、オフィスの内外で女性に不器用なアプローチをすることで知られていた。彼の行動は、従業員の間で彼の私生活について広く噂されるようになった。

従業員の中には、ゲイツの行動には賛同できないが、略奪的だとは思わないと言う者もいた。彼は、自分のキャリアのために、女性に自分の誘いに応じるよう圧力をかけてはいなかったし、女性には自分の誘いを断る余地を与えているように感じられたという。

ゲイツの行動は、フレンチ・ゲイツが世界的な舞台で推進していた女性のエンパワーメントというアジェンダに逆行するものだった。例えば2019年10月2日、彼女は 「米国における女性のパワーと影響力」を促進するために10億ドルを費やすと述べている。

「現在、ほとんどの女性がフルタイム(またはそれ以上)で働いているにもかかわらず、介護の責任の大部分を担っており、蔓延するセクハラや差別に直面し、有害なジェンダー規範を永続させる偏ったステレオタイプな表現に囲まれている」と、彼女はこの誓いを発表したタイム誌のコラムに書いている。

ゲイツ夫妻と一緒に財団の会議に出席した人によると、財団の会議では、ゲイツは自分の声が優勢であることを確認し、フレンチ・ゲイツに対して見下した態度を取ることもあり、一部の財団職員はヒヤヒヤしていたという。

2017年、夫妻は側近に対するセクハラ疑惑に立ち向かった。

ラーソンは30年近く、ゲイツの資産管理アドバイザーを務め、カスケード・インベストメントという秘密裏に運営される事業を通じて、ゲイツ夫妻と財団の合計1740億ドルの投資ポートフォリオから確かなリターンを得ていた。カスケードは、株式、債券、ホテル、広大な農地などの資産を保有していたが、ゲイツ夫妻の資金を別の投資手段にも回していた。その1つが、ワシントン州カークランドにあるカスケードと同じビルにあるラリー・キャピタルというベンチャーキャピタルである。

ラリー・キャピタルは、近くの自転車店のオーナーシップを持っていた。2017年、自転車店を経営していた女性は弁護士を雇い、ゲイツとフレンチ・ゲイツに手紙を書いた。

この請求に詳しい3人によると、手紙にはラーソンが自転車店の店長にセクハラをしていたことが書かれていたという。手紙には、女性が自分で状況を処理しようとしたがうまくいかず、ゲイツ夫妻に助けを求めたと書かれていた。彼らが事態を解決しない場合、彼女は法的措置を取るかもしれないと手紙には書かれていた。

女性は2018年、支払いと引き換えに秘密保持契約にサインすることで和解に至ったと、3人は述べている。

ゲイツはそれで問題が解決したと思ったが、フレンチ・ゲイツはその結果に満足していなかったと、2人は述べている。彼女は、この女性の申し立てとカスケードの文化について、独立した調査を行うよう法律事務所に要求した。ラーソンは、調査が行われている間、休職に追い込まれたが、最終的には復職した(調査によってラーソンが無罪になったかどうかは不明)。現在もカスケードの責任者である。

ラーソンの広報担当者はコメントを控えている。

和解から約1年後、つまりフレンチ・ゲイツのコラムがタイム誌に掲載されてから2週間もたたないうちに、ニューヨーク・タイムズはゲイツとエプスタインの関係を詳しく紹介する記事を掲載した。その記事によると、2人は何度も一緒に過ごし、エプスタインのプライベート・ジェットに乗ったり、ニューヨークの彼のタウンハウスでの深夜の集いに参加したりしていたとのことだ。ゲイツはエプスタインと初めて会った後、2011年に同僚にメールで「彼のライフスタイルは非常に独特で、私には合わないが、ちょっと興味をそそられる」と述べた。

(ゲイツの広報担当者であるアーノルドは、彼が当時のエプスタインとの関係を後悔していると述べた。アーノルドは、ゲイツは飛行機がエプスタインのものであることを知らず、ゲイツはエプスタインの家の独特の装飾に言及していたと述べた)

この問題に詳しい人々によると、ニューヨーク・タイムズの記事には、フレンチ・ゲイツがそれまで知らなかった、ゲイツとエプスタインの交流に関する詳細が含まれていた。記事の出版後すぐに、彼女は夫妻の資産分割を支援する離婚弁護士やその他のアドバイザーに相談し始めたと、関係者の一人は述べた。ウォールストリート・ジャーナルは以前、彼女の弁護士を雇ったタイミングを報じている。

『タイムズ』の暴露は、フレンチ・ゲイツにとって特に動揺するものだった。彼女は以前、少女の性的人身売買で起訴された直後、2019年に連邦政府の拘束下で自殺により死亡したエプスタインと夫が付き合うことに不快感を表明していたのである。フレンチ・ゲイツは2013年秋、ゲイツと一緒にエプスタインのタウンハウスで夕食をとった後、不安を表明したと、この夕食とその余波について説明された人々は述べている(この事件は、デイリー・ビーストが先に報じている)。

何年もの間、ゲイツはエプスタインの自宅での夕食や会合に通い続け、エプスタインはたいてい若くて魅力的な女性たちを囲っていたと、その場にいた2人と、その集まりについて聞かされた2人が語っている。

アーノルドは、ゲイツがエプスタインと交際したりパーティーに参加したりしたことはないと述べ、若い魅力的な女性が会合に参加したことも否定している。「ビルは慈善事業について話し合うためにエプスタインと会っただけだ」とアーノルドは述べた。

少なくとも一度、ゲイツはエプスタインの前で、自分は結婚生活に不満があると発言したと、その発言を聞いた人たちは話している。

エプスタインの売り込みや財務に詳しい人々によると、ゲイツが彼とビジネスをした形跡はないが、エプスタインはゲイツに税務顧問や資金調達のサービスを売り込んだ。

2013年以降のある時期、エプスタインはゲイツを、エプスタインとビジネス面でも個人的にも多面的な関係にあったアポロ・インベストメンツの代表、レオン・ブラックに会わせたと、この会合に詳しい2人の人物は述べている。会合はアポロのニューヨークオフィスで行われた。

フレンチ・ゲイツがエプスタインとの最新の会合を知っていたかどうかは不明だ。最近彼女と話をした人物は、「彼女は人生の次の段階に進むにあたり、結婚を辞めるのが最善だと判断した」と語っている。

Original Article: Long Before Divorce, Bill Gates Had Reputation for Questionable Behavior. © 2022 The New York Times Company.

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史