2021年の全世界のM&Aが5.8兆ドル超で過去最高
Photo by Adam Nir on Unsplash

2021年の全世界のM&Aが5.8兆ドル超で過去最高

2021年の世界のM&Aは市場の活況と広範にわたる景気刺激策の効果もあり、40年以上前に記録が始まって以来の最高水準にまで急上昇した。

編集部

要点

2021年の世界のM&Aは市場の活況と広範にわたる景気刺激策の効果もあり、40年以上前に記録が始まって以来の最高水準にまで急上昇した。


Refinitivの発表によると、今年は全世界で5.8兆ドル以上の取引が合意され、昨年より64%増加し、1990年代半ば以降で最も速いペースで成長した。また、パンデミック前の2019年と比較しても、取引額は54%増加している。

フィナンシャルタイムズによると、M&Aブームは、2021年の投資銀行の手数料が記録的な額になったことにも貢献しているという。その総額は1,570億ドルで、その中にはM&Aに関するアドバイス料470億ドルが含まれており、20年以上前に記録が始まって以来、最も多い額となった。

中央銀行の危機管理介入による金利の引き下げと、政府によるパンデミック被災企業への支援の拡大により、株式市場が活性化し、成長が促進され、ディールのための安価な負債が容易に入手できるようになった。

今年の最大の案件は、ワーナーメディアがライバルのディスカバリーと合併して企業価値約1,320億ドルの統合会社を設立したことや、カナダ太平洋鉄道が310億ドルでライバルの鉄道大手カンザスシティ・サザンを買収したことなどだ。

このブームに拍車をかけたのは、プライベートエクイティと特別目的買収会社(SPAC)だった。KKRによるテレコム・イタリアへの330億ユーロのオファーをはじめとするバイアウトの取引は、2021年には前年の2倍以上の価値があった。

Refinitivのデータによると、SPAC取引は、合計334件が発表され、合併後の企業の価値は5,970億ドル(世界の取引額の10%)に達した。この中には、ドナルド・トランプ元米大統領のソーシャルメディア関連のスタートアップ企業とDigital World Acquisition Corpとの合併計画も含まれており、規制当局が調査を行っている。しかし、SPACの合併は、熱狂的なスタートを切った後、年末にかけて鈍化した。

一口15万円の投資を受け付け中

1口15万円の投資を常時受け付けます|吉田拓史 株式会社アクシオンテクノロジーズ代表取締役|note
こんにちは、株式会社アクシオンテクノロジーズの代表取締役社長、吉田拓史です。弊社は11月15日をもちまして常時開催型の公募を開始しました。今後は投資家の方々はいつでも弊社に1口15万3,000円で投資できます。 これまで弊社は1口50万円で公募・私募を行ってきましたが、以前からサイズをより細かくしてほしいという要望を頂いていました。 常時開催型の公募のキモは月末〆です。15万3,000円の入札をいただき、それを都度都度、登記する事務コストはあまりにも膨大なため、その月に頂いた入札をすべて月末〆、翌月登記で処理させていただくことで、1口15万円の公募が可能となります。 公募に至るま