プーチンは制裁を受けるが隠し資産は謎のままだ

欧米はプーチンに関連する資産を凍結したが、プーチンの隠し資産は1,000億〜2,000億ドルとも言われており、縁故者を通じてプーチンの同盟者、友人、親族が保有するオフショアのタックスヘイブンの網に隠されている可能性がある。

プーチンは制裁を受けるが隠し資産は謎のままだ
2019年6月28日(金)、大阪で開催されたG20サミットでロシアのウラジーミル・プーチン大統領。プーチンは、米国と欧州の同盟国からの制裁に直面している。(エリン・シャフ/ニューヨーク・タイムズ)

【著者:Mike McIntire, Michael Forsythe】欧米諸国政府が25日に、ウクライナ侵略の罰としてロシアのプーチン大統領に属する資産を凍結する意向を発表したとき、彼に結びつくような重要な保有資産を知っていた素振りはなかった。

実際、プーチンが何をどこに所有しているのか、ほとんど知られていない。何年にもわたる憶測と噂にもかかわらず、何十億ドルもの金が彼の親しい友人の口座から流れ出し、豪華な不動産が家族につながったとしても、彼の富の範囲は気が狂うほど不透明なままである。

プーチンの財務公開によると、公式には年収は約14万ドルで、小さなアパートを所有している。

しかし、これでは、10億ドル以上したと推定される黒海の広大な不動産である「プーチン宮殿」を説明できない。ビザンチン様式の所有者の歴史は、ロシア大統領を含まないが、さまざまな形で彼の政府と結びついてきた。また、「プーチンのヨット」と呼ばれる1億ドルの豪華な船も、憶測を呼ぶ報道で長い間プーチン大統領と結びつけられていたため、開示されることはない(このヨット「グレースフル」は、ウクライナ侵攻の数週間前にドイツからロシアに向けて出航しているのが確認されている)。

また、プーチンの愛人とされる女性がオフショア会社を通じて購入したモナコの410万ドルのアパートもある。そして、南フランスの高価な別荘は、プーチンの前妻と関係がある。

米国とその同盟国にとって問題なのは、これらの資産のどれもがロシア大統領に直接結びつかないことだ。

これまで西側諸国は、プーチンの代理人として働いている疑いのある人物に制裁を集中させ、プーチンへの圧力を強めることを期待してきた。そして、2014年のロシアのクリミア併合に伴うような新たな罰則のほとんどは、引き続きプーチンに近いオリガルヒ(新興財閥)を対象としている。その中には、彼の元婿でロシアの石油化学会社の大株主であるキリル・シャマロフ、建設業界の大物ボリス・ローテンベルク、ロシア第6位の富豪と言われる投資家のゲンナジー・ティムチェンコが含まれている。

この制裁により、対象者は米国、英国、欧州連合での資産へのアクセスや金融取引が不可能になる。リストに載っている人物につながる金品は基本的に凍結され、現金や有価証券、不動産の売却さえも手が届かなくなるのである。

しかし、ロシアのエリートたちは、過去10年の大半を欧米の制裁下で過ごしており、監視の目を逃れるために複雑な企業所有の迷路を長い間好んできた。そのため、富を隠そうとする人たちのために設立された海外の法律事務所や秘密銀行からファイルが流出することで、彼らの取引が公になることがよくある。

米国ヘルシンキ委員会の上級顧問で、ロシア制裁について議員に助言してきたポール・マサロは、米国当局にとって、どの資産が影響を受けるかは必ずしも明らかではないと指摘する。

というのも、これらの資産が何であるかがわからなければ、凍結することができないからだ。

それでも、米国がプーチンの財産について限られた情報しか持っていないとしても、制裁は「できる限り凍結し、分かっていることを凍結し、こうした人々が我々のシステムに歓迎されないことを人々に知らせるだけでも価値がある」とマサロは述べた。

