public

オープンソースインテリジェンス (OSINT) の歴史

OSINTは、投資家、メディア、一般の人々の間で大きな注目を集める分野になってきている。結局のところ、何十億もの投稿、画像、ストリーム、記録、データが毎日インターネットにアップロードされている中で、それらが有用なインテリジェンスを見つけるのに有用なのは疑いがない。

Latest Post WeChatのミニプログラムは中国ECの最重要顧客獲得チャネル by Takushi Yoshida public

1883年のニューヨーク州北部は、オープンソースインテリジェンス(OSINT)の最も影響力のある人物の一人が生まれた。アイルランドからの移民の息子、ウィリアム・ドノバンは労働者階級の家庭で育ち、学校と学業に秀でていた。

ドノバンの野望は、米国の最初のローマカトリックの大統領になることだった。彼は大統領の近くまで来ていた。1905年に、ドノバンは、若いフランクリン・ルーズベルトが彼のクラスメートの間にあったコロンビア法科大学院に行った。

第一次世界大戦で戦った後、ドノバンは、国際弁護士として成功したキャリアを築いたが、1925年に司法長官になることを逃した。戦間期を通じて、ドノバンは弁護士として世界を旅し、外国の影響力のある人物に会い、その後、半公式の立場で米国政府のためのレポートを書き上げた。

ドノバンとフランクリン・ルーズベルトのつながりが、アメリカに諜報機関を設立することにつながった。それまで、インテリジェンスとスパイの世界は、アメリカでは紳士的ではないと見られていた。ドノバンはルーズベルトに働きかけてアメリカ政府のために彼の非公式な仕事を正式にし、1941年7月11日に、ルーズベルトはドノバンのために「情報のコーディネーター」というポストを作った。真珠湾作戦の後、情報の必要性は明らかであり、ドノバンの部門はOSSに改名された。これはCIAの前身である。英国の特殊作戦幹部のように、戦略諜報局(OSS)は暗殺の試みからエージェントの派遣と情報戦に至るまでのすべてに関与した。

驚くかもしれないが、OSSにはオープンソースインテリジェンスに特化した部門があった。OSSの調査分析部は、世界中から数十の新聞、雑誌、プレスの切り抜き、ラジオ放送のレポートを丹念に収集し、敵についての重要な情報を教えてくれるかもしれない写真や記事を探した。

ウィリアム・ドノバン. Photo: Wikimedia Commons.

第二次世界大戦後、OSINTの分野は、ほとんどの政府機関や軍事機関のなかで地位を保てず、何十年もの間、冷戦や9.11の影響を受けずに深い眠りについていた。

しかし、2009年に変化が訪れた。イランは底辺からの「緑の革命」の瀬戸際にあり、多くの市民が政権に抗議していた。何百万人ものイランの若者がインターネットを利用して活動を調整し、バイラルなコンテンツを共有し、他の人々にもキャンペーンへの参加を促した。スマートフォン、インターネット接続、ソーシャルメディアの組み合わせのおかげで、初めてインターネットには大きな政治的イベントに関する市民の情報が溢れた。抗議活動の最初の週には、ツイッターに投稿されたすべてのブログのリンクの60%がイランの政治に関するものだった。

初めて、世界中の個人がこれらのソーシャルネットワークを利用して、情報レベルのコンテンツを採掘し、その過程で記事を書いたり、予測したり、洞察力に富んだ情報分析を提供することができるようになった。抗議活動は最終的に失敗に終わり、イランの政権はすぐにインターネットの支配権を取り戻したが、今では(最終的に失敗に終わった)緑の革命をオープンソース・インテリジェンスの歴史の中で重要な出来事として振り返って見ることができる。

イランはバーレーン、UAE、イスラエル、サウジアラビア、シリア、イエメン、ヨルダンを合わせた数よりも多くのオンラインユーザーを抱えています。革命の間、ガーディアン紙のマシュー・ウィーバーは、この新しい世界の現実に驚きを表明した。

