ロシア、友好国インドのツイッターでプーチン支持の影響力作戦展開か
インドのハイデラバードでスマートフォンを使うバスの乗客(2021年2月20日撮影)。同国は、ウクライナ紛争に対する世論に影響を与えるソーシャルメディアの取り組みにおいて、重要な鍵を握る存在となっている。(Saumya Khandelwal/The New York Times)

ロシア、友好国インドのツイッターでプーチン支持の影響力作戦展開か

ロシアと長い間密接な関係にあったインド。研究者によると、インドのツイッターで行われているクレムリンの主張をおうむ返しするSNS投稿が、ロシアの影響力作戦に当たる可能性がある。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Kate Conger, Suhasini Raj]ロシアのウクライナ侵攻後、何千ものツイッターアカウントがプーチン大統領を支持するメッセージを共有した。

彼らは、西側諸国が引き起こした紛争と比較することで、この戦争への批判をそらそうとした。彼らのコメントは、それを非難する他のユーザーのツイートとともに、世界のいくつかの地域のツイッターでハッシュタグ「#IStandWithPutin」(#私はプーチンを支持する)を流行らせた。

ナイジェリアや南アフリカを拠点とするアカウントもあったが、ツイッター上で所在地を明言しているアカウントの大半はインド出身であると主張し、インドのユーザーをターゲットにメッセージを発信していたと研究者は述べている。

インドのユーザーを名乗るアカウントの普及は、インドのソーシャルメディアの状況が、ウクライナ戦争に対する世論に影響を与えるための重要な作戦目的地になっていることを示している。インド出身者と主張するユーザーは、侵攻後の2週間でハッシュタグのトレンドの11%近くを占めた。この間、ロシア出身者はわずか0.3%、米国出身者は1.6%だった。

インドのソーシャルメディアの状況は、ウクライナ戦争に対する世論に影響を与えるための重要な目的地となっています。

中には、偽のプロフィール写真を使っているアカウントもあり、研究者の間で疑惑の目が向けられている。また、フォロワーが少なく、他のツイートのエンゲージメントも低いにもかかわらず、プーチン寄りの投稿で何千ものリツイートを記録している者もいた。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン