マイクロソフトは21日、世界最大級のゲーム開発者およびパブリッシャーであるBethesda Softworks(ベセスダ)の親会社であるZeniMax Mediaを買収する計画を発表した。

『The Elder Scrolls』や『Fallout』など、絶賛され、ベストセラーとなったゲームフランチャイズの制作者であるベセスダは、ゲーム、技術、才能、そして大ヒット商品の商業的成功の実績という素晴らしいポートフォリオをXboxにもたらしている。今回の契約条件では、マイクロソフトはZeniMax Mediaを現金75億ドルで買収する。

マイクロソフトのゲーム戦略は、コンテンツ、コミュニティ、クラウドへの独自の投資により、人々が好きな場所で好きな人と好きなゲームをプレイできるようにすることで、他とは一線を画している。ゲームはゲームの主要な成長エンジンであり、ゲームは、1,500万人以上の加入者数を達成したXbox Game Passのような新しいクラウドゲームサービスを後押ししている。ベセスダが加わったことで、マイクロソフトは15のクリエイティブスタジオチームから23のクリエイティブスタジオチームへと成長し、ベセスダの象徴的なフランチャイズをXbox Game Passに追加していくことになる。これには、ベセスダゲームスタジオが現在開発中の待望の新作宇宙大作「Starfield」のように、Bethesdaの将来のゲームをXboxやPCで発売された日にXbox Game Passに追加するというMicrosoftの意図も含まれている。

この買収計画には、Bethesda Softworks、Bethesda Game Studios、id Software、ZeniMax Online Studios、Arkane、MachineGames、Tango Gameworks、Alpha Dog、Roundhouse Studiosなど、世界中に広がるパブリッシングオフィスや開発スタジオが含まれており、2,300人以上の従業員が働いている。Bethesdaのフランチャイズには、The Elder Scrolls、Fallout、DOOM、Quake、Wolfenstein、Dishonoredなどがあり、絶賛され、ベストセラーとなっている。

ベゼスダの親会社であるZeniMax Mediaは、1999年に会長兼CEOのRobert A. Altmanによって設立された。

マイクロソフトは、この買収は2021会計年度の下半期に完了し、2021会計年度と2022会計年度の非GAAP営業利益への影響は最小限になると予想している。非GAAPベースでは、パーチェス会計の調整、統合および取引関連費用の影響が予想されますが、これは除外されている。

マイクロソフトのCEOであるサティア・ナデラは、「ゲームはエンターテインメント業界の中でも最も広がりのあるカテゴリーです。"マインクラフトからフライトシミュレータまで、質の高い差別化されたコンテンツがXbox Game Passの成長と価値を支えています。ベセスダは、実績のあるゲーム開発者およびパブリッシャーとして、あらゆるカテゴリーのゲームで成功を収めてきましたが、我々は共に、世界中の30億人以上のゲーマーに力を与えるという野心をさらに高めていきます」とステートメントで語っている。

ベセスダなどのゲームスタジオの親会社であるゲームメーカーZeniMax Mediaを買収することで、マイクロソフトはThe Elder Scrolls、Fallout、Doom、Quake、Wolfensteinなどの主要なゲームタイトルの知的財産(IP)を獲得した。この契約により、マイクロソフトとソニーが新世代のゲーム機を発売する7週間前にゲームカタログを充実させると同時に、ゲームの質でソニーに遅れをとっているという批判に対抗することが可能になった。

ゲーマーの間では、マイクロソフトのXboxのゲーム機には、ソニーがプレイステーションの主要なセールスポイントとしてアピールしているような、独占的で高品質なゲームが不足しているとの不満が長い間寄せられてきた。何年もの間、ソニーはマイクロソフトよりも多くのゲームスタジオを所有していた。しかし、昨年, マイクロソフトはソニーを追い越し、ソニーの14スタジオに対し、15スタジオを所有するようになった。月曜に発表された今回の買収により、マイクロソフトは23のゲームスタジオを保有することになり、世界で最も人気のあるフランチャイズのいくつかを支配することになった。

