6 articles

アントグループ22兆円上場の衝撃

アントグループが時価総額2000億ドルでのIPOの手続きを開始した。フィンテックの最先端を行く同社の規模は、700億ドルのゴールドマン・サックスなどのレガシー金融機関を大きく凌駕しており、長期的な成長性を考えると差は著しく着いた。世界は、金融がユーザー基点のサービスとして変身する過程の重要な不可逆点を通過した。 [...]

Takushi Yoshida

TikTokの落とし穴: 高まる政治リスク

Bytedanceの創始者である張一鳴(Zhang Yiming)は、政治的圧力を和らげるため、ショートビデオアプリTikTokをグローバル市場にローカライズするためにできる限りのことをしてきた。しかし、TikTokの影響力の高まりと中国と欧米、インドの緊張の高まりは、これまでにない厳しい政治リスクを生み出しており、Bytedanceの国際展開を窮地に陥れている。 [...]

Takushi Yoshida

拼多多がアリババに肉薄

アリババは10年以上にわたり、中国のオンラインショッピングの頂点であり続けている。しかし、競合である拼多多の急速な成長は、市場でのシェアが保証されていないことを示唆している。これまで中国の電子商取引がターゲットとしなかった地方都市や農村部への注力に加え、ユーザーの粘着性を高める様々な施策が拼多多の急成長の源だ。 [...]

Takushi Yoshida

メディアビジネス全域にサブスクの波

ニュース、エンターテイメント、ゲームのいずれの分野であっても、メディア企業は定期収入型ビジネスを構築または拡大している。消費者自身がメディア消費をより積極的に管理したいと考え、ケーブル・バンドルから、サブスクリプションに転換している。 [...]

Takushi Yoshida

新型コロナが導いたゲーム産業の大躍進

ゲームビジネスでは定額制やマイクロトランザクション等の新しいビジネスモデルが顕在化し、ゲーム内経済のような魅力的なゲームデザインの方法が発達している。そして、それを新型コロナの感染は、著しくドライブしている。ゲームがゲームだけにとどまらない役割を増しつつある。 [...]

Takushi Yoshida

"アフターコロナ"のオンライン消費行動の変化をどう予測するか?

コロナは世界中で消費行動に大きな衝撃を与えた可能性がある。日本ではコンテンツ配信とEC消費がロックダウン期間の終盤まで伸び続けており、封鎖解除後の動きに注目が集まる。中国ではロックダウン期間で、オンライン消費への傾斜が見られ、その効果は、都市封鎖解除以降もある程度残っていることがわかった。 [...]

Takushi Yoshida
Newsletter
You've successfully subscribed to Axion デジタル経済メディア