public

ルネッサンステクノロジーズ 数学者を束ねたクオンツファンド

ルネッサンス・テクノロジーズは、ニューヨーク州イースト・セトーケットに本拠地を置く米国のヘッジファンドで、数学的・統計的分析から導き出された定量モデルを用いたシステマティックな取引に特化している。

2 months ago

Latest Post 欧州サッカークラブのAI活用が活発化 by Takushi Yoshida public

ルネッサンス・テクノロジーズは、ニューヨーク州イースト・セトーケットに本拠地を置く米国のヘッジファンドで、数学的・統計的分析から導き出された定量モデルを用いたシステマティックな取引に特化している。同社は「世界で最も秘密主義的で成功した」ヘッジファンドの一つとされており、同社の代表的なメダリオン・ファンドは、投資史上最高の成績を収めたことで知られている。ルネッサンスは、受賞歴のある数学者であり、元冷戦時代の暗号解読者でもあるジェームズ・シモンズ(ジム・シモンズ)によって1982年に設立された。

1988年、同社は最も収益性の高いポートフォリオであるメダリオン・ファンドを設立した。メダリオン・ファンドは、代数学者のジェームズ・アックスによって改良されたレナード・ボームの数学モデルを改良・拡張したものを使用し、利益を得ることができる相関関係を探りました。ジム・ベルカンプ(Jim Berlekamp)は、トレーディングをより短期間で純粋なシステム駆動型の意思決定へと進化させることに尽力した。 ヘッジファンドは、シモンズとアックスが受賞した数学賞に敬意を表してメダリオンと名付けられた。

ルネッサンスの旗艦ファンドであるメダリオン・ファンドは、主にファンドの従業員向けに運用されており[10] 、1988年から2018年までの30年間で手数料前の年率66%以上、手数料後の年率39%以上のリターンを実現しており、ウォール街で最高の実績を残していることで有名である 、ルネッサンスは外部投資家向けに2つのポートフォリオを提供している。

シモンズは2009年末に退任するまでルネッサンスを経営していた 。ロバート・マーサーが辞任した後、現在はピーター・ブラウンが経営している。2人とも計算言語学を専門とするコンピュータ科学者であり、1993年にIBMリサーチからルネッサンスに入社した。シモンズは現在も非常勤会長としてルネサンスでの役割を果たしており、同社のファンド、特にメダリオンとして知られる極秘で一貫して利益を上げているブラックボックス戦略に投資し続けている。 ルネサンス全般とメダリオンの成功により、シモンズは地球上で最高のファンドマネージャーと言われている。

シモンズは、ストーニーブルック大学の数学科の学科長を10年間務めた後、ルネッサンス・テクノロジーズを設立した。1976年には、幾何学の最高の栄誉であるアメリカ数学会のオズワルド・ベブレン賞を受賞している。現代の理論物理学の基礎となるチェーン・シモンズ理論を共同開発したことで科学界で知られている。

同社は定量取引を利用しており、スタッフはペタバイト規模のデータウェアハウス内のデータを利用して、任意の市場における証券価格の方向性に関する統計的確率を評価している。スタッフは、ルネッサンスが考慮に入れている金融・経済現象の周辺事象に関するデータの幅広さと、計算と実行のためのスケーラブルな技術アーキテクチャを展開することで大量のデータを操作する同社の能力を評価している。 様々な意味で、ルネッサンス・テクノロジーズは、他のいくつかの企業とともに、ビッグデータとデータ分析が主流になる前、ほぼ20年前から毎日テラバイトのデータを合成し、ペタバイトのデータから情報信号を抽出してきた。

世界中の市場で取引を行うルネッサンスは、20年以上にわたり、複雑な数学的モデルを採用して取引を分析し、その多くを自動化している。同社は、コンピュータベースのモデルを使用して、簡単に取引される金融商品の価格変動を予測している。これらのモデルは、収集可能な限り多くのデータを分析し、ランダムでない動きを探して予測を行うことに基づいている。また、パターン認識のような金融信号処理技術を採用していることが会社のパフォーマンスにつながっているという人もいる。『ザ・クオンツ 世界経済を破壊した天才たち』は、音声認識の専門家を雇ったこと、そして現在の会社のリーダーを含む多くのIBM出身者がいることを説明している。

初期の成功:24時間効果と週末効果

シモンズは数学と暗号学の出身だった。彼にとって市場価格は、信じられないほどノイズの多い、ほぼランダムな出来事の連続に過ぎなかった。シモンズは、データ処理の第1人者であるサンドル・ストラウスを雇い、コモディティの時系列データの収集を手伝ってもらった。

昨年11月米国で出版された"The Man Who Solved the Market: How Jim Simons Launched the Quant Revolution"(Gregory Zuckerman著)はこう記述している。「特注のデータベースをつなぎ合わせて、ストラウスは『ダン&ハーギット』と呼ばれるインディアナ州を拠点とする会社から磁気テープ上の歴史的な商品価格データを購入し、その後、会社内の他の人がすでに蓄積していた時系列データとそれをマージした。アップルIIコンピュータを使用して、ストラウスと他の人は、データを保存するためのプログラムを書いた」(抄訳)。

ストラウスは、商品取引におけるルネッサンステクノロジーズの初期の成功に不可欠であった。彼は、価格設定が一貫しており、正確であることを確認し、数字が商品取引所、ウォールストリートジャーナル、他の新聞や他の何かによって提供された年鑑データに結び付けられていることを確認し、ファンドにおけるデータ処理の第一人者のようになった。

