ナイジェリアのインスタグラマーが北朝鮮の工作員が盗んだ資金を洗浄したと米当局

米司法省は18日、インスタグラムのインフルエンサー、ラモン・アッバス(Hushpuppi)に対する起訴について、マルタの銀行から盗まれた資金を洗浄するために北朝鮮のハッカーと協力していた。

ナイジェリアのインスタグラマーが北朝鮮の工作員が盗んだ資金を洗浄したと米当局

米司法省は18日、インスタグラムのインフルエンサー、ラモン・アッバス(Hushpuppi)に対する起訴について、マルタの銀行から盗まれた資金を洗浄するために北朝鮮のハッカーと協力していたと断定したを明らかにした。これに先立ち、アッバスは7月、ビジネスメール詐欺(BEC)詐欺やその他の詐欺で得た数億ドルの資金洗浄に共謀したとして、ロサンゼルスの連邦検事局から起訴されていた。

司法省が発表した声明によると、アッバスは 2019年2月にマルタの銀行から盗まれた北朝鮮のサイバー攻撃を利用した強盗に参加した疑いを向けられている。司法省は7月の声明で、この攻撃を「外国の金融機関からの1470万ドルのサイバー強盗」と言及した。日付も金額も、2019年2月にマルタのバレッタ銀行を攻撃した時のものと一致しているという。

発表文書によると、北朝鮮の工作員が世界中から盗んだ資金を洗浄する、非北朝鮮国籍の協力者のネットワークがあるとされている。カナダ・オンタリオ州ミシサガのガレブ・アラウマリー(37歳)は罪を認めることに同意し、2020年11月17日にロサンゼルスの米国連邦地方裁判所に起訴されている。ATMキャッシュアウトスキーム、サイバー対応銀行強盗、ビジネスメール詐欺(BEC)スキーム、その他のオンライン詐欺スキームに従事するハッカーのための多額のマネーロンダリングを行っていたとされる。アラウマリーは、ジョージア州南部地区の連邦検事局によって、別のBECスキームに関与したとして起訴されている。

このアラマウリーがマルタのバレッタ銀行から北朝鮮工作員が強奪した資金をロンダリングするときに利用したのがアッバスだったと司法省は断定している。

アッバスは、インスタグラムで250万人以上のフォロワーを持つナイジェリアのインフルエンサー。彼は、車や時計、デザイナーの服やプライベートジェット機などに贅沢な出費をしている写真を投稿し、世界的なフォロワーを築いてきた。しかし、6月下旬、38歳のアッバスはドバイで逮捕され、7月3日に米国に到着し、ビジネスメールの漏洩詐欺などで「数億ドル」を稼いだという疑惑で刑事告訴されていた。

ブランド品で身を固めるラモン・アッバス. Hushpappiのインスタグラムから。

アッバスの当時の弁護士は7月、フォーブスに対し、アッバスは無罪であるとし、アッバスを不動産で合法的に稼いだ起業家であり、インスタグラムのパーソナリティとしてブランドの宣伝をする仕事をしていると表現していた。

Forbesによると、FBIのポール・アベイト副長官は声明の中で、水曜日の未開示の起訴状は、"北朝鮮政権が行った前例のないサイバー攻撃 "に対するFBIの2018年の告発を拡大するものであると述べました。司法省国家安全部のジョン・C・デマーズ司法長官補は、"本日の起訴状に記されているように、北朝鮮の工作員は、銃ではなくキーボードを使い、現金の袋の代わりに暗号通貨のデジタル財布を盗み、世界有数の銀行強盗である "と付け加えました。

Image via Instagram / Hushpuppi

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)