public

水が氷になる物理現象と酷似 企業のイノベーション停滞

革新的な企業が自己満足な企業になる瞬間は、コップ一杯の水が凍って氷になる瞬間に似ています。要素は同じですが、構造は変わってしまう、相転移との類似が指摘されています。

3 months ago

Latest Post 欧州サッカークラブのAI活用が活発化 by Takushi Yoshida public

バイオテクノロジー企業の元CEOであるサフィ・バーコールは、ビジネスの世界に入る前に理論物理学者としてキャリアをスタートさせました。彼は、革新的な企業が自己満足な企業になる瞬間を、コップ一杯の水が凍って氷になる瞬間に例えています。要素は同じですが、構造は変わってしまう、ということのようです。バーコールは、成長する企業がこれらの避けられない力を回避し、イノベーションを続けるための方法を提案しています。彼は『LOONSHOTS クレイジーを最高のイノベーションにする』という本の著者です。

彼は、相転移に基づいて、チーム、企業、または使命を持つすべてのグループが、流れる水が突然脆い氷に変化するのと同じように、野生の新しいアイデアを受け入れることからそれらを厳格に拒否することに突然変化する理由を示します。本書は、温度が水から氷への変化を制御するのと同じように、この遷移を制御する構造の小さな変化を特定します。

企業の振る舞いの突然の変化は謎かもしれませんが、同様のパターンは、相転移と呼ばれる奇妙な奇妙な問題の本質です。水で満たされた大きな浴槽を想像してみてください。ハンマーで水面をたたき、スプラッシュすると、ハンマーが液体の中を滑ります。次に水が凍るまで温度を下げます。もう一度ハンマーで叩くと、表面が粉々になります。

同じ分子でも、ある文脈では液体のような振る舞いをし、別の文脈では硬い固体のような振る舞いをする。分子はどのようにして突然挙動を変えることを「知っている」のでしょうか?どのような力でシステムが突然壊れてしまうのでしょうか?

これが重要な理由です。その力を理解すれば、その変化を制御することができます。雪の日には、水が凍る温度を下げるために歩道に塩を撒きます。雪が固まって氷になるのを防ぐため、雪を溶かしたいのです。同じ原理を利用して、より良い材料を開発しています。鉄に少量の炭素を加えると、はるかに強い素材であるスチールができあがります。鉄にニッケルを加えることで、ジェットエンジンや原子炉で使用される鋼など、私たちが知っている中で最も強い合金ができあがります。

ルーンショットは、文化ではなく、構造の小さな変化を識別するために同様の原則を適用し、より革新的な組織を設計するのに役立ちます。森林での火災の拡大からオンラインテロリストの捕捉、泥棒や天才や王たちの物語に至るまでの例を使用して、バーコールはこの新しい種類の科学が企業の行動と運命を理解するのにどのように役立つかを示しています。

過去10年間、研究者たちは、鳥がどのように群れ、魚がどのように泳ぎ、脳がどのように働き、人々がどのように投票し、犯罪者がどのように行動し、どのようにアイデアが広がり、どのように病気が発生し、どのように生態系が崩壊するのかを理解するために、相転移のツールと技術を適用してきました。20世紀の科学が量子力学や重力のような基本法則の探求によって形成されたとすれば、21世紀はこの新しい科学によって形成されることになるでしょう。ルーンショットは、世界を変えるクレイジーなアイデアを創造し、育てるために、私たち全員が潜在能力を解き放つのを助けるために、これらのツールを最初に適用したものです。

Photo by Marvin Heilemann on Unsplash

Takushi Yoshida

Published 3 months ago