Netflix、予想を下回る加入者減 広告版開始は2023年前半を目標
Photo by Venti Views 

Netflix、予想を下回る加入者減 広告版開始は2023年前半を目標

Netflixは、最新の第2四半期決算報告で、前四半期に10年以上ぶりに加入者数が減少したと報告した。3月末から6月末までの間に米国とカナダだけで128万人の減少を含め、全世界の加入者数が100万人減少していることが明らかになった。

編集部

Netflixは、最新の第2四半期決算報告で、前四半期に10年以上ぶりに加入者数が減少したと報告した。3月末から6月末までの間に米国とカナダだけで128万人の減少を含め、全世界の加入者数が100万人減少していることが明らかになった。

これは、全世界で200万人の減少というアナリスト予想よりは良いが、米国とカナダでの加入者の減少は、第1四半期に報告した60万人の減少の2倍である。Netflixは現在、米国とカナダで7328万人、全世界で2億2067万人の有料会員を擁していると報告している。

「投資家への手紙」の中で、Netflixは、現在のプランが広告なしのままであることを強調している。Netflixの幹部は、広告付き階層の見通しについて楽観的であり、「長期的には、広告によって(価格の低下による)会員数の大幅な増加と(広告収入による)利益の増加が可能になると考えている」と書いている。

「我々の望みは、消費者にとってはよりシームレスで関連性が高く、広告パートナーにとってはより効果的な、リニアTVよりも優れた広告モデルを作ることだ」

しかし、コンテンツライセンス契約の関係で、その広告付きプランで全てのコンテンツが利用できるわけではない。Netflixの共同CEO兼チーフ・コンテンツ・オフィサーであるテッド・サランドスは、決算説明会で、新階層の開始までに「Netflixで視聴される作品の大半は、現在、広告付きコンテンツに含めることができます。いくつかのものについては、我々はスタジオと会話している」広告付きプランの立ち上げは「2023年の前半頃」を目標にしているという。

NetflixのCFOであるスペンサー・ノイマンも、広告の拡大に伴うコストアップの可能性を軽視している。「コンテンツクリアランスの権利なしで今日からスタートできる」と彼は言った。外部パートナーとの話し合いは進行中だが、ノイマンはアナリストに「我々は規律正しく行動する」と断言した。