市民ジャーナリストや孤独な調査員が、OSINTの発展を導いてきたことは驚くべきことではない。学界や政府という一枚岩の世界は、このデータの潜在的な豊かさに気付き始めたばかりだ。官僚主義や不良ITにとらわれない個人は、すぐに熟練したOSINTオペレーターになり、これまで知られていなかった洞察力やつながりを生み出すことができる。

緑の革命からわずか1年後、ソーシャルメディアによって煽られた革命がアラブ世界に広がった。国民の怒り、スマートフォンとソーシャルメディアの組み合わせは、北アフリカと中東の独裁政権を揺るがした。そのディレクターの一人によると、CIA OSINTセンターは「アラブ世界におけるインターネットをベースとした社会活動の正確な発展を予見することができなかった」という。この失敗の一つの説明は、政府の諜報機関が、「そこにある膨大な量のオープンソースの情報を活用する」ことよりも、「強力なエリートからの情報収集に執着していた」ということだった。

しかし近年、アメリカやイギリスなどは明らかに注目している。2015年、米軍がイスラム国の爆弾工場を破壊したのは、ジハーディスとが建物の屋根の構造を明らかにした自撮り写真を投稿してからわずか23時間後のことだったが、これはおそらく軍がOSINTを標的型作戦に利用した最も強力な例だろう。民間部門では、英国と米国の両方でオープンソースのインテリジェンス企業が何十社も誕生しており、さまざまな公共部門や民間部門のクライアントにサービスを提供している。最近では、2016年4月にWIRED誌が報じたように、あらゆる政府機関がオンラインで入手可能な豊富なオープンデータをよりよく理解する方法を模索しており、OSINTが作戦の成否を左右する可能性があることを認識している。

OSINTは次にどこへ行くか?

オープンソース・インテリジェンスのこの短い歴史を振り返ってみると、現代のOSINTはテクノロジーの収束の結果であると主張することができる。これは、3つのことが起こった2009年頃に始まった。第一に、3G接続のスマートフォンの決定的な量が、不満を持つ市民の手に渡った。第二に、これらの市民は少数のアプリを使って、国内の政治的な出来事に関する膨大な量のコンテンツを共有していた。第三に、このデータは、世界の他の国々がアクセスして分析することができるように、無料でオープンになっていた。

しかし、OSINTの世界は立ち止まることはなく、他のテクノロジーがOSINTの実践を増強し、変化させ続けるだろう。ライブストリームコンテンツへの需要の高まりは、ミネソタからダマスカスまで、警察、セキュリティ、OSINTの実務者にとって非常に現実的な課題を提示している。機械学習、バーチャル&拡張現実、人工知能は、今後数年間でOSINTを再び変革するだろう。OSINTは、サイバーセキュリティからその座を奪い、ハイテク投資の新たなホットな分野となる可能性があると言えるだろう。

OSINTは、投資家、メディア、一般の人々の間で大きな注目を集める分野になってきている。結局のところ、何十億もの投稿、画像、ストリーム、記録、データが毎日インターネットにアップロードされている中で、それらが有用なインテリジェンスを見つけるのに有用なのは疑いがない。

弊社はOSINTの採用を目指しています

Axionを運営する株式会社アクシオンテクノロジーズはOSINTによる報道の採用を目指しています。OSINTに興味のある方、すでに実践している方は吉田(@taxiyoshida)までご連絡ください。

参考文献

  1. ティム・ワイナー 「CIA秘録」文藝春秋社
  2. "A Look Back … Gen. William J. Donovan Heads Office of Strategic Services". CIA.
  3. Nic Newman. "The rise of social media and its impact on mainstream journalism: A study of how newspapers and broadcasters in the UK and US are responding to a wave of participatory social media" Reuters Insitute for the Study Journalism / Oxford university. September 2009.
  4. Joseph Fitsanakis. Analysis: CIA Open Source Center monitors Facebook, Twitter, blogs. intelnews.org. Nov 8, 2011.
  5. Ken Dilanian. U.S. intelligence official acknowledges missed Arab Spring signs. July 19, 2012.

Photo by Edo Nugroho on Unsplash

Takushi Yoshida

Published 7 days ago