プーチンは歴史的な過ちを犯している
2021年12月23日(木)、ロシア・モスクワで年次記者会見を行うロシア大統領のウラジーミル・プーチン。ロシアは、米国との安全保障協議を準備している最中でも、ウクライナの近くで軍備を増強し続けており、急速な侵攻や長期的な脅威になりかねない展開で圧力をかけ続けている。写真家: Andrey Rudakov/Bloomberg

プーチンは歴史的な過ちを犯している

【ニューヨーク・タイムズ】「ウクライナへの侵攻はロシアを偉大な国にするのではなく、プーチンの悪名を高めてしまう」。プーチン政権誕生時に米国で国務長官を務めたマデレーン・オルブライト氏の寄稿。

ニューヨーク・タイムズ

【編集部注】本記事は1997〜2001年にクリントン政権で国務長官を務めたマデレーン・オルブライト氏のニューヨーク・タイムズへの寄稿です。プーチン政権はオルブライト氏の在任中に誕生しました。


【ニューヨーク・タイムズ】2000年初頭、私は米政府高官として初めて、ロシアの大統領代理に就任したプーチンと面会した。当時、クリントン政権の私たちは、彼がKGBでキャリアをスタートさせたというだけで、彼についてあまり知らなかった。私は、この会談で彼を把握し、チェチェン紛争で悪化した米露関係に彼の突然の昇格がどのような意味を持つのかを見極めたいと思った。クレムリンで小さなテーブルを挟んで座った私は、すぐにプーチンとその大げさな前任者であるエリツィンとの間のコントラストに驚かされた。

エリツィンがおだてたり、威嚇したり、お世辞を言ったりしていたのに対し、プーチンはロシア経済の復活とチェチェンの反乱軍の鎮圧に向けた決意を、メモも取らずに淡々と語っていたのだ。帰りの飛行機の中で、私はその印象を記録した。「プーチンは小柄で青白い顔をしており、爬虫類のような冷たさがある」と書いた。彼は、ベルリンの壁が崩壊しなければならなかった理由は理解しているが、ソ連全体が崩壊するとは思っていなかったと主張した。「プーチンは自分の国に起こったことを恥じており、その偉大さを取り戻そうと決意している」

私はここ数ヶ月、隣国ウクライナとの国境に軍隊を集結させているプーチンとの3時間近いセッションを思い出していた。プーチンは、テレビ演説でウクライナの国家性を虚構と呼んだ後、ウクライナの分離独立した2つの地域の独立を認める法令を発布し、そこに軍隊を派遣した。

ウクライナは「完全にロシアによって作られた」ものであり、ロシア帝国から事実上奪ったものであるというプーチンの修正主義的で不条理な主張は、彼の歪んだ世界観に完全に合致している。私にとって最も気がかりなこと。それは、本格的な侵攻の口実を作ろうとしていることだ。

彼が侵攻すれば、それは歴史的な過ちとなるだろう。

私たちが出会ってからの20数年間、プーチンは民主主義の発展を捨て、スターリンの脚本のように自らの道を切り開いてきた。プーチンは、政治的・経済的な権力を自分のものにするために、潜在的な競争相手を協力させたり、潰したりしながら、旧ソ連の一部にロシアの支配圏を再構築することを推し進めてきた。他の権威主義者と同様に、彼は自分の幸福と国家の幸福を同一視し、反対することは反逆であると考えている。彼は、アメリカ人は自分の皮肉と権力欲の両方を反映していると確信しており、誰もが嘘をつく世界では、自分が真実を語る義務はないと考えている。プーチンは、米国が力によって自国の地域を支配していると信じているため、ロシアにも同じ権利があると考えている。

プーチンは長年にわたり、自国の国際的な評判を高め、ロシアの軍事力と経済力を拡大し、NATOを弱体化させ、ヨーロッパを分裂させようとしてきた(同時にアメリカとの間に楔を打ち込んできた)。その中にウクライナが含まれている。

ウクライナへの侵攻は、ロシアが偉大になる道を開くどころか、プーチンの悪名を高め、より強力で団結した西側同盟の前で、プーチン国を外交的に孤立させ、経済的に弱体化させ、戦略的に脆弱にすることになる。

