鴻海が中国本土の対抗馬・立訊に脅かされている

中国の電子機器の受託製造サービス(EMS)大手、立訊精密が鴻海が10年以上iPhoneの組み立てを独占している状況に挑戦状を突きつけた。中国とAppleの蜜月が立訊に追風となっている。

鴻海が中国本土の対抗馬・立訊に脅かされている
Image by Apple.

要点

中国の電子機器の受託製造サービス(EMS)大手、立訊精密が鴻海が10年以上iPhoneの組み立てを独占している状況に挑戦状を突きつけた。中国とAppleの蜜月が立訊に追風となっている。


立訊精密工業(ラックスシェア)は現在、Appleの承認を得て中国東部に大規模な製造施設を建設している。立訊は、江蘇省昆山市に総投資額110億元(17億2,000万ドル)を投じて28万5,000平方メートルの製造施設を建設している。この広大な敷地はサッカー場40個分の広さがあり、早ければ来年にも数百万台のiPhoneを生産する予定だ。

この新工場の建設により、中国のサプライヤーは、iPhoneの組み立てにおけるシェアを、2021年の約650万台から、早ければ来年には1,200万台から1,500万台へと大幅に引き上げることを目指しているという。

フィナンシャルタイムズが引用した複数の関係者によると、中国のもう一つの新興電子機器製造企業である聞泰科技(ウィングテック)は、最近Appleのサプライチェーンに参入し、Mac miniとApple TVの製造を受注したという。Appleはまた、BOE Technologyを今年の新型iPhoneのプレミアムディスプレイサプライヤーのリストに加えた。

現在、立訊は、Microsoft、Google、Amazonなど、世界最大級のハイテクブランドの製品を手がけている。しかし、Appleは依然として立訊の最大の顧客であり、立訊の最新の年次報告書によると、2020年の売上高約145億ドルのうち約70%を占めている。また、立訊の株式時価総額は530億ドル(約5,000億円)であることから、共同創業者でCEOの王來春が保有する株式は約100億ドル(約1兆円)の価値があることになる。

Appleと中国政府の関係の恩恵

Appleが立訊を鴻海の対抗馬にしようとするのは、サプライヤーを競争させたほうが良いという戦略的な判断だけでなく、中国でのビジネス環境を良くするための中国政府とティム・クックの「密約」が関係している可能性があると米テクノロジーメディアThe Informationは主張している。

Read more

コロナは世界の子どもたちにとって大失敗だった[英エコノミスト]

コロナは世界の子どもたちにとって大失敗だった[英エコノミスト]

過去20年間、主に富裕国で構成されるOECDのアナリストたちは、学校の質を比較するために、3年ごとに数十カ国の生徒たちに読解、数学、科学のテストを受けてもらってきた。パンデミックによる混乱が何年も続いた後、1年遅れで2022年に実施された最新の試験で、良いニュースがもたらされるとは誰も予想していなかった。12月5日に発表された結果は、やはり打撃となった。

By エコノミスト(英国)
中国は2024年に経済的苦境を脱するか?[英エコノミスト]

中国は2024年に経済的苦境を脱するか?[英エコノミスト]

2007年から2009年にかけての世界金融危機の後、エコノミストたちは世界経済が二度と同じようにはならないことをすぐに理解した。災難を乗り越えたとはいえ、危機以前の現状ではなく、「新常態」へと回復するだろう。数年後、この言葉は中国の指導者たちにも採用された。彼らはこの言葉を、猛烈な成長、安価な労働力、途方もない貿易黒字からの脱却を表現するために使った。これらの変化は中国経済にとって必要な進化であり、それを受け入れるべきであり、激しく抵抗すべきではないと彼らは主張した。 中国がコロナを封じ込めるための長いキャンペーンを展開し、今年その再開が失望を呼んだ後、このような感情が再び現れている。格付け会社のムーディーズが今週、中国の信用格付けを中期的に引き下げなければならないかもしれないと述べた理由のひとつである。何人かのエコノミストは、中国の手に負えない不動産市場の新常態を宣言している。最近の日米首脳会談を受けて、中国とアメリカの関係に新たな均衡が生まれることを期待する論者もいる。中国社会科学院の蔡昉は9月、中国の人口減少、消費者の高齢化、選り好みする雇用主の混在によってもたら

By エコノミスト(英国)
イーロン・マスクの「X」は広告主のボイコットにめっぽう弱い[英エコノミスト]

イーロン・マスクの「X」は広告主のボイコットにめっぽう弱い[英エコノミスト]

広告業界を軽蔑するイーロン・マスクは、バイラルなスローガンを得意とする。11月29日に開催されたニューヨーク・タイムズのイベントで、世界一の富豪は、昨年彼が買収したソーシャル・ネットワーク、Xがツイッターとして知られていた頃の広告を引き上げる企業についてどう思うかと質問された。「誰かが私を脅迫しようとしているのなら、『勝手にしろ』」と彼は答えた。 彼のアプローチは、億万長者にとっては自然なことかもしれない。しかし、昨年、収益の90%ほどを広告から得ていた企業にとっては大胆なことだ。Xから広告を撤退させた企業には、アップルやディズニーが含まれる。マスクは以前、Xがブランドにとって安全な空間である証拠として、彼らの存在を挙げていた。

By エコノミスト(英国)