マイクロソフトは、新たに買収したゲームのうち何本がXboxに独占的に提供されるかについては明言しなかったが、同社のゲーム担当上級副社長であるフィル・スペンサーの発言を指摘しており、同氏はブルームバーグのインタビューで、ゲームは「ケースバイケース」で他のゲーム機にも提供されると述べている。

2014年に25億ドルでマインクラフトに投資したとき、人々はマイクロソフトが狂っていると考えたが、しかし、それが収益とブランド認知度の両方でZ世代の間でリターンを得ることが判明した。

11月10日にXboxシリーズXをリリースするマイクロソフトは、コンソールの総収益で長い間ソニーに後れを取っている。ソニーは、1994年に発売された初代プレイステーション、プレイステーション2、プレイステーション4の3つの最も売れている個人の家庭用コンソールを生産している。マイクロソフトは、より競争力を高めるために、Netflixスタイルのゲーム配信サービス「Xbox Game Pass」や、Android携帯電話でXboxのゲームをプレイできる新サービス「xCloud」などの機能で、ユーザーがデバイスをまたいでゲームをプレイできる柔軟性を強調してきた。それは、将来のベセスダのゲームは、コンピュータとXboxコンソールでリリースされたのと同じ日に、Xbox Game Passで利用できるようになると述べた。

ソニーの対応が問われている。マイクロソフトが所有する2つの新作ゲーム、『Deathloop』と『Ghostwire: Tokyo』は当初、ソニーの発売予定の「プレイステーション5」で独占的に発売される予定だった。スペンサーはBloombergに、Xboxはこの契約を尊重すると語っていますが、この問題はマイクロソフトがソニーが大切にしているゲームの枠にどれだけ深く切り込んでいるかを示している。

クラウドゲームの優位性

マイクロソフトはここ数年、アメリカやヨーロッパの様々な独立系ゲーム開発会社を買収している。ZeniMaxを買収したことで、マイクロソフトはXbox Game Studiosのネットワークを15から23まで拡大し、id Software (Doom, Quake)、Arkane (Dishonored, Prey, 近日公開予定のDeathloop)、Tango Gameworks (The Evil Within, 近日公開予定のGhostwire: Tokyo)、モバイルゲームスタジオAlpha Dog (Monstrocity: Rampage)、MachineGames (2014年以降のWolfensteinゲームのすべて)などが含まれている。

Minecraft、Doom、Halo、Fallout、The Elder Scrolls、Battletoads、Killer Instinct、Psychonauts、Age of Empires、Wolfenstein、Wasteland、Perfect Dark、Hellbladeなどを1つの会社が所有することになる。ビデオゲーム業界の中でトップタイトルのリストを作った場合、マイクロソフトは簡単にそれらの4分の1を所有していることになる。開発会社やパブリッシャーはIPを構築するために数十年と数世代を費やしてきたが、マイクロソフトは潤沢なキャッシュでそれを手元に引き寄せたことになる。

Xbox Game Passは、現代のビデオゲーム業界で最もお得な料金設定となっている。インディーゲームの品揃え、いくつかのAAおよびAAAサードパーティ基準のゲーム、そして Xbox Game Studios のすべてのリリースへのデイワンアクセスの間で、購読料のために多くのものを得ることができる。発売日にゲームパスに次の大きなベセスダのゲームを追加することで、その優位を拡大することは間違いがない。

オープンワールドのゲームでは、Xbox Game Passを「ゲームのためのNetflix」というよりも、「買う前に試してみる」という究極の意味でのサブスクリプションと考える方が理にかなっている領域に押し込んでいる。『Skyrim』や『Fallout 4』は、飽きたら終わりのゲームであり、何百時間もかけてプレイしてきたゲームであり、そのようなタイプのゲームであれば、加入者が有機的にゲームに飽きる前にGame Passのローテーションから離れる可能性が高い。Xboxのハードドライブにゲームパスのタイトルをインストールする必要はあるが、その後もプレイ可能なのはパスに登録している間だけで、購読している間だけだ。

Image by ベゼスダ