あるヨーロッパの外交官は、この取り組みの象徴的な価値を強調し、「政治的に重要なシグナル」と表現している。

米財務省の「特別指定国民」リストに加えられたことで、プーチンは、ベネズエラのニコラス・マドゥロ、北朝鮮の金正恩、シリアのバッシャール・アサドなど、小さいが悪名高いサブグループの国家元首に加わることになった。ロシアの外相であるセルゲイ・ラブロフも制裁の対象となった。

イエレン財務長官は25日の声明で、「我々は国際的な同盟国やパートナーと団結し、ロシアがウクライナへのさらなる侵略に対して厳しい経済的・外交的代償を払うことを確実にする」と述べた。

プーチンが密かに持っているであろう資産についての見積もりは様々である。最もセンセーショナルな主張の1つは、米国生まれの金融業者であり、2005年にロシアのオリガルヒと衝突してロシアから追放されたビル・ブラウダーによるものだ。彼は2017年に議会で、プーチンの富は総額2,000億ドル、当時世界一の富豪になるような途方もない額だと考えていると証言した。

ジョージタウン大学の非常勤教授で、2019年に出版された「ロシアの縁故資本主義」の著者であるアンダース・アスルンドは、ロシア大統領の富を約1,250億ドルと推定している。その多くは、プーチンの同盟者、友人、親族が保有するオフショアヘイブンの網に隠されている可能性があると主張した。

まれに、プーチンの側近の人々が彼の富について公然と発言することがある。2010年、プーチンの盟友の仕事仲間だというセルゲイ・コレスニコフは、当時のドミトリー・メドベージェフ大統領に公開書簡を送り、プーチンが黒海沿岸に「プーチン宮殿」と呼ばれることになる巨大な屋敷を建設中だと断言した。コレスニコフは、「汚職、賄賂、窃盗」によって集められた10億ドル以上の費用がかかっていると、ロシアを去った後に送った手紙の中で書いている。

獄中の野党指導者アレクセイ・ナワリヌイとその仲間が昨年発表した報告書とドキュメンタリーによると、この巨大プロジェクトには映画館、売春婦ラウンジ、ポールダンスのステージがある。プーチンに近い複数のオリガルヒが、シャマロフの父親を含め、様々な時期に関与してきた。昨年、ロシア大統領の幼なじみで億万長者のアルカディ・ローテンベルクは、この不動産を所有し、ホテルやアパートメントに開発していると名乗りを上げた。

クレムリン側は、プーチンは質素な趣味の持ち主で、シベリアの森で荒稼ぎしている画像を定期的に配信しており、宮殿を所有していることを否定している。

「プーチンは贅沢をする必要がない」と、国営テレビの司会者ドミトリー・キセリョフは、ナヴァルニーのビデオ調査後、昨年初めに自身の番組で述べた。

財務情報のリークも、プーチン自身がデータに登場しなくても、プーチンが富裕層に近づいていることを示唆する手がかりを提供している。2016年に暴露されたオフショア法律事務所のファイル群「パナマ文書」では、スイスの銀行に提出された書類によると、チェリストであり長年の友人でもあるセルゲイ・ロルドゥギン氏が年間800万ドル以上を手にしているなど、彼に近い多くの人々の秘密の富が明らかにされた(彼は以前、ニューヨーク・タイムズ紙に対し、「私は何百万も持っていない」と語っていた)

昨年、パンドラ文書と呼ばれるオフショア・タックス・シェルター専門会社のファイルが新たにリークされ、プーチンの恋人とされる女性がモナコのマンションを取得していたことが明らかになった。それは彼女が蓄積した推定1億ドル相当の資産の一つであった。

しかし、結局のところ、ハドソン研究所のクレプトクラシー・イニシアティブの研究者であるネイト・シブリーは、プーチンは 「すべてを支配する」独裁者なので、莫大な財産を所有する必要はないのだと言う。「本当に現金化してサントロペに隠居するとでも言うのだろうか?」

Original Article: Putin Faces Sanctions, but His Assets Remain an Enigma. © 2022 The New York Times Company.

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)