イーロン・マスク、バイデン政権が炭素税の提案を却下したと発言

イーロン・マスクによると、彼はバイデン政権に再生可能エネルギーへのシフトを促進するための方法として炭素税を設定することを提案したが、彼はそのアイデアが「政治的に難しすぎる」と言われたという。

イーロン・マスク、バイデン政権が炭素税の提案を却下したと発言

イーロン・マスクによると、彼はバイデン政権に再生可能エネルギーへのシフトを促進するための方法として炭素税を設定することを提案したが、彼はそのアイデアが「政治的に難しすぎる」と言われたという。

ムスクは11日に公開されたコメディアンで有名ポッドキャスターのジョー・ローガンとの新しいポッドキャストの中で、バイデン政権との会話を説明した。マスクはローガンとの番組収録中にマリファナを吸引して物議を醸したこともある。

ローガンは、バッテリー駆動車の採用を増やすために新しい技術的なブレークスルーが必要かどうかをマスクに尋ねたところ、マスクは、化石燃料から再生可能エネルギーにシフトするためには、「とんでもない量のバッテリーが必要だ」というのが大きな問題だと主張した。そのシフトを促進する最善の方法は、マスクの見解では、「炭素に価格をつけること」だった。

「私の一番のお勧めは、正直言って炭素税を導入することだ。海や大気のCO2容量に対してお金を払っていないので、経済学では価格のつかない外部性と呼ばれるものがある。市場は価格の付かない外部性に対応することができない。もし価格を付ければ、市場は賢明な方法で反応するでしょう」。

マスクは、消費者が税金を支払うべきであり、低所得者にはリベートを提供できると提案した。炭素税は、テスラの電気自動車の競争力をさらに高めるのに役立つ可能性があるが、スペースX(現在、ロケットの燃料としてテキサス州の天然ガス田を取得しようとしている)は追加のコストを支払う必要があるだろうと、ムスクは述べている。

マスクが炭素税を主張したのはこれが初めてではない。ブルームバーグの2017年の報道によると、マスクはトランプ政権との初期の会議中にアイデアを浮かんだと報じられているが、「ほとんど、あるいは全く支持を得られなかった」とのことだ。

マスクは以前、炭素税を主張し化石燃料産業に対する「反乱」を訴え、石油大手が政府と共謀していると非難したこともあった。しかし、彼はローガンのポッドキャストで、彼は「石油・ガス産業を悪者にすることに賛成していない。なぜなら、それはそれで働く人々を動揺させるだろうし、また、その操業を完全に停止することは、誰もが "基本的には飢え死にするだろう"ことを意味するからだ」と語った。

「石油やガスにキャリアの全てを費やしてきた人たちがいるが、そのキャリアを始めたのは、それがそれほど悪いことではないと思われていた頃だ。そうすると、『俺は有用なことをするために一生懸命働いてきたのに、お前は俺が悪魔だと言うのか』と言われる。それは彼らをかなり動揺させるだろう。正直なところ、石油・ガス業界ができる最も賢明なことは、『炭素税をやろう』と言うことでだ。炭素税をやれば 悪魔ではなくなるということだ」。

Photo: "Tesla CEO Elon Musk, Sun Valley Idaho, Allen & Company Conference, July 2015"by Thomas Hawk is licensed under CC BY-NC 2.0

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou, 太郎.

月額制サポーター

Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。
Takushi Yoshida is creating writing/journalism | Patreon
Patreon is a membership platform that makes it easy for artists and creators to get paid. Join over 200,000 creators earning salaries from over 6 million monthly patrons.

投げ銭

投げ銭はこちらから。金額を入力してお好きな額をサポートしてください。

https://paypal.me/axionyoshi?locale.x=ja_JP

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)