Microsoft、BingにChatGPTを統合か

Microsoftは、Googleに対抗するため、OpenAIのChatGPTをBingに統合しようとしていると報じられた。3月末までにChatGPTを搭載したBingのバージョンを立ち上げる可能性がある。

編集部

Microsoftは、Googleに対抗するため、OpenAIのChatGPTをBingに統合しようとしていると報じられた。

The Informationの報道によると、2019年にOpenAIに10億ドルを投資したMicrosoftは、3月末までにChatGPTを搭載したBingのバージョンを立ち上げる可能性があるという。Bingが検索結果の一覧を返すだけでなく、ユーザーの検索に関する質問に人間のように回答することも可能にするかもしれないという。

OpenAIは、昨年11月に会話形式で対話するChatGPTを発表し、無料で試せるよう公開したことで話題を呼んだ。ユーザーは質問を入力すると、対話形式で返答を得ることができる。

Microsoftが2019年に行ったOpenAIへの最初の投資では、GPTの一部の要素をBingに統合することで合意している。

Microsoftは、GPTの導入により、検索市場におけるGoogleの圧倒的なリードを切り崩すことを期待している。Googleは、市場の90%以上を所有しており、Bingのわずか3%とは対照的だ。

Microsoftの企業向け顧客アプリの一部には、OpenAIの技術が統合されている。また、GPT-3やDall-E 2は、Azureのサーバーや計算機のレンタル事業の一環として、企業顧客向けに提供している。

ML