メタがトラブルに見舞われる6つの理由
2019年10月23日、ワシントンのキャピトル・ヒルで下院金融サービス委員会で証言するフェイスブックの最高経営責任者、マーク・ザッカーバーグ氏。かつてフェイスブックとして知られていた同社は、1日で過去最大の全滅を喫するなど、大きな波乱に見舞われている。(Pete Marovich/The New York Times)

メタがトラブルに見舞われる6つの理由

【ニューヨーク・タイムズ】メタは、1日で過去最大の時価総額の消失を経験するなど、大きな波乱に見舞われている。ここではトラブルに見舞われている6つの理由を紹介する。

ニューヨーク・タイムズ

【ニューヨーク・タイムズ、著者:Mike Isaac】以前はフェイスブックとして知られていたメタは、2月上旬に株価が26%下落し、市場価値が2,300億ドル以上も急落するという、1日では過去最大の被害を受けた。

1月に発表された決算報告では、CEOのマーク・ザッカーバーグが、ソーシャル・ネットワーキングからメタバースと呼ばれる仮想世界への移行をどのように進めているかを説明したが、それに続いての暴落だった。同時期には、同社のスポークスマンが決算発表時の発言を繰り返し、それ以上のコメントは控えた。

メタが苦境に立たされている6つの理由は以下の通りだ。

ユーザー成長が限界に達している

フェイスブックのユーザー数が急増していた時代は終わった。

水曜日には、インスタグラム、Messenger、WhatsAppを含む、いわゆるアプリのファミリー全体で新規ユーザー数が小幅に増加したものの、中核となるフェイスブックのソーシャルネットワーキングアプリは、第4四半期に前四半期から約50万人のユーザーを失った。

このような減少は、フェイスブックの18年の歴史の中で初めてのことであり、この間、フェイスブックは事実上、新規ユーザー数を増やす能力によって定義されてきた。

この落ち込みは、コアアプリがピークに達したかもしれないことを示している。メタの四半期のユーザー増加率は、少なくとも過去3年間で最も低いものになった。

メタの幹部は、まだ大きな収益を上げていないメッセージングサービスWhatsAppの資金調達のための蛇口をひねるなど、他の成長機会を指摘している。しかし、これらの取り組みはまだ始まったばかりだ。

投資家たちは次に、インスタグラムなどのメタの他のアプリがユーザー数の増加でトップに立ち始めるかもしれないかどうかを精査する。

アップルの変化がメタを制限

昨年の春、アップルはモバイルOSに「App Tracking Transparency」というアップデートを導入した。これにより、iPhoneの所有者は、フェイスブックなどのアプリに自分のオンライン活動を監視させるかどうかを選択できるようになった。このようなプライバシーに関する動きは、メタのビジネスに打撃を与えており、今後もそうなる可能性がある。

フェイスブックやその他のアプリは、自分の行動を追跡する許可を明示的に求めなければならないため、多くのユーザーがこれを拒否している。これは、フェイスブックにとってユーザーデータの減少を意味し、同社の主要な収益源のひとつである広告のターゲティングがより困難になる。

さらに辛いのは、iPhoneユーザーは、フェイスブックの広告主にとって、例えばAndroidアプリのユーザーよりもはるかに有利な市場であるということだ。iPhoneを使ってインターネットにアクセスする人は、通常、モバイル広告から提供される製品やアプリに、より多くのお金を費やす。

メタは決算発表当日、アップルの変更により、来年1年間で100億ドルの収益を失うと明らかにした。

同社は、アップルのシフトに憤慨し、顧客獲得のためにソーシャルネットワーク上の広告に依存している中小企業にとって悪い影響を与えると述べている。しかし、アップルがプライバシーに関する変更を撤回する可能性は低く、メタの株主もそれを知っている。

グーグルはオンライン広告のシェアを奪っている

メタのトラブルは、競合他社にとっては幸運だった。

メタの最高財務責任者であるデイビッド・ウェフナーは、アップルの変更によって広告主がユーザーの行動に対する可視性を失ったため、多くの広告主が広告予算を他のプラットフォームにシフトし始めたと指摘した。具体的にはグーグルだ。

