public

「Facebookがユーザー監視のためスパイウェアを取得しようとしていた」とイスラエル企業

NSOは、Facebookがユーザーを監視するために「ペガサススパイウェア」のライセンスを、NSOから取得しようとしていた、と主張し、物議を醸しています。事実なら、Facebookがユーザーの電話機をハッキングしようとしていたのと同義なためです。

3 months ago

Latest Post どのくらいの雇用がロボットに置き換えられたか? by Takushi Yoshida public

イスラエルのスパイウェアメーカーNSOグループはWhatsAppユーザーを対象とした「ペガサススパイウェア」を開発したとして、Facebookに提訴されていました。しかし、先週、NSOは、Facebookがユーザーを監視するためにその「ペガサス」のライセンスを、NSOから取得しようとしていた、と主張し、物議を醸しています。事実なら、Facebookがユーザーの電話機をハッキングしようとしていたのと同義なためです。

NSOのシャレフ・ヒューリオ最高経営責任者(CEO)は、2017年にFacebookアプリにNSOのペガサススパイウェアを使用してモバイルユーザーを追跡しようとするFacebook幹部に声をかけられたと、米国連邦地方裁判所への陳述書で主張しています。

Pegasusは、一度デバイスにインストールすると、テキストメッセージの収穫、アプリの情報収集、通話の盗聴、位置情報の追跡、パスワードの収穫などを行うように設計されています。

Facebookがクラックの対象としたとされるのは、iOS向けのVPNアプリ「Onavo Protect」です。2013年にFacebookによって買収されたOnavo Protectは、AndroidとiOSのために利用可能でした。このアプリケーションは、デバイスにインストールされている他のプログラムに関する情報を吸い上げ、VPNトンネリングを使用して、Facebookに送信していたとされ、2018年にAppleのiOSストアから強制的に排除され、2019年5月に提供を終了した。

NSOの最高経営責任者によると、Onavo ProtectはiOSにおいてより多くの監視機能を必要としていたため、FacebookはそのテクノロジーをスパイウェアメーカーのNSOに依頼したのです。

ヒューリオは公判記録の中で「Facebookの代表者は、FacebookがOnavo Protectを通じてユーザーデータを収集する方法が、AndroidデバイスよりもAppleデバイスでは効果が低いことを懸念していると語った」と語っています。「Facebookの担当者はまた、FacebookがAppleデバイス上のユーザーを監視するためにペガサスの機能を使用したいと話し、ユーザーを監視する機能のためにお金を払うことを望んでいると話した」。

NSOは、民間企業ではなく政府にのみスパイウェアを販売しているため、彼はFacebookのライセンスオファーを断った、とされる。

Photo by "Facebook Developer Garage Madrid"by Oscar Espiritusanto is licensed under CC BY-NC-SA 2.0

Takushi Yoshida

Published 3 months ago