プーチンは、21日にウクライナの2つの分離独立地域を承認し、「平和構築者」としてロシア軍を派遣することを発表し、すでにその動きを開始している。さらに、ウクライナがロシアのクリミア領有権を認め、高度な兵器を放棄することを要求している。

プーチンの行動は大規模な制裁の引き金となっており、さらに全面的な攻撃を開始して国全体を掌握しようとすれば、さらなる制裁を受けることになる。このような事態になれば、国の経済だけでなく、プーチンの周りにいる汚職まがいの取り巻きも壊滅的な打撃を受けることになり、プーチンの指導力が問われることになります。血みどろの破滅的な戦争になることは確実で、ロシアの資源を使い果たし、ロシア人の命を奪うことになるが、一方で、ヨーロッパがロシアのエネルギーへの危険な依存を削減する緊急の動機付けとなる。その一方で、ヨーロッパでは、ロシアのエネルギーへの危険な依存を削減するための緊急のインセンティブが生まれている(ドイツがノルド・ストリーム2天然ガスパイプラインの認証を停止するという動きで、それはすでに始まっている)。

このような侵略行為があれば、ほぼ間違いなくNATOは東側を大幅に強化し、バルト諸国、ポーランド、ルーマニアに恒久的に軍を駐留させることを検討することになるでしょう。そしてそれは、西側諸国の強力な支援を受けたウクライナの武装勢力の激しい抵抗を引き起こすだろう。超党派で、ウクライナへの殺傷力のある援助を強化することを含む、立法上の対応策を練る努力がすでに始まっている。それは、2014年にロシアが行ったクリミア併合の再現とは程遠く、1980年代にソ連がアフガニスタンを占領して失敗に終わったことを彷彿とさせるシナリオとなるだろう。

それは、1980年代にソ連がアフガニスタンを占領して失敗したようなものだ。バイデンをはじめとする西側諸国の指導者たちは、一連の激しい外交活動の中で、そのことを明確にしてきた。しかし、たとえ西側諸国がプーチンの全面戦争を阻止することができたとしても(それは今のところ確実ではないが)、プーチンが選択している競技は、一部の人々が想定しているようなチェスではなく、むしろ柔道であることを忘れてはならない。プーチンは今後も梃子をかけて攻撃するチャンスを狙ってくることが予想される。米国とその友好国は、強力な外交的反発を継続し、ウクライナへの経済的・軍事的支援を強化することで、プーチンにその機会を与えないようにしなければならないでしょう。

私の経験では、プーチンは間違いを決して認めないでしょうが、彼は忍耐強く、現実的であることを示している。また、今回の対立で中国への依存度が高まっていることを意識しているはずで、西側との関係なしにロシアの繁栄はあり得ないことを知っている。「確かに中華料理は好きだし、箸を使うのも楽しい」と彼は初対面の私に言った。「しかし、これは些細なことであり、我々のメンタリティであるヨーロッパのものではない。ロシアはしっかりと西洋の一部でなければならない」。

プーチンは、第二次冷戦が核兵器を持つロシアにとって必ずしも良い結果にならないことを知っているはずだ。米国の強力な同盟国は、ほぼすべての大陸に存在している。一方、プーチンの友人には、バッシャール・アル・アサド、アレクサンダー・ルカシェンコ、金正恩などがいる。

プーチンが窮地に立たされていると感じるならば、それは彼自身のせいである。バイデンが述べているように、米国はロシアを不安定にしたり、ロシアの正当な願望を奪ったりすることを望んでいない。だからこそ、米国とその同盟国は、安全保障に関するさまざまな問題について、モスクワとの協議に応じることを申し出ているのである。しかし、アメリカはロシアに対し、すべての国に適用される国際基準に則って行動するよう求めなければならない。

プーチンや中国の習近平は、現在の世界が多極化していると主張している。それは自明のことではあるが、何世紀も前に植民地帝国が行ったように、大国が地球を勢力圏に分割する権利を有することを意味するものではない。

ウクライナには、隣国が誰であろうと主権を持つ権利がある。現代の大国はそれを受け入れているし、プーチンもそうすべきだ。これが最近の欧米の外交を支えているメッセージである。それは、法の支配下にある世界と、何の規則にも縛られない世界との違いを定義するものである。