マーケットプレイス

マーケットプレイスとはインターネット上に存在する物の売り手と買い手が自由に参加できる取引市場。個人と企業の双方の参加での取引ができる。

吉田拓史
無料会員 公開

マーケットデザイン入門

マーケットデザインは無線周波数帯オークション、新人医師のための労働精算所などが最初のベンチマークとなった。市場はそれぞれに異なり、複雑性を含むことから、経済学が扱わなかった工学のアプローチが重要になる。

吉田拓史
無料会員 公開

ドアダッシュ スタンフォード発のフードデリバリー新興企業

ドアダッシュは世界最大級のフードデリバリー新興企業。2019年の最後のラウンドの評価は130億ドルに達した。マーケットプレイスモデルを採用し成長したが、レストラン、客、配達員の三者間マッチングの困難さに加え、利幅の短さに苦しんでいる。

吉田拓史
無料会員 公開

両面市場 ネットワーク効果を引き起こすプラットフォームの構造

両面市場 Two-Sided Market とは、属性の異なる2つのグループが、仲介者を介して取引する市場を指す。仲介者は需要と供給間の価格やマッチングをとりもち、両側の利益を最適化する役割を果たすことが期待される。

吉田拓史
無料会員 公開

Spotifyの両面市場に働くネットワーク効果とそれを促す機械学習

Spotifyは、ナップスターやiTunesの登場以降、収益性が悪化した音楽業界を変えた破壊的かつ救済的なアプリ。このSpotifyから効果的なコンテンツ市場の設計を検討してみよう。

吉田拓史
無料会員 公開

風雲急を告げる東南アジアのオンライン旅行市場:地場ユニコーンに格安航空会社が挑戦状

2025年までに780億ドルに達する東南アジアのオンライン旅行市場。欧米系のBooking.com、Expedia等に加え、地元のTraveloka等のマーケットプレイスモデルのプレイヤーが急成長している。だが、エアアジアという域内最大航空会社が自分たちもマーケットプレイスになると宣戦布告をした。

吉田拓史
無料会員 公開

東南アジアeコマース市場の常軌を逸した成長

東南アジアのeコマース市場は著しい成長の最中にあり投資マネーが急増。Tokopedia、Shopee、Lazadaの三者が地域の覇者へと成長した。三強の背後にはアリババとテンセントの投資がある。