さらに"The Man Who Solved the Market"によると、時間の経過とともに、ストラウスと彼の同僚は、追加の過去の価格データを作成して発見し、著名な数学者であるジェームズ・アックスの新しい予測モデルの開発を支援した。彼らが後で見つけた週次の株式取引データの一部は1800年代までさかのぼり、他の誰もがアクセスできなかった信頼できる情報だった。

当時のチームはデータでは大したことができなかったが、履歴を検索して 異常な出来事に市場がどのように反応したかを見ることは、後にサイモンズの 市場崩壊などで利益を得るためのチームビルドモデル 想定外の出来事が発生した際に、当社が市場を席巻するのに貢献した。

彼は宗教的な熱意をもって、異常と不作為に飛び込んだ。商品市場は比較的シンプルで、ルネッサンス・テクノロジーズはシンプルな取引戦略の展開で成功を収めました。

ストラウスのデータをふるいにかけると、メダリオンファンドの共同創設者で複素解析や代数的位相幾何学を専門とした数学者ヘンリー・ラウファーは曜日に基づいた特定の反復的な取引シーケンスを発見した。例えば、月曜日のプライスアクションは金曜日のそれに続くことが多く、火曜日には以前のトレンドへの回帰が見られた。また、ラウファーは前日の取引から翌日の動きを予測することができることを発見し、これを「24時間効果」と呼んだ。メダリオンモデルは、明確な上昇トレンドが存在する場合、たとえば、金曜日の一日の後半に買い始め、その後、彼らは週末効果と呼ばれるものを利用して、月曜日の早い段階で売却する。

彼らは、経済理論やその他の従来の手法を用いて、これらの状態を特定したり予測したりしようとはしていなかった。シモンズと彼の同僚は数学を使って、観測された価格設定データに最も適した状態のセットを決定し、それに応じて彼らのモデルは賭けを行った。理由は重要ではなく、推測された状態を利用するための戦略だけが重要であると、シモンズと彼の同僚たちは示唆している。

価格はマルコフモデルとして考えられている。現在の価格情報は、その状態を反映しており、その状態に先立つすべての情報と、将来の状態に関するすべての信念をカプセル化している。その年にトウモロコシの不作があった場合、それは価格に反映されていた。まもなく導入されると予想される関税があれば、それは価格に反映されていた。本質的には、価格がすべてだった。

現在の価格は、それ以前のすべての情報と、将来予想されるすべての情報を反映しているので、次の価格ポイントは、以前の価格だけから導き出すことができる。価格はおそらくパスに依存しているので、それは、単純化しすぎだったが、ルネッサンス技術の初期の年には、価格は何もほぼ乱数のシリーズ以外のものではなかった。ゲームは、次に何が起こるかを予測するためにパターンの十分なをいじることだった。

ルネッサンス・テクノロジーズは、ほぼすべての数学者、科学者、エンジニアで構成されていたので、誰もがデータマイニング、オーバーフィット、スプリアス信号の問題をよく知っていた。要するに、彼らは自分自身に正直だった。これは、金融をこのような還元主義的な見方をするときには不可欠なことだった。

数学者、科学者、エンジニアで構成

ルネッサンスは科学者によって運営されている会社であり、数学者、統計学者、純粋・実験物理学者、天文学者、コンピュータ科学者のような定量的金融研究のために、できれば金融以外のバックグラウンドを持つ者を採用している。ウォール街での経験は敬遠され、科学の才覚が評価される。ルネッサンスでは、ビジネス・スクールの卒業生の群れのようなメンタリティが投資家のリターンの低さの原因であると広く信じられている。ルネッサンスは、ニューヨーク州立大学ストニーブルック校の近くにあるニューヨーク州ロングアイランドの50エーカーのイースト・セタウケット・キャンパスで、約150人の研究者とコンピュータ・エンジニアを雇用している。数学者のイサドア・シンガーは、ルネッサンスのイースト・セタウケット・オフィスを「世界最高の物理学・数学部門」と称している。

同社の管理およびバックオフィス機能は、ニューヨーク市のマンハッタンのオフィスで処理されている。同社は事業の仕組みについては秘密主義であり、ほとんど知られていない 。同社は、科学的なタイプの人材を採用して保持する能力があること、人材の離職率がほとんどないこと、また、競争禁止契約や秘密保持契約に署名することで、研究者に知的財産権の義務に同意することを要求することで知られている。

参考文献

  1. "The American Mathematical Society and the Mathematical Sciences Research Institute's 2014 AMS Einstein Public Lecture in Mathematics with James H. Simons". youtube.com. San Francisco State University. Retrieved 11 November 2015.
  2. Hope, Bradley. "How Computers Trawl a Sea of Data for Stock Picks". The Wall Street Journal. 1 April 2015. Retrieved 1 November 2015.
  3. Schmerken, Ivy. "Big Data: The Next New Thing?". Information Week's Wall Street & Technology. Retrieved 11 November 2015.
  4. スコット・パタースン. ザ・クオンツ 世界経済を破壊した天才たち. 角川書店. 2010.
  5. スティーブン・レビー. 暗号化 プライバシーを救った反乱者たち. 日経BP. 2002.
  6. Zuckerman, Gregory (2019). The Man Who Solved the Market: How Jim Simons Launched the Quant Revolution. Penguin.
  7. Billionaire Mathematician - Numberphile
  8. Sean Elder. “World’s Smartest Billionaire:” James Simons is Cal Alumnus of the Year for 2016. Cal Alumni Association University Berkeley. 2016.
  9. Rishi K. Narang, Inside the Black Box: A Simple Guide to Quantitative and High Frequency Trading. John Wiley & Sons, Mar 20, 2013.

Photo via Instagram post by @leverage_trading / Pinterest

Takushi Yoshida

Published 2 months ago