次の標的はライブ配信か 共産党機関紙が規制訴える

奇行を煽るアルゴリズムに「不快感」

次の標的はライブ配信か 共産党機関紙が規制訴える
Photo by Solen Feyissa on Unsplash

要点

国営メディアがライブ配信のビジネスモデルを非難し規制を訴えたため、次の標的に定まったとの観測が支配的だ。共産党は世界中でこのビジネスで大儲けしているバイトダンスにどのような罰則を与えるだろうか。


共産党機関紙の「経済日報」は5日、中国のライブ配信市場では、低俗なコンテンツや低レベルのエンターテインメントの蔓延を防ぐために、より厳しい規制が必要であると論説記事を書いた。

北京字節跳動科技(バイトダンス)、快手、ビリビリといった企業に対する北京の監督が強化される可能性があるという新たなシグナルととられている。

中国共産党中央委員会の直属機関紙である経済日報によると、現在約1億3,000万のライブストリーミングビデオアカウントがあるこの市場は、「事業者は誰ができるだけ下品になれるかを競い、トラフィックの流れを争うゲーム」になっているという。「この問題を、ライブストリーマーの不適切な行動のせいにして、プラットフォームの不適切な配信メカニズムを無視するだけでは、的外れになってしまう」「プラットフォームが(高品質なコンテンツよりも)トラフィックの流れを優先すれば、低品質で下品で迎合的なライブストリーミングビデオのアカウント群を生み出すことになるのは間違いない」としている。

共産党の機関紙「人民日報」に転載されたこの意見書は、中国のトッププロパガンダ機関が最近、オンラインコンテンツ配信におけるアルゴリズムの役割を制限するキャンペーンを開始したことを受けて発表されたもの。

経済日報の記事では、中国のライブストリーミング動画市場に参入している企業は特定されていなかったが、投資家はこれをヒントにした。短編動画共有アプリを運営する快手の株式は15.3%急落し、木曜日の香港での終値は89.10香港ドルとなった。快手の株価は、2月の417香港ドルをピークに、過去3四半期にわたって下落している。YouTubeの中国版とも言われるビリビリの株価は、3.2%下がって628香港ドルとなり、3月29日に800香港ドルで取引を開始して以来の最安値を記録した。

経済日報の記事は、雲南省南部の西双版納にある孟陽子自然保護区の住処を離れ、新たな生息地を求めて500キロ北上したゾウの群れについて、地元で大きく報じられたニュースを引用している。

「一部のライブストリーマーは、象の残飯を食べるストリーミングセッションを行っていた」と同紙は伝えている。「それは目障りで、他の多くのユーザーに不愉快な思いをさせた」

このコメントは、最も人気のあるコンテンツ制作者にオンライントラフィックの流れを誘導する、ライブ配信動画プラットフォームのビジネスモデルに疑問を投げかけている。一般的に、ライブ配信者が多くの視聴者を集めることができれば、そのコンテンツ制作者は、プラットフォームからの収入、視聴者からのチップ、あるいはオンラインショップでの商品販売など、より多くの収入を得ることができる。

人民日報は「プラットフォーム企業は、コンテンツとトラフィックの関係を整理し、正しい価値観に立ち返る必要があるだろう」と解説している。

この記事は、北京が監視を強化している国内のインターネット業界に再びスポットライトを当てています。工業情報化省は最近、インターネット業界の問題点を一掃するための新たなキャンペーンを全国的に展開している。

1月には、TikTokのオーナーであるByteDanceが運営する「TikTok」の中国版「抖音(ドウイン)」が「わいせつ、ポルノ、下品な情報」を拡散したとして規制当局から罰金を科せられた。

北京を拠点とするバイトダンスは、政府の監視を受けていることで知られている。2018年、規制当局は、同社の人気ニュースプラットフォーム「今日頭条」に対し、「下品」とみなされるストーリーや写真、ショートビデオを定期的に投稿していた外部コンテンツプロデューサーのNeihan Duanziが運営するアプリを停止するよう命じた

しかし、抖音と快手は、それぞれのプラットフォームでコンテンツのクリーンアップに取り組んでいることを定期的に報告している。先週、快手はWeChatの公式アカウントで、7月に12万9,000本以上の短編動画を削除したと投稿した。一方、「今日頭条」に掲載されたレポートによると、抖音は6月に18万9,000本以上の短編ビデオを削除した。

📨ニュースレター登録

平日朝 6 時発行のAxion Newsletterは、テックジャーナリストの吉田拓史(@taxiyoshida)が、最新のトレンドを調べて解説するニュースレター。同様の趣旨のポッドキャストもあります。

株式会社アクシオンテクノロジーズへの出資

一口50万円の秋のラウンドに向けて事前登録を募っております。事前登録者には優先的に投資ラウンドの案内を差し上げます。登録は以下のからメールアドレスだけの記入で済みます。登録には義務は一切ともないません。

【2021年秋】(株)アクシオンテクノロジーズ個人投資家ラウンド事前登録
登録を頂いた方には優先して投資ラウンドのご案内を行います。

クリエイターをサポート

運営者の吉田は2年間無給、現在も月8万円の報酬のみでAxionを運営しています。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Kinoco, Masatoshi Yokota,  Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 黒田太郎, bantou, shota0404, Sarah_investing, Sotaro Kimura, TAMAKI Yoshihito, kanikanaa, La2019, magnettyy, kttshnd, satoshihirose, Tale of orca, TAKEKATA.