インテルのRISC-Vへの大きな賭け
"CG1_8541" by Web Summit is licensed under

インテルのRISC-Vへの大きな賭け

インテルがRISC-Vアーキテクチャをサポートすることで、RISC-Vが市場でArm CPUに対抗しうる存在であることがさらに証明され、RISC-Vに対する高まる機運にさらなる信憑性を与えた。

吉田拓史

インテルは、製造事業を飛躍させるためのおそらく最大の動きとして、インテルファウンドリーサービス(IFS)の新興企業やその他の潜在顧客を支援するために、10億米ドルのファンドを設立すると発表した。同社はこのファンドの発表に際して、最初の資金がどこに行くかは明言しなかったが、「エコシステムを強化し、RISC-Vのさらなる普及を促進するための投資と提供」を計画しているという。

2月7日にはIFSはRISC-Vアーキテクチャとエコシステムに関する一連の重大発表を行った。インテルは、スイスを拠点とする世界的な非営利団体であるRISC-V Internationalにプレミア会員として参加し、IFSカスタマー・ソリューション・エンジニアリング担当バイスプレジデントボブ・ブレナンは、RISC-V理事会と技術運営委員会の両方に参加する。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン