6月4週のニュースまとめ

世界中で大手テクノロジー企業の締め付けが進む

6月4週のニュースまとめ

平日朝 6 時発行のAxion Newsletterは、デジタル経済アナリストの吉田拓史(@taxiyoshida)が、最新のトレンドを調べて解説するニュースレター。同様の趣旨のポッドキャストもあります。登録は右上の「Subscribe」ボタンから。

北米・欧州

  1. Amazonによる85億ドルでのMGMスタジオ買収は、米連邦取引委員会(FTC)の審査を受けることになった。長年にわたってAmazonを批判し、最近FTCの議長に就任したリナ・カーンが、この取引を監督することになった。
  2. 欧州委員会は、検索大手のGoogleが自社のオンラインディスプレイ広告技術を競合他社よりも不当に優遇しているかについて、Googleに対する正式な反トラスト調査を開始したと発表した。この調査では、Googleがユーザーデータへのアクセスを競合他社に不当に制限していないかどうかも調査される。
  3. ドイツの独占禁止法監視当局は、アマゾンが優越的地位の濫用をしたかを調査。同様にAppleのApp Storeにおける慣行についても調査を開始した。
  4. ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、中国におけるLinkedInのサービスが、同国に関するセンシティブな内容を投稿する大学院生や学者を含むユーザーのコンテンツをブロックするケースが増えていると報じた
  5. Spotifyは、クラブハウスに対抗するために、オーディオ専用アプリGreenroomを立ち上げた。このアプリは、競合他社と同様に「Room」と呼ばれるエリアでライブの会話を楽しむことができる。
  6. ブルームバーグによると、Amazonが自動運転トラック技術の新興企業であるPlusから1,000台の自律走行システムを購入したと、中国企業が規制当局に提出した書類の中で述べている。
  7. Shopifyは、新しいターゲティングツールを使って、広告の分野に大きく進出する予定だ。同社は、170万の企業から得たデータを使って、広告主がFacebookやGoogleの広告をターゲットにできるようにする。
  8. Instacartは、直接上場を検討する中で、大手企業のトップエグゼクティブを引き抜いている。Uberのマーケティング担当者がブランド・マーケティング担当VPとして入社するほか、Facebookの元広告営業担当者がInstacartへ入社する見込み。
  9. 英メディアITVの調査報道によると、Amazonのスコットランドの倉庫では、Macbook、フェイスマスク、テレビなど、週に13万点もの商品が破棄されている。スコットランドの倉庫では、毎年数百万個の売れ残り商品が破棄されているそうだ。
  10. Amazonは、6月21日と22日のAmazonプライムデーに、米国本土のプライム会員に対して、ゲームストリーミングサービス「Luna」へのアクセスを、すべてのAmazonプライム会員に開放した。

中国・アジア

  1. Ant Groupは、信用スコア(芝麻信用)のデータを複数の国営企業に共有し、政府・中銀の監督の下、官製信用スコアを提供する合弁会社を設立する交渉をしているという。芝麻信用が政府のものにマージされる可能性もあるかもしれない。
  2. 中国の自律走行車企業WeRideは、ルノー・日産・三菱が運営する戦略的ベンチャーキャピタルファンドであるAlliance Ventures等からの3億1000万ドルの投資を受けたと発表。WeRideは、5か月足らずで6億ドル以上を調達。
  3. ロイターによると、このほど米国で新規株式公開を申請した中国の大手オンライン食料品アプリ「Dingdong Maicai」と「Missfresh」は、IPOでそれぞれ60億ドル、38億ドルの企業価値を目標としている。
  4. 中国のトラック配車最大手、満幇集団(Full Truck Alliance)がNYSEに上場した。目論見書によると、昨年のNet Revenueは3億9,600万ドルで、5億3,200万ドルの損失を計上している。利用者、GTVは堅調に成長しているものの、黒字化できるかが焦点。
  5. SCMPは、ByteDanceがTikTokとして知られる人気のショートビデオアプリDouyinのウェブ版を国際的に展開し始めたと報じている。モバイルアプリだけでは成長が望めない中、ウェブで新規ユーザーの獲得を目指しているようだ。
  6. テスラは、中国を横断する3,100マイルのスーパーチャージャールートを発表した。中国の歴史的に有名なシルクロードに沿っているルートには、合計27のスーパーチャージャーステーションが設置されている。
  7. 中国の電気自動車メーカーであるXpeng Motorsは、本日、香港証券取引所への二次上場の承認を受けた。同社は現在、ニューヨーク証券取引所に上場しており、時価総額は300億ドルを超えている。

インド

  1. Twitter、Google、Facebookの3社は、今年以降、国内での法人税額が急増する可能性があると関係者は語っている。Economic Timesが報じた。
  2. 火曜日に出された命令によると、インド競争委員会(CCI)は、Googleがインドのスマートテレビ機器のライセンス可能なOSの市場において支配的であると一応の見解を示し、Googleに対する調査を開始した。
  3. インドのデジタル決済新興企業BharatPeは、Tiger Globalが主導する新たな資金調達ラウンドで約2億5000万ドルを調達する交渉が進んでいると、この件に詳しい2人の関係者がTechCrunchに語った。
  4. インドの新たな電子商取引規則は、すべてのオンライン小売業者にとってコスト増となるが、特にアマゾンとウォルマートのFlipkartにとっては事業構造の見直しが必要となる可能性があると、業界関係者がロイター通信に語った
  5. Bytedanceは、TikTokのインド市場への再エントリーについてインド政府と交渉しているとEconomic Timesが報じた。

日本

  1. 不法残留している外国人らを配達員として雇い、不法就労を助長したとして、警視庁組織犯罪対策1課などは22日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、食事宅配サービス「ウーバーイーツ」を運営していた日本法人「Uber Japan」の当時の女性代表とコンプライアンス担当だった女性社員の2人と、法人としての同社を書類送検した。
  2. 東京大学と東芝は、1円玉大に小型化した電子基板で外部のモーターを駆動できる装置を開発した。IoT向けで、複数の部材を組み合わせれば容易にシステムを試作できるようにしたのが特徴だ。

Photo by Kyle Johnston on Unsplash

📨ニュースレター登録とアカウント作成

ニュースレターの登録は記事の下部にある「Sign up for more like this」か右上の「Subscribe」ボタンからサインアップをお願いします。あるいはこちらから。

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 太郎, bantou, shota0404, Sarah_investing, Sotaro Kimura, TAMAKI Yoshihito, kanikanaa, La2019, magnettyy, kttshnd, satoshihirose, Tale of orca.

寄付サブスク (吉田を助けろ)

吉田を助けろ(Save the Yoshi!)。運営者の吉田は2年間無休、現在も月8万円の報酬のみでAxionを運営しています。月10ドル支援したいと考えた人は右上の「Subscribe」のボタンからMonthly 10ドルかYearly 100ドルご支援ください。あるいは、こちらから。こちらは数量が99個まで設定できるので、大金を支援したい人におすすめです。

その他のサポート

こちらからコーヒー代の支援も可能です。推奨はこちらのStripe Linkです。こちらではない場合は以下からサポートください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。
Takushi Yoshida is creating writing/journalism | Patreon
Become a patron of Takushi Yoshida today: Get access to exclusive content and experiences on the world’s largest membership platform for artists and creators.

投げ銭

Betalen Yoshida Takushi met PayPal.Me
Ga naar paypal.me/axionyoshi en voer het bedrag in. En met PayPal weet je zeker dat het gemakkelijk en veiliger is. Heb je geen PayPal-rekening? Geen probleem.