同じ週にあったグーグルの決算発表では、特にEコマースの検索広告で記録的な売上を報告した。これは、2021年の最後の3ヶ月間にメタを苦しめたのと同じカテゴリーだ。

メタとは異なり、グーグルはユーザーデータをアップルに大きく依存していない。

ウェフナーは、グーグルがメタの広告プラットフォームよりも「測定と最適化を目的としたはるかに多くの第三者データ」を持っている可能性が高いと述べた。

彼はまた、グーグルがアップルのSafariブラウザのデフォルトの検索エンジンになるというアップルとの契約についても指摘している。つまり、グーグルの検索広告はより多くの場所に表示され、広告主にとって有益なデータをより多く取り込む傾向があるということだ。これはメタにとって長期的には大きな問題であり、特により多くの広告主がグーグルの検索広告に切り替えればなおさらだ。

TikTokとReelsは難問を抱えている

この1年以上、ザッカーバーグはTikTokがいかに手強い敵であるかを指摘してきた。TikTokは、中国で開発されたアプリで、共有性が高く、不思議なほど中毒性のあるショートビデオの投稿により、10億人以上のユーザーを獲得している。そして、メタのインスタグラムと眼球と注目をめぐって激しく競い合っている。

メタは、「Instagram Reels」と呼ばれる動画製品機能でTikTokを模倣している。ザッカーバーグは2月上旬に、人々のインスタグラムのフィードに目立つように配置されている「Reels」(リール)は、現在、アプリ全体でエンゲージメントのNo.1ドライバーであると述べた。

問題は、リールがユーザーを惹きつけていても、ストーリーズやメインフィードなど、インスタグラムの他の機能ほど効果的にお金を稼げないことだ。というのも、動画広告は、ユーザーがスキップして見過ごしてしまう傾向があるため、収益化には時間がかかるからだ。つまり、インスタグラムが人々にリールを使うように働きかければ働きかけるほど、そのようなユーザーに対する収益が減る可能性があるということだ。

ザッカーバーグはこの状況を、数年前にインスタグラムがスナップチャットのクローンであるStories機能を導入したときの似たような時期と比較した。その製品もデビュー当時は、広告費が最終的にはついてきたものの、同社にとってはそれほど大きな利益にはなるんかっ">でした。それでも、Reelsがあの魔法を繰り返すことができるという保証はない。

メタバースへの支出はボンヤリしている

ザッカーバーグは、インターネットの次世代はメタバースであると確信している。メタバースとは、人々がさまざまな仮想現実や拡張現実の世界を行き来するという、まだ曖昧で理論的な概念だが、彼はそれに巨額の費用を投じることを厭わない。

昨年の支出は100億ドルを超えた。ザッカーバーグは、今後もさらなる支出を見込んでいる。

しかし、この賭けが功を奏するという証拠はない。

2012年にフェイスブックがモバイル端末に移行したのとは異なり、仮想現実(VR)の利用はまだニッチな趣味の人たちのもので、実際に主流になるまでには至っていない。また、拡張現実(AR)ヘッドセットの普及も、数年どころか数カ月先の話だ。

要するに、ザッカーバーグは従業員、ユーザー、投資家に対して、自分と自分のメタバースのビジョンを信頼してほしいと言っているのだ。それは、今後数年間で会社に何十億もの費用がかかり、実現しないかもしれないものに対する大きなお願いだ。

独禁法の亡霊が立ちはだかる

ワシントンの規制当局がザッカーバーグの会社を狙ってくるという脅威は、消えない頭痛の種となっている。

メタは、新たに攻撃的になった連邦取引委員会(FTC)や複数の州の検事総長を含む複数の調査に直面しており、反競争的な行動をとっていないかどうかを調べられている。また、反トラスト法を制定しようとする議会の動きにも、議員たちが合流している。

ザッカーバーグは、メタがソーシャルネットワークを独占しているわけではないと主張している。ザッカーバーグは、メタがSNSを独占しているわけではないと主張し、TikTok、アップル、グーグル、そして将来の競合他など、「前例のないレベルの競争」と呼ぶものを猛烈に指摘している。

しかし、反トラスト法の脅威により、メタが新しいソーシャルネットワーキングのトレンドに乗ることは難しくなっている。

Original Article: 6 Reasons Meta Is in Trouble. © 2022 The New York Times Company.