オラクルはTikTokの買収に関心を示しており、すでにTikTokの親会社であるByteDanceと予備的な協議を行った。Financial Timesが報じた。

オラクルは、General AtlanticやSequoia Capitalなどのベンチャーキャピタルと協力し、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでの事業買収を「真剣に検討している」という。

トランプ大統領は14日、バイトダンスに対し、90日以内に米国事業を売却するように命令する執行命令を出した。FT紙によると、オラクルの億万長者であるラリー・エリソン共同創業者は、トランプ大統領を公然と支持してきた数少ない米国テック企業の幹部の一人だが、ホワイトハウスがオラクルのTikTokの買収を希望するかどうかは明らかではない。

TikTokの一部を購入するための取引は、法的に困難であり、技術的にも複雑になる可能性がある。これまで, マイクロソフトが買収交渉でリードしていると考えられている。FTは、Twitterも早期に関心を示していたが、取引のための財務能力について「深刻な懸念」があったとするウォール・ストリート・ジャーナルの以前の報道を裏付ける結果になったことを報じている。バイトダンスは公に価格を公開していないが、TikTokの成功により、2018年に世界で最も価値のあるスタートアップとなった。

Photo: "ORACLE"by Peter Kaminski is licensed under CC BY 2.0