フェイスブックは7日、選挙を操作するために政治的候補者がFacebookを使用しないようにするために、より多くの予防措置を取るだろうと述べた。同社は現在、11月3日に投票が終了した後、不確定な時間の長さのために、すべての政治的および問題ベースの広告を禁止することを計画している。また、ニュースフィードのトップには、ニュースリリースで勝者が発表されるまで勝者が決定していないことを知らせる通知を表示するという。

フェイスブックは、ソーシャルメディアが選挙結果を濁す可能性があるとの懸念が広まっていることに対応している。同社はまた、候補者が早々に勝利を宣言するのを止めるための措置を取っている。投票が終了すると、FacebookとInstagramのアプリの上部に情報ボックスを追加し、ロイターのような大手メディアが勝利を宣言したかどうかを表示し、その投票情報センターへのリンクを持ついくつかの選挙関連の投稿にラベルを付ける。しかし、候補者が誤って彼らが選挙に勝ったと主張する場合、Facebookは主張に矛盾する「より具体的な情報」を追加する。

投票所での協調的な干渉や投票所への武器の持ち込みを求める通報を削除するために既に取っている措置に加えて、投票監視に従事する人々のための投稿を削除する、フェイスブックは明らかにした。それらの通報が軍事化された言葉を使用しているか、または選挙当局者や有権者を脅迫したり、支配力を発揮したり、権力を誇示することが目的であることを示唆してたりする場合も、フェイスブックは投稿を削除するという。

また、選挙保護に責任を持つ州の弁護士やその他の連邦、州、地方の法執行機関との調整も継続しています。有権者への干渉の可能性があると判断された場合には、調査を行い、必要に応じて措置を講じ、選挙関連の脅威に対応するための強力な連絡手段を確立している。これらの取り組みは、選挙の完全性を守るために、あらゆるレベルの法執行機関や選挙当局との継続的な調整の一環として行われている。

フェイスブックは以前、選挙前に政治広告の販売を凍結することを発表した。そしてこの包括的な選挙後の禁止の前に、それは具体的に当選したことを偽って主張する広告を禁止していた。グローバルアフェアーズの責任者ニック・クレッグはまた、それが暴力につながる可能性がある場合は、コンテンツを制限することの見通しを提起していた。フェイスブックは選挙に先立ち、親トランプ「軍国化された社会運動」であるQAnonのページからコンテンツを削除することを約束していた。

昨年、フェイスブック社ははFacebook Protectを開始し、キャンペーン、選挙公職者、連邦および州の政党委員会、スタッフのFacebookおよびInstagramアカウントを保護するためのセキュリティツールと追加の保護機能を提供した。これにより、2016年に見られたハッキングやリーク操作を食い止める目的だ。選挙日まで1ヶ月弱となった今、今週、政府関係者、選挙運動、政党などのページ管理者に向けて、Facebookのトップで通知を実行することで、より多くの人にFacebook Protectへの登録を促しているという。

しかし、選挙の夜の混乱の見通しはまだ立っていない。ドナルド・トランプ大統領は、選挙に負けた場合、平和的に権力を移譲することを約束することを拒否している。一方、民主党のライバルであるジョー・バイデンは、フェイスブックが事実確認を行わず、郵送投票に関するトランプ氏の虚偽の主張を削除しなかったことを批判していた。

Image by Facebook