トランプが官邸から持ち去った資料には機密情報が含まれていた
2020年12月5日、ドナルド・トランプ大統領とメラニア・トランプ大統領夫人は、ジョージア州バルドスタへの旅行のためにホワイトハウスを出発する際に、多くの人々に迎えられている。一連の開示により、トランプが退任後に連邦記録法を守っていたか、あるいは機密情報を誤って扱っていたかについて、新たな疑問が生じている。(Pete Marovich/The New York Times)

トランプが官邸から持ち去った資料には機密情報が含まれていた

【ニューヨーク・タイムズ】米国国立公文書館は2月18日、ドナルド・トランプ大統領が昨年の退任時にフロリダの自宅に持っていった資料の中に、機密情報が含まれていたことを確認し、この件について司法省に相談したことを明らかにした。

ニューヨーク・タイムズ

【ニューヨーク・タイムズ、著書:Luke Broadwater, Michael S. Schmidt】米国国立公文書館(ワシントン)は2月18日、ドナルド・トランプ大統領が昨年の退任時にフロリダの自宅に持っていった資料の中に、機密情報が含まれていたことを確認し、この件について司法省に相談したことを明らかにした。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン