public

マーケットデザイン入門

マーケットデザインは無線周波数帯オークション、新人医師のための労働精算所などが最初のベンチマークとなった。市場はそれぞれに異なり、複雑性を含むことから、経済学が扱わなかった工学のアプローチが重要になる。

25 days ago

Latest Post WeChatのミニプログラムは中国ECの最重要顧客獲得チャネル by Takushi Yoshida public

従来の経済学では、市場は単に需要と供給の合流であると考えられていた。「マーケットデザイン」として知られる新しい経済学の分野では、市場がうまく機能しているかどうかは、詳細なルールに依存していることを認識している。たとえば、株式市場も労働市場も、需要と供給が原動力となっているが、企業の株式を売買したい人は、求職者や雇用者とは全く異なる手続きを経ている。

さらに、労働市場では需要と供給は互いに異なる働きをする。医者は弁護士やプロ野球選手、新米MBAのようには採用されない。マーケットデザイナーは、このような違いや、様々な種類の市場がうまく機能したり、うまく機能しなかったりするルールや手順を理解しようとしている。彼らの目的は、特定の市場の仕組みや要件を十分に理解して、市場が壊れているときにはそれを修正し、市場が不足しているときにはゼロから市場を構築することにある。

企業家と経営者、立法者と規制者、弁護士と裁判官、すべてが経済制度の設計に関与している。しかし、1990年代には、経済学者、特にゲーム理論家がデザイン、特に市場のデザインにおいて非常に重要な役割を担うようになった。

ゲーム理論は、「ゲームのルール」を研究する経済学の一部であり、デザインに対処するためのフレームワークを提供している。しかし、デザインには細部への責任が伴うため、複雑さに対処する必要性が生じる。複雑性に対処するためには、特定の市場の制度的な詳細に注意を払う必要があるだけでなく、ゲーム理論の自然な補完として実験経済学と計算経済学(computational economics)を用いる必要がある。

1990年代にはマーケットデザインの試みが社会適用された。注目すべき2つの設計努力は以下の通り。

技術的なレベルでは、これらの市場のそれぞれが、単なる代替品ではなく、互いに補完しあう商品を扱うという問題をデザイナーに提示している。労働市場では、ある特定の仕事が二人組のカップルの一方のメンバーにとってどれだけ望ましいかは、他方のメンバーが同じ都市でどれだけ良い仕事に就けるかに依存する。同様の相補性は、使用者が労働者のグループに対して優先順位を持っている場合にも生じる。

無線周波数帯オークションでは、企業が地理的に隣接するライセンスを取得して、より広い範囲のサービスを提供できるようにしたり、隣接する無線周波数のライセンスを獲得して、より多くのデータを送信できるようにすることができれば、与えられた帯域幅のスペクトラムは、企業にとってより価値のあるものになるかもしれない。また、電力市場では、発電と送電は非常に区別されているが、両方を一緒に消費しなければならない。また、発電はコールドスタートよりも、すでに稼働している発電機からの方が安価に発電できるため、時間の経過とともに、発電と、送電網の稼働を維持するために必要な予備容量のようなさまざまな「補助サービス」との間には補完性がある。これらの相補性は、結果として得られる市場設計において強力な役割を果たしている。

技術的な問題はさておき、これらの設計努力は、市場が設計される文脈に特徴的と思われるいくつかの特徴を共有した。第一に、設計にはスピードが求められることが多いことである。これら3つのケースはいずれも、新しい市場設計の委託から納品までに約1年しか経過していない。第二に、設計は完全に先験的な技術である必要はない。関連する市場の歴史から多くを学ぶことができ、初期の経験に基づいて新しい設計に手を加える機会や必要性がある場合もある。最後に、デザインの仕事の少なくとも一部は、デザインの採用が少なくとも部分的には政治的プロセスであるという事実を反映している。

商品市場の設計

コモディティ(商品)市場は、それ自体が偉大な発明であり、比較的匿名の取引相手と安全に取引を行うことができ、誰が何を得るかを決定するのは価格がすべての作業を行っている。商品市場は、市場の手続きと商品自体の設計の両方を必要とする。シカゴ取引委員会(CBOT)は、「小麦」よりもはるかに正確に定義された商品である米国産小麦ソフトレッド・ウィンターのような商品を取り扱っている。商品の設計においては、政府による規制と民間セクターのアクターによる標準設定の両方の余地がある。

コモディティは、それ以上の検査を受けることなく、また、どのような取引においても取引相手を知ることなく取引することができる。そのため、ビッドとアスクは市場全体に向けて行うことができる。1つの取引に必要な価格は、各商品について1つだけなので、多くの潜在的な参加者の中で比較的少数の商品を取引することが現実的だ。つまり、比較的小さな価格のセットは、大規模なトレーダーのセットの間で市場を働かせることができる。

商品を標準化し、効率的に取引できるようにするためには、コモディティ化の効果を十分に発揮するためにも、ある程度の市場の中央集権化が必要であることに注意する必要がある。中央集権化とはタイムスタンプ付きの入札の追跡を保持し、市場のルールのセットに従って取引を要求し、手配するように、集中管理された注文帳のように、何らかの種類の集中清算機関を含むかもしれない。

