マシンプログラミングの登場 機械学習で正誤判定

プログラミング自動化ツールMISIMは、コードの意味を抽出し、コードの書き方を提案し、修正したり、より速く、より効率的にするための方法を提案する。将来人間が自然言語で説明したことをプログラムに変換できるモデルが生まれると期待されている。

マシンプログラミングの登場  機械学習で正誤判定

要点

プログラミング自動化ツールMISIMは、コードの意味を抽出し、コードの書き方を提案し、修正したり、より速く、より効率的にするための方法を提案する。将来人間が自然言語で説明したことをプログラムに変換できるモデルが生まれると期待されている。


コンピュータプログラミングは決して簡単なものではない。今日では、コーダーは、入力中のエラーの検出から、デプロイ前のコードのテストまで、仕事の大部分を自動化する強力なツールの数々を使用している。しかし、1つの愚かなミスがソフトウェア全体をクラッシュさせてしまうことがある。また、システムがますます複雑になるにつれ、バグを追跡することはますます難しくなっている。

だから機械に自動プログラミングさせればいいんじゃないかという意見もある。コード生成の自動化は、ここ数年、ホットな研究テーマとなっている。マイクロソフトは広く使われているソフトウェア開発ツールに基本的なコード生成を組み込んでいるし、フェイスブックはAromaと呼ばれる小さなプログラムを自動補完するシステムを作っているし、ディープマインドは人間が考案したものよりも簡単なアルゴリズムの効率的なバージョンを考え出すことができるニューラルネットワークを開発している。OpenAIのGPT-3言語モデルでさえも、自然言語のプロンプトからウェブページのレイアウトなどの簡単なコードを作り出すことができる。

インテルのマシンプログラミング研究グループのディレクターであるジャスティン・ゴットリッチらはこれを「マシンプログラミング」と呼んでいる。Intel、MIT、アトランタのジョージア工科大学のチームと協力して、ゴットリッチは、自然言語処理(NLP)システムが英語で書かれた段落を読むのと同じように、コードの意味、つまりコードがコンピュータに何をするように指示しているのかを抽出できる「Machine Inferred Code Similarity」(MISIM)と呼ばれるシステムを開発した。

そして、MISIMはコードの書き方を提案し、修正したり、より速く、より効率的にするための方法を提案する。プログラムが何をしようとしているのかを理解するツールの能力により、似たようなことをする他のプログラムを識別することができる。理論的には、このアプローチは、人間の監視や入力を最小限に抑えて、既存のプログラムのパッチワークを利用して、独自のソフトウェアを書いた機械が使用することができる。

MISIMは、多数のオンラインリポジトリから収集したコードの断片を、すでに見た何百万もの他のプログラムと比較することで動作する。なぜなら、非常に異なる方法で書かれた2つのプログラムが同じことをすることがあるからだ。次に、MISIMはニューラルネットワークを使って、似たような意味を持つ他のコードを見つける。ゴットリッチと彼の同僚たちはプレプリント論文で、MISIMはAromaを含め、これを試みた以前のシステムと比較して40倍の精度を持っていると報告している。

しかし、機械学習では、何かがバグであるかどうかを予測することはできない側面がある。それは、何がエラーであるか、エラーではないかをニューラルネットワークに教えるのは、人間がそのようなラベルを付けない限り難しいからだ。

ディープニューラルネットワークとバグ修正に関する興味深い研究がたくさん行われているが、実際にはまだそこには到達していない。一般的なAIバグ検出ツールは、多くの偽陽性を生み出しているという。

MISIMは、バグを直接特定するのではなく、機械学習を利用してプログラム間の類似点を発見することで、この問題を回避している。新しいプログラムを、正しいことがわかっている既存のソフトウェアと比較することで、エラーである可能性のある重要な違いをコーダーに警告することができる。

インテルは、このツールを社内の開発者にコード推薦システムとして使用し、より高速で効率的なコードを書くための代替方法を提案することを計画している。しかし、MISIMは特定のプログラムの構文に縛られていないため、潜在的にできることはもっとたくさんある。例えば、COBOLのような古い言語で書かれたコードをPythonのようなより現代的な言語に翻訳するために使用することができる。これは、米国政府を含む多くの機関が、いまだに保守や更新の方法を知っているコーダーがほとんどいない言語で書かれたソフトウェアに依存しているため、重要なことだ。

最終的に、ゴットリッチは、このアイデアは自然言語にも応用できると考えている。NLPと組み合わせることで、コードの意味をテキスト表現から切り離して扱うことができるようになるので、いつの日か、やりたいことを言葉で記述するだけでソフトウェアを書くことができるようになるだろう、と彼は言う

Photo by Ryan Quintal on Unsplash

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)