イスラエルの新興企業OutSenseは、あらゆるトイレに簡単に設置できるセンサーを開発した。このデバイスはトイレの内容物をスキャンし、糞便や尿中の物質の光学的特徴を検出し、クラウドで処理するためのデータを送信し、さまざまな病気や生理学的状態の指標を提供する。イスラエルに加え日本でも試験が行われているという。イスラエルのテクノロジー誌Geektimeが報じた

デバイスは、結腸がんスクリーニング検査、尿路感染症、便秘と下痢の早期発見、脱水などの便潜血を含む、いくつかの疾患と病状を検出できる。このようにして、結果のすべての処理がクラウドで行われる場合、会社はHMOまたは病院の研究所をユーザーの自宅に直接移動できる。

OutSenseは、定期的に患者の分泌物を分析し、医療機関や地域の医療スタッフに自動アラートを提供する。これにより、時間、コスト、感染症への曝露を節約しながら、さまざまな診療所への患者の不必要なアクセスを防ぐ。

OutSense製品は検便や採尿のラボに渡す代わりになる。これは、多くの人が敬遠する行動であり、結腸がんなどの生命を脅かす病気の診断を見逃す可能性がある。

この装置は、同社が特許として登録している光学ハードウェア、マルチスペクトル光学センサー、照明モジュール、および自律コントローラーなどによって構成されている。

アウトセンスでは、製品の大量生産の準備を進めており、イスラエルと日本の医療および看護機関で試験運用を開始していると述べている。同社は2021年の第3四半期に製品を市場に投入する準備をしている。

OutSenseのCEOであるイファット・シャローム(Yifat Shalom)は、Geektimeに対し、この製品のアイデアはサイエンスフィクションと実生活の組み合わせから生まれたと説明している。「最初のアイデアは、Yishai Atar(開発担当者)が『アイランド』と呼ばれる映画を見たときに思いついたものだ。このフィルムでは、トイレの"生物学的出口"が継続的に監視されている高度な施設に人間が住んでいる」と彼女は言う。早期発見のおかげで生き残った親戚が完全に偶然だった結腸癌。「ケースの横に身分証明書を残す代わりに、生物学的ポートをスキャンして、早期発見によってすべてのユーザーを救うことができることに気づいた」。

シャロームによると、同社の製品は、複数の人がサービスを使用するという基本的な事実に基づいて構築されており、さまざまなユーザーを区別する方法はいくつかある。これらの方法の中には、次のようなものがある。最も近いスマートフォンまたはスマートウォッチを識別する一方で、会社はRFタグを使用してユーザー間の識別を実行することも許可する。彼女によると、同社の技術が日本でテストされている保護された住宅施設では、施設の要請に応じて、トイレの入り口で顔認識の助けを借りて識別が行われる。

「私たちは今日、実験室試験と比較して検出が非常に高いことをすでに知っている。潜血の実験室試験と比較して約90%の精度、将来的には、結腸鏡検査に対する実験も行い、その後、1年に1回の実験室血液検査を毎日の連続検査と比較する。私たちの推定では、結腸直腸癌の診断値で実験室試験を上回り、前癌性ポリープ(一貫して便に血液を放出するため、実験室試験では識別されない)を検出することさえできる」。