したがって、商品市場は特定の市場技術と手順を採用しなければならず、参加者が利用できる戦略は、市場の技術や参加者自身の技術とともに進化する可能性がある。ジェスチャーを使って取引を行う伝統的な金融市場は、大部分が電子取引に取って代わられ、現在では高速アルゴリズム取引が主流となっている。これらの新技術とそれが可能にする高頻度取引戦略(HFT)により、新しい市場デザインが望まれるようになるかもしれない(Budish, Cramton, and Shim 2015)。

オークションとマッチメイキング

コモディティ市場ではない多くの市場はまた、価格発見を介して動作し、(ほぼ)匿名の取引相手の間で取引を行う。例えば、Googleの検索広告オークション(詳しくはこのブログ)は、誰かが検索している各単語のために表示する広告を決定する。すなわち、それは人々の注目(アテンション)のためのオークションである。ウェブサイト上のバナー広告のためのオークションは、オークションされている目玉の以前のウェブ活動についての情報を明らかにするクッキーに基づいて入札を含むことがある。これらのオークションの設計は、スクリーンの繊維の間に実行される高速なものでなければならないことを反映している。

スタンフォード大学教授のPaul Robert Milgromは、米国政府が放送局が所有する無線周波数帯ライセンスを再利用できるように購入して再販することを仲介した「インセンティブ・オークション」の設計について説明している。彼は、無線周波数帯の割り当てには多くの制約があり、それがライセンスを非常に異質なものにし、個々のライセンスのための非人称的な平衡価格の存在を妨げる可能性があると指摘している。このような複雑なオークションでは、入札者をオークションにかけられるライセンスの適切な単位(およびパッケージ)と一致させる必要がある。

そして、多くの市場では、誰と取引するかを気にする。マッチング市場では、たとえそれを買う余裕があったとしても、自分が欲しいものを選ぶだけではなく、自分も選ばれなければならないのである。マッチング市場を提供するマーケットプレイスは、価格発見以上のことができなければならない。

マッチメイキングは古いマーケットデザインの形態であるが、新しいテクノロジーによって、新しい種類のマッチングマーケットが可能になっている。例えば、旅行者とホストをマッチングするAirbnbは、多くの点でインターネット技術の発展であるが、Uberのようなライドシェア市場は、乗客と近くの運転手をマッチングするが、乗客の位置と利用可能な車の位置を知るスマートフォンに依存している。

大学入学市場と労働市場は、マッチング市場の良い例である。物価、つまり授業料や賃金は重要ですが、どの大学に行くか、どの仕事に就くかを決めるものではない。どこで勉強するか、どこで働くかを決めるだけではなく、入学したり、採用されたりしなければならない。そして、候補者は特定の大学や雇用主に応募しますが、小麦先物の売買のように市場全体ではなく、個人にオファーを出す。

マーケットプレイスとタイミングの関係

取引が効率的に行われるタイミングで運営される厚いマーケットプレイスは、参加者が多くの可能性のある取引を比較することを可能にすることで、参加者に公共財を提供している。しかし、どのような公共財でもそうであるように、フリーライドへの誘惑があるため、市場の厚みや効率的なタイミングを失わないためには、しばしば市場を守る必要がある。例えば、市場は時間の経過とともに解けていくことがある。これは、労働市場のオファーが徐々に早くなり、期間が短くなり、時間の経過とともに拡散していくプロセスである(結果として、参加者は重要な情報が入手できる前に、市場で他にどのような機会があるのかを知らずに意思決定をしなければならなくなる)。

早期オファーは、爆発的オファーのように、混雑を予想して発生する可能性がある。複数のオファーをしなければならないと予想している会社は、より多くの時間を確保するために早期に開始したいと思うかもしれない。しかし、それはまた、競合他社よりも先に動きたいという願望から生じることもあり、爆発的オファーと組み合わせることで、競合他社に強い負の外部性を提供することになります(早期オファーの受領者は、早期オファーを受けることを喜ぶかもしれないし、喜ばないかもしれませんが、後のオファーの可能性を待つのではなく、早期オファーを受けることを喜ぶかもしれません)。しかし、市場は多次元的であるが、時間は一次元的であるために、複数の原因から解けなくなると信じるに足る理由はいくらでもある。オファーは後からしかできないし、競合他社よりも後からオファーを出しても、自分たちが採用したいと思っていた候補者に早めにオファーを出すのと同じように、競合他社には影響を及ぼさない。

参考文献

  1. Alvin E. Roth. The Economist as Engineer: Game Theory, Experimentation, and Computation as Tools for Design Economics. Econometrica. 12 December 2003.
  2. Alvin E. Roth."The Art of Designing Markets". HBR(October 2007).
  3. Alvin E. Roth. Marketplaces, Markets, and Market Design.  American Economic Review 2018, 108(7): 1609–1658.
  4. Eric Budish, Peter Cramton, John Shim. The High-Frequency Trading Arms Race: Frequent Batch Auctions as a Market Design Response. The Quarterly Journal of Economics, Volume 130, Issue 4, November 2015, Pages 1547–1621.
  5. Milgrom, Paul. Discovering Prices: Auction Design in Markets with Complex Constraints. NewYork: Columbia University Press(2017).

Photo by Amélie Mourichon on Unsplash

Takushi Yoshida

Published 25 days ago