エコシステムを再定義するRISC-V

RISC-Vは、創設から10年目を迎える準備を整えており、インテルやArmの競合他社の中で最も危険な特性である、「エコシステムを再定義する能力」を示しています。

エコシステムを再定義するRISC-V

RISC-Vは、創設から10年目を迎える準備を整えており、インテルやArmの競合他社の中で最も危険な特性である、「エコシステムを再定義する能力」を示しています。

RISC-Vの概念的ルーツは1980年代のカルフォルニア大学バークレー校にあります。これは、同じ時期にインテルが8086を介して8080から80386を開発したことで実証されたCPUの複雑化の傾向への直接的な反応の一部です。ムーアの法則により多くのトランジスタが手頃な価格になったため、シリコンに命令セットが追加されました。RISCは別の方法で、コア機能を小さく保ち、ムーアの法則を使用してスピードを上げました。

RISC-Vは、半導体企業の共同基盤として、2015年に設立されました。

アーキテクチャは、2010年に再びバークレーで、(皮肉なことに)マイクロソフトとインテルが資金を提供した並列コンピューティング研究所で誕生しました。このときの試みは、アーキテクチャだけでなく、業界自体がどのように機能したかについて、過去30年間のすべての教訓を吸収しました。RISCのアイデアは、従来のプロセッサ企業の間である程度の成功を収めましたが、大きな勝者は英国の新興企業Armでした。メーカーはチップではなく設計を購入し、独自の回路と組み合わせました。インテルではそれは認められていません。

半導体のアーキテクチャを設計するとき、設計自体はそこまで難しくないのですが、それがバグなどの不具合を含まないことを調べないといけません。設計の信頼性の高い動作を確認するプロセスは検証と呼ばれます。 ARM、Intel、AMD、IBMなどは検証に多くの時間とお金を費やしているため、信頼性の高いデザインを販売できるのです。これに対し、小さなベンダーが、独自のRISC-V設計を構築していて、同等の検証を行う余裕がない場合、行き詰まってしまいます。

しかし、RISC-Vエコシステムへの朗報は、プロセスを可能な限り自動化する検証ツールが登場していることです。オープンソースとは、CPU設計の大部分が十分にテストされていることを意味します。オープンソースソフトウェアが非常に安定しているが拡張可能な環境を作り出したことのハードウェアにおける再現が望まれています。

逆に既存プレイヤーの信頼性はかなり傷ついているように見えます。Spectre、Meltdown、および最新のIntel Management Engineの脆弱性はすべて、検証の失敗の兆候、またはさらに悪いことに、検証中に発生したが修正するには費用がかかり、認めるには危険すぎる問題です。

そのため、CPU設計へのモノリシックアプローチが最も脆弱になりつつあると同時に、RISC-Vのアプローチは、2000年代でのオープンソースソフトウェアと同じ勢いを得ています。機会はIoTやクラウドにあります。

ソフトバンクのArm買収は、すでに明らかだった潮目に完全に逆らう形でされているのです。RISC-Vのオープン性と拡大するエコシステムには、他の競合他社がIntelのホームターフの優位性を制限する可能性があります。

Photo via MicrosemiCorp / Youtube

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)